プロレスファンタジスタン

春の両国を解く

このエントリーをはてなブックマークに追加

 春の両国を解く 彩

 春の新日本両国大会は超満員、大爆発で幕を閉じた。

 この大会、桜庭、矢野、後藤らメインイベンターが前座を務め、 リコシェ、KUSHIDAらのジュニアが大会を爆発させ、棚橋、ヨシ タツ、真壁らのヘビー級がつなぎ、メインのオカダvs内藤が締め るという理想的と言うよりお腹いっぱいの興業だった。

 私は前回のコラムで内藤は反則でも何でも勝ってベルトをとる べきと書き込んだがその通り反則あり、しまいには1対4でベルト を奪った。しかし、ファンは歓声で内藤を後押しするというしばらく 前の新日本では考えられない光景が大会後に広がった。

 オカダと内藤では、オカダの方が強いだろう。  しかし、ずっとステーキ(オカダ)をおいしく食べてきたファンは、 それはおいしいが、そこにいろいろな具材の入ったジンギスカン (内藤)が出された。ちょっとステーキの味に飽きていたファンが ジンギスカンに食いついた・・というようなイメージではないだろ うか。

 人脈の問題か、性格の問題かオカダが王者ならもう相手はいないと 思うが内藤が王者だと、次は石井がすぐにかみついたように棚橋でも 真壁でもはたまたYOSHI-HASHI戦でも楽しめそうな気がする。それは いろんな意味で。

 そして真田の加入である。  ここへきて中邑、AJ、飯伏の離脱により新しい血の導入が求 められていた。私は全日本時代、All Together、レッスルワ ンの頃から真田が新日本向きだと思ったし、新日本の水は真田 にもあうと思う。  ただ、新日本のファンには真田の知名度はいまいちだったよう で実況を聞いていたファンは驚喜だったろうが、会場の雰囲気は いつまでも「誰?」という感じではあった。

 ここにきて、G1戦士候補としてオメガ、EVIL、真田らが出てき てまた、今年のG1が楽しみになってきた。  良くも悪くも内藤の戴冠で新日本の風景がガラッと変わった両 国であった。

20160412



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1104 日本スーパーバンタム級王座戦 石本康隆vs藤原陽介【人生マイペンライ】

【2016年②WWEコミュニティ・チャンピオンのご紹介♪】【WWEコミュニティ・チャンピオン~君もWWEチャンピオンになろう!~】

長州対天龍 WJプロレス 旗揚げシリーズパンフ&ステッカー、ハッスル16&ハッスルハウス13・14パンフ、関本対長井 リアルジャパンパンフ【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:565
  • 累計のページビュー:2772383

(07月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss