プロレスファンタジスタン

勝手に表彰式 スーパージュニア編

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝手に表彰式 スーパージュニア編 彩

 今年のスーパージュニアはKUSHIDAの優勝で幕を閉じました。  各賞は以下のとおりです。

 優勝 KUSHIDA  殊勲賞 ウイル・オスプレイ  敢闘賞 高橋ヒロム  技能賞 リコシェ  功労賞 獣神サンダーライガー

 ソフトは申し分ないですね、来年もこのメンバーでもう一度見たいくら い。

 ハード面で改革の余地があるかなと。  決勝戦はチケットソールドアウト、ということは入場できずに帰った人 もいるわけです。  もう代々木第2では入りきらないので、一回り大きな会場がよいと思い ます。

 また、決勝戦に足を運んだ方なら感じたと思うのですが、会場が暑い。 熱い!というのいうのではなくて空調がきかず蒸し暑い状態でした。会 場の外へ出てようやく涼しさを感じたので、屋外のほうが快適だったわ けです。

 スーパージュニアの後楽園大会が軒並み平日に開催されています。 これは平日のほうが使用料が安いことと平日に開催しても余裕で満員 になるからです。選択としてはよいのですが、地方のファンを無視してい るといえばそれまでです。  私のようにリコシェvsオスプレイを生で見てみたいというファンは平日 では上京できません。

 というようなわけで、私は中盤戦の盛り上がりに代々木を利用し、決勝 戦はもう一回り大きな大田区、あるいは両国国技館などを使ってもなん とかなるのではないかと思いました。

 このような意見を書き込むということはそれだけ試合に関しては申し分 なく世界の強豪を新日本のリングで見ることができたという感激からです。 人によってはG1よりスーパージュニアのほうが好きという人もいると思い ます。

 今回でスーパージュニアを卒業したライガーが解説席で言っていました が、残りがリコシェ、オスプレイ、ヒロム??だめだこりゃ。と言っていまし たがそれだけとんでもないメンバーで行われたスーパージュニアでした。  また、来年が楽しみです。

20170604



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

THE DREAM MATCH〜日本人ボクサーがビッグファイトへ〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

村田諒太の世界戦から2週間が経ち【スポーツ えっせい】

もうすぐ殿堂式典です〜日本のボクサーも数字ではなく殿堂を目指せ!④【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:142
  • 累計のページビュー:2796099

(09月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss