人生は競馬と共に

【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

いよいよ3日後に迫った天皇賞・春。もう今週はメディアも「2強対決」の話題で持ち切りです。 1992年、四半世紀も前のトウカイテイオーとメジロマックイーンの対決なども引き合いに出されていて、「世紀の一戦」と表現しても決して大袈裟ではないでしょう。

先週末のブログでも書きましたが、当日は現地観戦を予定しておりまして、既に何となくそわそわしてしまってます。。。 今日午後の枠順発表が楽しみですが、今日・明日の2回に分けて、過去データの確認をしていきたいと思います。


天皇賞春 過去10年データ

あまりに気分が盛り上がってしまい、今回は過去10年分をまとめました。 本当は有馬記念とダービーだけのつもりだったのですが。


今回、長距離戦ということで、1000m通過に加えて2000m通過タイムも載せています。 (括弧内は1000~2000mのスプリットタイムです。)

まず一見して分かるように、とにかく波乱が多いです。 長距離レースの価値が低下しているから、それに伴って馬づくりそのものがスピード重視にシフトしているから。 そんな風に説明されることが多く、実際それも間違いなく一因ではあると思うのですが、個人的には京都の芝3200mという特殊なコース形態も大きく寄与しているように思います。

スタート後約200m地点で1回目の坂の上り下りがあり、最後もう一度「坂越え」をして、ラスト800m、坂の下りから一気にペースが上がる独特のコース設定で、コース適正や枠順の有利・不利が大きく影響する印象があります。 実際、過去データを見ても所謂「リピーター」が目立ちますよね。 昨年は、15年3着馬のカレンミロティック(13番人気)があわやのシーンを作って驚かされましたが、13年、14年と連覇したフェノーメノ、12年3着、14年2着のウインバリアシオン、09年1着、10年2着のマイネルキッツ、07年1着、08年2着のメイショウサムソンなど。

今年も登録があったカレンミロティックですが、残念ながら回避。 今年のメンバーでは昨年の1着馬キタサンブラック、3着馬シュヴァルグランのみが過去の好走歴を持っています。 昨年1番人気で12着と人気を裏切ってしまったゴールドアクターですが、今年はどうなりますか。

そのゴールドアクターを含めて1番人気が連にも絡んでいない一方で、2番人気馬は5勝2着1回と好成績です。 私は有馬記念でも1番人気だったサトノダイヤモンドが今年の1番人気と読んでいるのですが、一体どちらが1番人気になるのか、そして「1番人気の呪い」は続くのか。この点にも注目したいと思います。


時計の方に目を向けると、やや重だった2011年を除いて、非常に速いタイムが出ていますね。 97年の天皇賞春、マヤノトップガン、サクラローレル、マーベラスサンデーで決まったあの伝説のレースで「3分14秒4」に衝撃を受けた頃が懐かしいです。 2006年にディープインパクトが勝った時のタイム、3分13秒4にも驚いたものでしたが、ついに過去10年の表から消えてしまいました・・・。

2013年はサトノシュレンが飛ばして1000m通過が1分を切るハイペースになりましたが、ここ3年は1分1秒台の落ち着いた入りとなっています。 そして、次の1000m、残り2200m地点まではずっと平坦ですので、そのまま淡々としたペースを刻んで2度目の坂の上りに備えるケースが多くなっています。 去年同様、キタサンブラックが主導権を握れば同じような流れが予想されますが、今年はヤマカツライデンが後ろを引き離しての逃げを示唆するコメントを出しており、展開には注目です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース展望
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マイラーズC イスラボニータの勝因はズバリ「ルメール騎手」【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

(天皇賞春)過去10年での穴馬と消えた人気馬【ツバサの競馬予想大会】

天皇賞・春を枠順出る前に3連単の買い目を決めてみる【枠順出る前に買い目を決めてみる】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:206
  • 累計のページビュー:4508844

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss