プロレスファンタジスタン

G1とSUPER-J-CUP

このエントリーをはてなブックマークに追加

G1とSUPER-J-CUP 彩

 時を同じくしてG1とSUPER-J-CUPが開催される。

 G1は中邑、AJ、アンダーソンら昨年のG1戦士たちがこぞってWWE に移籍し、戦力ダウンが予想されたが内藤のMVP級の活躍とオメガ のブレイク、SANADAらの参戦により、棚橋の欠場も苦にしない新日 本大国を大阪城ホールで見せつけた。  そして久しぶりに外敵枠がもうけられ、NOAHの丸藤とまさかの中嶋 参戦がアナウンスされた。NOAHはこの二人が欠場する大会の払い 戻し受付をしているようだがそれだけG1出場選手の選考はトップダ ウンで行われまた、他団体選手にとっても名誉なことなのである。そ れはついに連続参戦記録が途絶えた天山にも言えることである。ま た、高橋も参戦していない。こういった漏れた選手が分からないほど 新日本の層は厚い。

 ブロック分けではほんとに平等なのかと思えるほどAブロックに優 勝候補が集められていて、オカダ、丸藤、棚橋の星のつぶし合いが 見逃せない。  私としてはSANADAのブレイクを期待したい。

 SUPER-J-CUPは2016と改名した。この名なら来年も2017で開 催できる。  しかし、私はこちらは疑問である。私はG1とともにSUPER-J-CUP の観戦も予定していたが、参戦選手が明らかになるにつれ、観戦を 取り消した。

 かつて、故ハヤブサやTAKAみちのくのブレイクの舞台となったの がこのSUPER-J-CUPであるが、リコシェやオスプレイ、サイダルな どの新日本定着によりレベルの上がりすぎたSUPER-Jrリーグ戦を SUPER-J-CUPが上回ることはほぼ不可能だと思われるからだ。

 ヘビー級もジュニアヘビー級も新日本が盛り上がるほど他団体の 差が開いていってしまう。リーグ戦で行われたリコシェvsオスプレイ はまさに世界標準で、今「新日本を見ていれば世界が見える」状態 である。

 G1はほおっておいても盛り上がるし、箱の小さい後楽園のチケット はもうないという。後楽園のチケットは一番安くて6,500円である。 決して安くないはずなのだが。  最近のG1なら私は両国のラス前がよいと思う。枡席は2人掛けで ゆったり座れ今年もオカダvs棚橋が行われる。

 話がそれたが、G1でめちゃめちゃ盛り上がった東京で一週間後に 行われるSUPER-J-CUPがちゃんと盛り上がって、ぱんぱんの観客 の中でスターが生まれる瞬間を期待したい。  もっとも、これくらいのテンションでよければSUPER-J-CUPも毎年 開催できるではあるが。

20160703



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

苦節10年。奇跡のカムバック。ついに栃ノ心が初の関脇に昇進。【大相撲コラム 私は見た!】

観戦記1150 WBAフェザー級王座戦 レオ・サンタ・クルスvsキコ・マルチネス【人生マイペンライ】

名古屋場所、見所を考える【相撲、面白い】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:332
  • 累計のページビュー:2717327

(03月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  5. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss