人生は競馬と共に

【回顧】 第77回皐月賞 一度「リセット」する必要がありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。 もたもたしている間に水曜日になってしまいましたが、皐月賞を回顧したいと思います。


桜花賞 本命◎アドマイヤミヤビ 2番人気 12着 皐月賞 本命◎カデナ      3番人気 9着     対抗○アウトライアーズ 7番人気 12着
・・・いきなりですが、これらは私がここ2週間で重い印を打ち、見事なまでに惨敗した馬たちです。 そして、何となく察しが付くかと思いますが、この3頭は昨年11月の500万下戦、百日草特別の1着・2着・3着馬でもあります。 (ちょうど上から百日草特別の着順どおりですね。)

様々なステップを経た馬たちの戦いとなる3歳クラシック路線においては、所謂「モノサシ馬」を決めて予想される方が多いかと思います。 私にとってこの世代のそれはアドマイヤミヤビであり、カデナでした。 この馬たちと好勝負できる能力があれば、世代の重賞戦線でも勝ち負けになる。 そんなニュアンスのものです。

実際、百日草特別でアドマイヤミヤビに敗れたカデナは次走の京都2歳Sを快勝。休養を挟んで久々の弥生賞も快勝。 3着のアウトライアーズも次走の500万下ひいらぎ賞を快勝。 さらにその時2着だったウインブライトもその後の500万下を楽勝し、スプリングSではウインブライト1着、アウトライアーズ2着という結果に。

この時までは、「信頼できるモノサシ」だと思っていましたが、いざGⅠに入ったら冒頭の通りです。。。 もちろんレースは生き物ですし、競馬はパズルのようには決まりません。 その時々の馬場コンディションや距離・コース、馬の体調、騎手同士の駆け引き等々で結果が大きく変わりますが、どう言えば良いのでしょう、今まで私が抱いていたこの世代に対するイメージを一度全てリセットしなければならない。 そう感じざるを得ないような3頭の負けかたでした。

もちろん、それは私個人の問題なのですが、波乱の桜花賞・皐月賞を受けて、同じような気持ちになったファンの方は多いのではないでしょうか。

ということで、前置きが長くなってしまいましたが、第77回皐月賞の回顧です。 まずはいつものように、全馬の着順から。


見事、池江厩舎のワン・ツーですね。

こちらの展望記事の中で、土曜競馬の馬場傾向から

「上がりも全体時計も速く、4コーナー5番手以内に取り付ける馬が勝つようなイメージ」

と見ていましたが、その点だけは当たっていましたね。

1000m通過は59.0秒と、レコード決着になった2013年(ロゴタイプの年)の58.0秒や昨年の58.4に比べれば遅かったにもかかわらず、勝ち時計はコースレコードタイの1分57秒8。 ハイレベル決戦だった昨年のタイムを上回り、もちろん皐月賞レコード。 1~4着馬は全て4コーナー5番手以内にいた馬ということで、後方勢には全く出番のない競馬となりました。


スタンド前右手から、69年ぶりの牝馬Vへ向けてファンディーナに注目が集まる中、まずは全馬揃ったスタートを切ります。 その⑧ファンディーナがややふらついたスタートから立て直して出を窺うところ、外から⑪アルアイン、さらに⑮アダムバローズと⑱トラストが勢いよくこれを交わす勢いで上がっていきます。 ファンディーナにとっては、思い切ってハナでも切るか、ここで上手く外目に持ち出すような選択肢もあったように思うのですが、岩田騎手は腹を括ったようにインコース寄りにポジションを取りながら1コーナーを目指します。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【回顧】 第77回皐月賞 一度「リセット」する必要がありそうです。

MUDEBISU様

コメントありがとうございます。
仰るとおりで、ブログの中ではコメントし忘れましたが、私もそう思っていました。

13年も印象深いダービーでしたが、本当、ここに別路線組が加わればなかなか面白いダービーになりそうですよね!楽しみです。

【回顧】 第77回皐月賞 一度「リセット」する必要がありそうです。

リセットするなら、散々言われた今年の3歳牡馬は弱すぎる、というところから考え改めないといけないのかもしれませんね。
弱い世代があのラブリーデイのレコードと同タイムで走れる訳ないですから。

ロゴタイプの皐月賞と似てるかなとも思います。
あの時は別路線のキズナがダービーを勝ちましたから今年も…

【回顧】 第77回皐月賞 一度「リセット」する必要がありそうです。

inf*****様

頼もしくも、悩ましいコメントありがとうございます!
そうなんですよね、私もあんなこと書いておきながら、(特にアドマイヤミヤビに関しては)あきらめきれない気持ちが大きいです。
1レースだけで見切ってしまって後悔する事も多いですしね。

まぁ「リセットしたうえで」もう一回戻るのもアリって事で。。。
またお時間ありましたら、オークス、ダービーまで悩む様子を見に来ていただけると嬉しいです!

【回顧】 第77回皐月賞 一度「リセット」する必要がありそうです。

俺は、リセットする必要はないと思いますよ。

ダービーは、スローになりますから。

決めて比べになったら、カデナとアウトライアーズが台頭しますよ。

オークスも爪が大きいミヤビにとって、晴れれば来ますよ。

やっちゃいけないのは、桜花賞や皐月賞を獲れなかったからと言って、

勢力図を変えてしまうことです。

変えるのは、ダービーが終わってからですよ。

こんな記事も読みたい

大井 東京スプリントの予想【砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~】

東京開幕週 4月22・23日の注目馬情報【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

【福島牝馬ステークス】G1谷間、ローカル福島で買える騎手と厩舎(4/22福島)【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:4276
  • 累計のページビュー:3979660

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss