人生は競馬と共に

【回顧】第12回ヴィクトリアマイル 名手のエスコートで初重賞制覇=GⅠ勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

昨日、ヤマニンゼファーが死亡したという記事が出ていましたね。 田中勝春騎手と柴田善臣騎手のコメントも出されていましたが、第108回天皇賞(秋)でのセキテイリュウオーとヤマニンゼファーの叩きあい、懐かしいですね。 両騎手に初GⅠをプレゼントしたゼファーを巡るドラマは、競馬史の1ページにしっかりと刻まれて、未だ変わらぬ輝きを放っています。

まだ生きていた事自体驚きましたが、29歳で老衰ということですから大往生ですね。 長い間、お疲れ様でした。


さて、また少し空いてしまいましたが、ヴィクトリアマイルの回顧をしたいと思います。 まずは全馬の着順・着差からです。

無印2頭での決着という、予想的には完敗に終わったこのレース、やはり馬場状態の影響を強く受けることとなりました。 「時計のかかる良馬場か稍重」というのは多くの方が予想したとおりだったかと思うのですが、「内が乾いて伸びる馬場」にはならず、実質的な外差し馬場で、全馬がインコースを大きく開けて回ってくるかなり特殊な馬場状態になってしまいました。 私が戦前に予想していたのとは違う理由で、外枠の各馬には非常に厳しい展開となってしまいましたね。

スタートから振り返ると、横一線のキレイなスタートから④ソルヴェイグがすんなり先手を取り、⑥アスカビレンと内から②スマートレイアーも馬なりで先行態勢。 200m地点辺りで外から⑰リーサルウェポンが押して2番手に上がり、⑭レッツゴードンキも3~4番手の外まで押し上げます。 やはりメンバーを考えて前に付けてはきましたが、さすがに逃げはしませんでしたね。

③ジュールポレールは思っていたより後ろの7番手辺り、その外に⑪ミッキークイーンがやはり中団の良いポジションに付けます。 ⑧クイーンズリングも馬場を気にしたかあまり前に行けずにその後ろ、9番手のイン。 ミッキークイーンと軽く接触でもしたか、スタート直後に手綱を引っ張っていた⑩デンコウアンジュは11番手当たり、勝った⑤アドマイヤリードは12番手辺りのインで⑦ルージュバックは後ろから3~4頭目を追走。

ちょうど、ソルヴェイグが入っていた④番ゲートが最内枠であるかのように、全馬が外寄りに進路を取りながら3コーナーを目指していきます。 面白かったのはこの後4コーナーにかけての進路取り。

そのまま外目を回ってくる馬が多い中、スマートレイアーの武豊騎手は比較的内を回しながら直線入り口で一気に馬場の真ん中に馬を誘導。 クイーンズリングのデムーロ騎手とアドマイヤリードのルメール騎手も、ポッカリ空いたインを突いてポジションを押し上げ、直線ではスマートレイアーの直後、やや内側に付けます。 馬の特性もあるのでしょうし、最終的な結果はまた別ですが、この辺が名手の名手たる所以なのでしょうね。

一方、外を回された各馬は距離ロスを余儀なくされた上に、ミッキークイーンの浜中騎手が4コーナーで外のデンコウアンジュを弾くように回って来たことで過怠金3万円を科されたように、インがポッカリ空いた一方で外がごちゃつくという、およそ通常のレースでは考えられないような状況が生まれてしまいました。

前半3F35.6、4F47.9というペースをどう評価するかは、コース取りと馬場状態が特殊すぎてなかなか難しいところですが、馬群もそれほど縦長になっておらず、結果的にデンコウアンジュ以外の上位馬は直線入り口で前の方に付けられた馬が占めていますので、基本スローだったと考えて良いのでしょう。 その中で、素晴らしい瞬発力を発揮したのが上位2頭。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【ペケマル】編集長、メインレース限定勝負で2週連続プラスになったのか!?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

おじさんの疑問【競馬をこよなく愛するおじさんのブログ 】

2017 葵S・夏木立賞 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4507319

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss