人生は競馬と共に

【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

天皇賞(春)の枠順が発表されました。 有力馬の明暗が分かれた印象で、予想する上でも頭を悩ませるファクターがまた一つ増えましたね。 昨日の記事でも触れたように、とにかく京都芝3200mというのは特殊なコース形態で、枠順は重視せざるを得ません。 その辺りも後ほど、詳しく見て行きたいと思います。


天皇賞春 前走データ

それでは、昨日の続きということで、いつものように前走・前々走のデータをさらっていきましょう。 昨日に引き続き、10年分のスペシャルバージョンです。


ステップレースとしては、ざっくり大阪杯、日経賞、阪神大賞典ですね。 仲良く3勝ずつで、残りは京都記念をステップにした2010年のジャガーメールです。 (なお、今年の京都記念を勝ったサトノクラウンは出走していません。)

昔から不思議だったのですが、距離も2000m→3200m、舞台も阪神→京都と全然違う条件にもかかわらず、大阪杯組って良く来ますよね。 結果値としては日経賞・阪神大賞典と互角ですが、母集団を考えたらもの凄い好走率なのではないでしょうか。 今年も対象はキタサンブラック1頭のみで、これが連対すれば連対率100%ですね(笑)。

ただ、昨年までのように「あくまで春天に向けての叩き台」としてではなく、真剣勝負の場であるGⅠレースとして目一杯走らなければならなかったこと、結果も昨年の2着から1着と、疲労度が全く違うであろう点には留意したいと思います。 主要ステップの中では最も間隔の短い中3週なだけに、個人的にはちょっと気になっています。

また、日経賞組も目立ちますね。 連対数で言えば7連対と、大阪杯(6連対)や阪神大賞典(4連対)を上回っていますし、2014年などは12番人気と人気薄ながら3着に入ったホッコーブレーブも前走日経賞(10番人気2着)で、なんと1-3着独占でした。 基本的にはフェノーメノのように、関東馬が輸送の負担が少ない日経賞を叩いて来るパターンと思いますが、ウインバリアシオンのような関西馬も日経賞をステップに選ぶケースはあります。

今年で言えば、前者がディーマジェスティとゴールドアクター、後者がシャケトラ、アドマイヤデウス、レインボーラインにヤマカツライデンですね。 初めての(関東への)輸送競馬を克服した上で日経賞を快勝したシャケトラの勢いには一目置かざるを得ない一方で、自分の庭とも呼べる舞台で断然人気を裏切ったゴールドアクターと浮上のきっかけを掴めなかったディーマジェスティはちょっと不安です。

一方で、意外と活躍できていないのが阪神大賞典組。 主要ステップなだけに母数も多いと思うのですが、4連対のみとなっています。 昨日から強調しているように、京都の3200mというコースの特殊性から距離が近くても求められる資質がガラッと変わってしまうこと。 恐らく、天皇賞春を目指す馬の中で最もスタミナに自身のあるステイヤータイプの馬が選択するステップが阪神大賞典である一方で、天皇賞春というレース自体、ステイヤーが活躍できる性質のレースになっていないこと。

この2つの理由を考えましたが、大阪杯組の活躍と併せて見ると、恐らく後者が大きいのでしょうね。求められるのは中距離に対応できるスピード能力ということでしょう。 いわゆる「ステイヤー」が出走するレースということで言うと、ダイヤモンドSをステップとした馬も一昨年の2着馬フェイムゲームのみとなっています。 (前々走欄にはちらほら見られますが。)

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース展望
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【天皇賞春馬券】セレブの強運を妬まない(4/30京都)【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

2017 香港クイーンエリザベスⅡ世S レース展望 及び簡易予想【ホースレース・ロマネスク】

天皇賞(春)【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:18077
  • 累計のページビュー:3933269

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss