プロレスファンタジスタン

~ プロレスとは何か、について考えるひとたち。~

upro

  • 昨日のページビュー:2413
  • 累計のページビュー:2763058
  • (06月24日現在)

最新の記事

G1の衝撃

G1の衝撃 彩  今年も新日本のG1の季節がやってきた。  チケット発売、出場メンバー発表などいよいよ本番が近づいてきたが、 今年のG1も衝撃が待っていた。それは日程でも出場メンバーでもなか った。  チケットの料金である。  今年のG1優勝決定戦の料金表を見て驚愕したファンは少なくないだ ろう。リングサイド「砂かぶり」30,500円、アリーナA20,500円、アリー ナB、15,500円・・......続きを読む»

ベストバウト’2017

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  6月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  6月はビッグマッチ連発だったので選定は楽ですね。  MVPは史上最高との声が高かったスーパージュニアを制したKUSHIDA、べス トバウトは60分フルタイムオカダvsオメガです。  オカダvsオメガは1.4ドームで対戦し、ハードルの上がりきった状態で行わ れました。昨年G1で対戦し、秋の両国で再戦した......続きを読む»

地固め

 地固め 彩  新日本はWWEを目指し、抜き去り世界一のレスリングカンパニーとした い旨の記者会見があった。  かつて、ゴールドバーグやフレアーらがいた頃と違い、日本の、特に新 日本のレスリングレベルはすでに世界のトップである。それはオスプレイ やオメガなど世界のトップがWWEでなく、新日本を選んで参戦してきてい ることからも分かる。  よく言われるがデジタル部門で投入された新日本ワールドはすご......続きを読む»

勝手に表彰式 スーパージュニア編

勝手に表彰式 スーパージュニア編 彩  今年のスーパージュニアはKUSHIDAの優勝で幕を閉じました。  各賞は以下のとおりです。  優勝 KUSHIDA  殊勲賞 ウイル・オスプレイ  敢闘賞 高橋ヒロム  技能賞 リコシェ  功労賞 獣神サンダーライガー  ソフトは申し分ないですね、来年もこのメンバーでもう一度見たいくら い。  ハード面で改革の余地があるかなと。  決勝戦はチケットソー......続きを読む»

ベストバウト’2017

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  5月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  また、今回は上半期ベストバウトの選定をします。  とはいえ、リコシェvsオスプレイがあった月のベストバウトは決まりかな と思います。  ということは来月のベストバウトともおそらくオカダvsオメガとなるの でしょう。  MVPは誰でしょうか。5月といえばジュニアの季節。スーパージュニアか ら選びたいとこ......続きを読む»

ベストバウト’2017

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  4月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  4月は大日本のリーグ戦と新日本の両国大会、チャンピオンカーニバル がありました。  ベストバウトですが、オカダのIWGP戦があった月は、もう決まりですね。  思い起こせばオカダは2012年に凱旋以来、ほぼ毎年のようにベストバウ トを獲得してきました。2017年は1.4東京ドームのオメガ戦がいきなり年間......続きを読む»

チャンカン初日行ってきました

「チャンカン初日行ってきました」 双月 なんとなく会場へ行くのが億劫になってしまう心の病(言い過ぎです)を患い 気が付けば8年。この度、いくつかのきっかけが重なって、全日本チャンピオ ンカーニバル開幕戦、後楽園ホール大会に行ってきました。主だった団体で、 そういえば全日だけ行ったことがなく、いつか諏訪魔とか見たいとは思ってい たので、そういう流れです。秋山と和田京平以外、全員初見です。 指定席は......続きを読む»

最も早いG1予想

最も早いG1予想 彩  新日本はG1公式戦をABブロック相互に行うようになり、その結果 選手の過労を軽減し、長いシリーズを組むことができ収益を上げてきた。 その結果地方会開催も増えたため、地方のファン層もG1に取り込むこ とができ、何層にも「正のスパイラル」を発生させてきた。  余談ではあるが、その結果、スーパージュニアの後楽園大会が土日で 行われることがなくなり残念な限りである。新日本のスーパ......続きを読む»

ベストバウト’2017

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  3月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  3月といえば大日本と新日本のトーナメントが注目です。MVPは文句 なくニュージャパンカップ優勝の柴田選手ですね。ニュージャパンカップ ベストバウトとしては、準決勝の柴田vs石井がよかったですね。  ニュージャパンカップと言えば棚橋、オメガの本命二人が1回戦で消え るという波乱がありました。間違いなく台......続きを読む»

プロレス総選挙

プロレス総選挙 彩  3月12日の深夜、「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人 が選ぶプロレス総選挙」と題した番組がテレビ朝日で放送されました。 1:アントニオ猪木 2:ジャイアント馬場 3:初代タイガーマスク 4:オカダ・カズチカ 5:力道山 6:棚橋弘至 7:ジャンボ鶴田 8:獣神サンダー・ライガー 9:三沢光晴 10:スタン・ハンセン 11:長州力 12:武藤敬司 13:小橋建......続きを読む»

「京都プロレス復活祭~祇園の出陣~」を観戦しました。

京都プロレス / 平田 3月12日に開催された「京都プロレス復活祭~祇園の出陣~」を観戦しました。 観に行った経緯は、小学一年生の娘がお世話になっている学童クラブの友達の お父さんが京都プロレスの興行を手伝っているらしく、娘が前座?の花園寄席の プログラムめくり役を友達に頼まれ、是非担当したいと言うことで参加しました。 興行の雰囲気はYoshiさんに誘われてお手伝いをした「羽曳野プロレス」を思い ......続きを読む»

ベストバウト’2017

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  こないだ年が明けたと思ったらもう3月です。  2月のベストバウトを選定しなければなりません。  2月はわりと例年各団体とも静かなシーズンかなと思います。巨大な 新日本帝国が目覚める前にそのほかの団体ではこの時期に何か仕掛 けるのもいいかもしれませんね。  かといってやはりいい試合は新日本から出やすいですね。2月のベス トバウトはオカダvs鈴木がいいか......続きを読む»

ベストバウト’2017

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  1月のベストバウトはちょっとはやいですが、日本のプロレス界年間最 大のビッグイベント「イッテンヨン」から選ぶのが妥当だと思います。そし てオカダvsオメガで決まりですね。  この試合は1年が始まったばかりにもかかわらずすでに「年間ベストバ ウト」の呼び声が高いです。実際そうなってしまうかもしれませんが。通 常、タイトルマッチの後には次の挑戦者が現れそうな......続きを読む»

彩的プロレス殿堂’2017

彩的プロレス殿堂’2017 彩  1月といえば彩のプロレス殿堂。  彩のプロレス殿堂は「長年にわたりプロレス界に貢献し、団体内外を問 わず輝かしいタイトル歴を有し、引退後もプロレスファンの記憶に残る、 あるいは残り続けるであろうプロレスラー」に送られます。    さて、昨年までに殿堂入りしているレスラーたちを見てみましょう。  彩的プロレス殿堂  力道山  ジャイアント馬場  アントニオ猪木 ......続きを読む»

ベストバウト’2017

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  早いもんで、すでに2017年に向けてスタートです。  12月のベストバウトは事実上の鈴木軍ラストマッチとなった中島vs鈴 木ですね。  今回は東○スポーツのプロレス大賞を検証してみましょう。  私が選んだベストバウトはオカダvs内藤でしたが、プロレス大賞ではオ カダvs丸藤でした。  実は私もこの二つのどちらにしようか迷ったのですが、オカダvs丸藤......続きを読む»

ベストバウト’2016

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  いよいよ2016年年間ベストバウトを発表するときが来ました。  と、その前に11月のベストバウトは今後の期待もしつつ、宮原vs諏訪 魔とします。MVPはグローバルリーグ戦優勝者鈴木ってことで。  今年は新日本ひとり勝ちに拍車のかかった一年でした。ベストバウトも 軒並み新日本のビッグマッチが連なり、オメガ、内藤、エルガンらの名前 が多いですね。  下半......続きを読む»

2016彩的プロレスMVP

2016彩的プロレスMVP 彩  11月になりました。  業界一早い彩の年間MVPの発表です。 ☆最高興業賞 4.10 新日本(両国大会)  振り返ってみると、SANADA、オスプレイの新日本登場、内藤のIWGP 戴冠など歴史が変わった1日でした。 ☆最優秀タッグ賞 ヤノマルフジ 丸藤正道&矢野通  このタッグチームは2016年を象徴するチームとして活躍しました。ほ かにも邪道・外道、関本......続きを読む»

ベストバウト’2016

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  10月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    10月は新日本の両国大会、NOAHの横浜大会などのビッグマッチがあ りました。  10月はベストバウトは丸藤vsオカダでしょうね、新日本というかプロレ ス界のビッグマッチですので、このカードを選ばないわけにはいかない ですね。  ただ、年間ベストマッチを期待していたのですが、そこまでではなかっ ......続きを読む»

ベストバウト’2016

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  9月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    9月は全日本の王道トーナメント、ドラゴンゲートやNOAHなどのビッグマ ッチがありました。  いい試合がありましたね。エルガンvs内藤。  この一年エルガン、オメガ、内藤が絡む試合は名勝負が続出しました。 乱入を非難する声もありますが、ロスの乱入は試合の流れは変えても、 勝負の行方には関係のないと......続きを読む»

MVPノミネート

MVPノミネート 彩  彩のMVPは11月発表、つまりあと2ヶ月しかないわけです。  MVPノミネートを発表しちゃいます。 ○内藤哲也(ロス)  飛ぶ鳥を落とす勢いだった上半期、G1さえとれば内藤のMVPは確実 だったのですが・・、といいつつ、まだMVP最右翼です。 ○KUSHIDA(新日本)  IWGP王者のままSUPER-J-CUP優勝・・実績的には十分です。両国 のメインは見えたか。 ......続きを読む»

ベストバウト’2016

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  8月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    8月はなんといってもG1ですね。  ちょっと前までは公式戦全部をチェックするなんてことは到底不可能だっ たわけですが、今では新日本ワールド、999円ですべて見ることができる ようになりました。    あとは時間を見つけて見るとよいわけですが、私は両国3連戦に足を運 んだのでそのなかではやはりオカダv......続きを読む»

G1ランキング2016

G1ランキング2016 彩  G1が終わりました。  優勝以外、混戦過ぎて誰が強いのかわからない!という方のために、 G1ランキングを作成してみました。  たとえば、オカダと棚橋は得点も同じで直接対決も引き分けですが上位 陣にどれだけ星を取っているか見てみますと、1位後藤には両者勝利 ですが、4位ファレと丸藤には棚橋は両者に勝利、オカダは両者に負け ているので、順位は棚橋の方が上になります。 ◇......続きを読む»

キャプテン・ノアは、平柳の引退を止めなかったのだろうか。

■ プロレスフリカケ ■  どうも、桃太郎です。  先週は、NOAHの平柳玄藩が、現役引退を発表しました。なんか変だなあ と思ったので、色々と考えてみました。  8/1の引退会見でこんなことを言っています。 「試合を見てもらえばわかるとおり、ケガや身体が悪いわけではなく、今後の  ことを考えて。あまりいま、深くは言わないですけれど、引退を決めました」  もし職場で同僚が「オレ、会社辞めます......続きを読む»

ベストバウト’2016

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  7月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    G1に火祭りにSUPER-J-CUP、NOAHではタッグリーグ戦があります。な にもこれだけ7月に集めなくてもよいと思いますが。  新日本は今年のG1にSUPER-J-CUPをぶつけてきました。  これってどうなんでしょう。私は前回大会がクリスマス前だったこと を考えると、年末の風物詩としたらどう......続きを読む»

G1とSUPER-J-CUP

G1とSUPER-J-CUP 彩  時を同じくしてG1とSUPER-J-CUPが開催される。  G1は中邑、AJ、アンダーソンら昨年のG1戦士たちがこぞってWWE に移籍し、戦力ダウンが予想されたが内藤のMVP級の活躍とオメガ のブレイク、SANADAらの参戦により、棚橋の欠場も苦にしない新日 本大国を大阪城ホールで見せつけた。  そして久しぶりに外敵枠がもうけられ、NOAHの丸藤とまさかの中嶋......続きを読む»

ベストバウト’2016 

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  下半期初回6月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    6月と言えばジュニアの季節、他の追随を許さない新日本の勢いは止 まらず、優勝のオスプレイに月間MVPを差し上げます。    どうも新日本よりの選考になりがちですが新日本の大阪城ホールにベ ストバウトがありそうですね。大方の予想は内藤の勝利??だったのか なと思いましたし、私もそうでしたがオ......続きを読む»

MVPの行方

 MVPの行方 彩  ここでいうMVPとは言うまでもなく、年間MVPのことである。    上半期は内藤色一色だったこともあり、このまま行くのかと思われたが、 6月の大一番で内藤はオカダに散ってしまった。私は4月の両国で内藤 は何が何でも反則でも乱入でもオカダからフォールを奪うべきと書き込み、 内藤はそのとおり異色のIWGP王者となった。  内藤はG1を制すれば10月の両国を待たずともおそらく年間......続きを読む»

ベストバウト’2016

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  さて、5月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    5月と言えばジュニアの季節、他の追随を許さない新日本の勢いは止 まりません。  今回のスーパージュニアは史上最高レベルだと思われます。その中で 最も注目されたリコシェvsオスプレイにベストバウトを差し上げます。  この対戦は世界的にも注目されましたが、注目されてその上を行くの は大変です。し......続きを読む»

ベストバウト’2016

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  さて、4月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    4月といえば新日本の両国大会のパンチ力が強く印象に残ります。  内藤のIWGP初戴冠もありますが、試合はジュニアのオスプレイ、リコ シェらが盛り上げましたね。  内藤の試合スタイルはベストバウトとして選んでよいものかかなり疑 問です。というのもここ数年の新日本のIWGP戦はオカダ、棚橋、AJ......続きを読む»

最も早いG1予想

最も早いG1予想 彩  毎年最も早いG1予想をお届けしています。  今年も公式戦19大会ということは参加人数は20人と予想できます。  さて、今年は中邑、AJ、飯伏、アンダーソン、ギャローズが離脱と いうことで新日本的にはピンチではありますが、逆に若い選手にはチ ャンスでもあります。  出場選手ですが、常連組、  本隊 棚橋 真壁 柴田 本間 エルガン  第3世代 小島 天山 永田  CHAOS......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 13 14

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  5. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss