プロレスファンタジスタン

ベストバウト’2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ

 7月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  

 G1に火祭りにSUPER-J-CUP、NOAHではタッグリーグ戦があります。な にもこれだけ7月に集めなくてもよいと思いますが。

 新日本は今年のG1にSUPER-J-CUPをぶつけてきました。  これってどうなんでしょう。私は前回大会がクリスマス前だったこと を考えると、年末の風物詩としたらどうだろうと思っていました。これ だと否が応でもジュニアとヘビーの熱をファンが比べられることになり、 また、名勝負が生まれても好カードの連発でなかなか評価されにくいの ではないかとも思われます。まあ、ぜいたくな悩みですが。  あと、どんなに好きなファンでもお金が続きません。  まあ、NJPWワールドで観戦すればいいのですが。    オカダvs丸藤、よかったですね。  大阪城ホール、あるいは東京ドームのメイン級の試合で公式戦の1大 会で見られるのは非常にぜいたくです。  私はオカダ勝利を予想しいていましたが、まさかNOAHにオカダを倒せ る選手がいたというのが一番の驚きです。別に見下しているわけではない ですが。

 前述しましたがG1が行われると、どんなお金持ちでもすべてチェック することはできないと書いたことがありましたが、NJPWワールドのおか げですべて観戦することが可能な時代になりました。

 SUPER-J-CUPですが、一番良かったのはオスプレイvsティタンかな。し かし、もう新日本vsNOAHで盛り上がる時代は終わったのかなということも 感じました。

 MVPですが、なかなか注目が集まらないですが火祭りの優勝者に差し上 げます。

<ベストバウト2016>

12月 藤本・中島vs大畠・水波 (12月31日後楽園) MVP 丸藤正道 1月 オカダ・カズチカvs棚橋弘至(1月4日東京ドーム)MVP 中邑真輔 2月 棚橋弘至vsケニー・オメガ(2月14日大阪)MVP 宮原健斗 3月 後藤洋央紀vs内藤哲也(3月12日青森)MVP 高木三四郎 4月 リコシェ・サイダルvsバレッタ・ロメロ(10日両国)MVP 内藤哲也 5月 リコシェvsオスプレイ(27日後楽園)MVP 潮崎豪  ☆ 上半期ベストバウト リコシェvsオスプレイ  ☆ 上半期MVP 内藤哲也(新日本) 6月 オメガvsエルガン(19日大阪)MVP オスプレイ 7月 オカダvs丸藤正道(18日きたえーる)MVP火祭り優勝者



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ホワイトキャッツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

稀勢の里の綱取りは続く、永遠に【no title】

稀勢の里の横綱昇進条件について考える。なぜ場所中にどんどん昇進条件が甘くなるのだろうか。【一刀両断】

稀勢の里流「後の先」とあり得ない白鵬関のばたつき。黄金カードは理解不能な内容で決着した。〜2016年名古屋場所14日目〜【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:84
  • 累計のページビュー:2800906

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss