プロレスファンタジスタン

ベストバウト’2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ

 8月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  

 8月はなんといってもG1ですね。  ちょっと前までは公式戦全部をチェックするなんてことは到底不可能だっ たわけですが、今では新日本ワールド、999円ですべて見ることができる ようになりました。    あとは時間を見つけて見るとよいわけですが、私は両国3連戦に足を運 んだのでそのなかではやはりオカダvs棚橋、オメガvs内藤が群を抜いて いました。  決勝のオメガvs後藤もよかったのですが、やはりタイプ的に似ている内 藤のほうが噛み合っていたかと思いました。内藤は引き分けでいいのに勝 負を挑んであと数分というところで沈んでしまいましたね。

 がんばったG1のMVPは後藤でしょうか。  オカダ、棚橋、丸藤、SANADAと群雄割拠するAブロックで誰が後藤の突 破を予想できたでしょうか。  10月の両国はオカダvs丸藤というかんじ、ドームはその勝者とオメガで しょうか。  こうなってくるとオメガと飯伏がIWGPをかけて争う日も近いかも。

 SUPER-J-CUPは有明コロシアムで3000人そこそこの観衆だったそうで す。やはりジュニア人気爆発という感じではなく、G1と時期を合わせたこと でややあおりを食ってしまったかと思いました。

 お盆周辺はDDTの両国もありますし、どんなにプロレスが好きな人でも金 銭的にビッグマッチすべて足を運んでいるわけにいかないでしょう。私はや っぱりSUPER-J-CUPは年末がいいかなとも思っています。

<ベストバウト2016>

12月 藤本・中島vs大畠・水波 (12月31日後楽園) MVP 丸藤正道 1月 オカダ・カズチカvs棚橋弘至(1月4日東京ドーム)MVP 中邑真輔 2月 棚橋弘至vsケニー・オメガ(2月14日大阪)MVP 宮原健斗 3月 後藤洋央紀vs内藤哲也(3月12日青森)MVP 高木三四郎 4月 リコシェ・サイダルvsバレッタ・ロメロ(10日両国)MVP 内藤哲也 5月 リコシェvsオスプレイ(27日後楽園)MVP 潮崎豪  ☆ 上半期ベストバウト リコシェvsオスプレイ  ☆ 上半期MVP 内藤哲也(新日本) 6月 オメガvsエルガン(19日大阪)MVP オスプレイ 7月 オカダvs丸藤正道(18日きたえーる)MVP火祭り優勝者 8月 ケニー・オメガvs内藤哲也(13日両国)MVP 後藤洋央紀 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ホワイトキャッツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【SPORTS WEEKLY No.26】ジュニア戦士の夢舞台【SPORTS WEEKLY】

画像庫御開帳(キック編173)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

観戦記1182 WBOミドル級王座戦 アンディー・リーvsビリー・ジョー・サンダース【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2789727

(08月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss