プロレスファンタジスタン

最も早いG1予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

最も早いG1予想 彩

 毎年最も早いG1予想をお届けしています。  今年も公式戦19大会ということは参加人数は20人と予想できます。  さて、今年は中邑、AJ、飯伏、アンダーソン、ギャローズが離脱と いうことで新日本的にはピンチではありますが、逆に若い選手にはチ ャンスでもあります。

 出場選手ですが、常連組、  本隊 棚橋 真壁 柴田 本間 エルガン  第3世代 小島 天山 永田  CHAOS オカダ 後藤 石井 矢野  ロス 内藤  バレット ファレ 高橋 といった感じでしょうか。

 そこに新参組、  ヨシタツ EVIL SANADA オメガ YOSHI-TATSU と予想します。YOSHI-TATSUは今年のチャンスを生かせないともうG1に 出られないのでは?と思われます。

 ABブロック分けも気になるところですが決勝に上がりそうな選手は中 邑からベルトを奪ってしまったオメガと、新参者MASADAという新鮮な組 み合わせはどうでしょうか。  でもやはり内藤vs棚橋の方が説得力があるでしょうか。G1公式戦で乱 入があるとファンはどういう反応をするのか見ものです。

 内藤はどんな形でもG1を制覇すれば、プロレス大賞MVPがついてくる でしょうね。間違いなく上半期MVPは内藤だと思います。    あと会場ですが来年や東京五輪の年は両国国技館が使用できないとのこ とですがどうするのでしょうか。  全国各地、様々な会場で開催しようと考える新日本には誠意を感じます。  両国は見やすいのですがやはり升席に4人つめられると非常に狭いので 日本武道館なども検討してみるといいかもしれませんね。

20160420



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

新十両、宇良と佐藤【相撲、面白い】

観戦記1109 世界前哨戦! 小原佳太vsペッチダム・トーパランイーシップサーム【人生マイペンライ】

白鵬がもたらす大相撲の危機とは?後編【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:91
  • 累計のページビュー:2809613

(12月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss