人生は競馬と共に

【予想】 第155回天皇賞(春) 「エリート」と「雑草」、 2頭の「ポテンシャル」と「成長曲線」。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

いよいよ、いよいよですね。天皇賞(春)の朝を迎えました。 昨日の青葉賞ではアドミラブルが2分23秒6という反動が心配になるような好時計で完勝。 スローペースでもハイペースでもOK、抜群の瞬発力に加えて長く脚を使うこともできるということで、インパクト的にはダービー1番人気になっても驚けない内容でしたね。 何となくサマーサスピションを思い出してしまいましたが、是非、無事に本番を迎えて欲しいと思います。


天皇賞(春) 予想

さて、本題です。 ※展望記事①はこちら ※展望記事②はこちら


タイトルの通り、対照的な「2強」。

方やセレクトセールで2億3000万円で取引された期待馬で、生産牧場はノーザンファーム。 方や購買価格こそ公表されていないものの、非社台系の中でもマイナーな部類に入るヤナガワ牧場の生産馬。恐らく取引価格はライバルの10分の1以下。

方や池江厩舎に里見オーナー。血統・馬体の良さからデビュー前から素質を期待され、デビュー以降、ダービー(2番人気)を除いて全てのレースで1番人気。 方や清水厩舎に馬主としてはこれといった実績が無い北島オーナー。地味な血統もあってかGⅠ4勝の実績にも関わらず、デビュー以来1番人気に支持されたのはたったの3回。

もちろん、前者がサトノダイヤモンド、後者がキタサンブラックです。 しかも、サトノダイヤモンドにはクリストフ・ルメール、キタサンブラックには武豊という日本を代表する名手が完全に手の内に入れている。 武豊騎手のここ10年余りの紆余曲折を知る我々ファンにとっても、何とも言えない組み合わせですよね。

現時点で、この舞台で争った時、どちらが強いんだろう。もしくは、「第3の馬」が勝利をかっさらっていく事もありえるんだろうか。 頭の中で何回もシミュレーションしながら、ずっと考えて来ました。

厳密にはこの1週間だけではなく、大阪杯の後から、もっと言えば昨年の有馬記念の後から、考えてきたと言っても過言ではありません。 有馬記念の展望記事で、私はこんな風に書きました。

ただ、この結果でサトノダイヤモンドがキタサンブラックを超えたのかと言われれば、答えは「ノー」でしょう。 記事でも触れたように、やはり古馬がJCにピーキングを持ってきた上で有馬記念でもベストパフォーマンスを見せるのは難しいということです。

サトノダイヤモンドが4歳の秋を迎え、本格化した時、さらに両馬が最高のコンディションでぶつかったときに本当の雌雄が決するのであって、その舞台が凱旋門賞であれば、夢のような話だなと思います。 (【回顧】 第61回有馬記念 堅かったけど、面白かった!

いかにも「エリート」、「優等生」タイプでありながら底知れないポテンシャルを感じさせるサトノダイヤモンドと、典型的な「雑草」タイプながら先行力を活かしてレースを支配するレース運びから比類なき安定感を誇るキタサンブラック。 そのポテンシャルの最高到達地点を比べたならば、もしかしてサトノダイヤモンドの方が上なのかもしれないと、私も思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【グラスワンダー素人予想】天皇賞・春&スイートピーS&谷川岳S&端午S【競馬徒然日記 筆者:グラスワンダー】

4/30のレース予想【砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~】

天皇賞・春15連敗ストップのために各馬と向き合ってみた【ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:18077
  • 累計のページビュー:3933269

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss