人生は競馬と共に

【回顧】 第77回桜花賞 まさに乾坤一擲、レーヌミノルの見事な勝利でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

単勝1.4倍のソウルスターリングが3着に敗れる波乱となった第77回桜花賞。 レース直後から何度目にした(耳にした)セリフか分かりませんが、競馬の難しさを改めて思い知らされる、そんなレースでした。 正確には、この時期の3歳牝馬の難しさ、と言った方が良いかもしれませんね。 だからこそ面白い、とも言えるわけですが。。。

今週も1日開いてしまいましたが、まずは全馬の着順からです。


何度見返しても衝撃が蘇ってくるこのレースですが、スタートから振り返ります。 「ほぼ揃ったスタート」とレース実況にもあったように、ゲートが開いた瞬間こそ横一線でしたが、1完歩目、2完歩目ですぐに差が付く、印象としては「バラバラっとしたスタート」と感じました。 内から⑤ベルカプリが好ダッシュを見せ、⑦ショーウェイはハナを主張することなくすっと2番手に。 逆に⑮アドマイヤミヤビは鞍上の意に反して全くダッシュが付かず、この時点で嫌な感じ。

予想された2頭の序列がすんなりきまって「あれ、意外と流れが落ち着くのかな?」と思った刹那、外から気合をつけられた⑬ヴゼットジョリーがベルカプリを交わす勢いで進出。 「何でやねん」と思っていたら大外⑱番枠のカワキタエンカが、かなり離れた外から一気にハナを奪って3コーナーへ。 阪神1600mの2ハロン目は上り坂になっているはずですが、このレースラップが10.9秒。 馬場状態を考えても、これはちょっと速い、逃げ・先行馬には厳しい流れになりました。

そしてこれら4頭の後ろ、5番手外目のポジションに勝った⑩レーヌミノル。 ソウルスターリングとの位置関係で言うと、阪神JFの時と内外が逆になったことと、ソウルスターリングが馬場適性もあったか明らかにいつもの行きっぷりが無かったことで、本来ルメール騎手が取りたかったポジション(公式会見で、イメージは「4~5番手の外」と明言していました)をしっかり確保できた感じでしたね。

レーヌミノルの直後には内から①ミスエルテと必死に押さえながら④ジューヌエコール、先行勢を見るような位置に⑥リスグラシュー。そして、3コーナーに入った辺りでようやくその外まで⑭ソウルスターリングが押し上げ、リスグラシューを交わしていきます。 この時点で、「あれ、ソウルスターリングいつもより後ろだな、まあでもペースとか見ながらの作戦だろうし、問題ないんだろうな」なんて何も考えずに見ていました。。。 こうしてレースを見返してみると、明らかにソウルスターリングの位置取り、行きっぷりは今までと違っていて、恐らく各ジョッキーはこの時点で大本命馬の異変を感じ取っていたと思います。 特に、(多分)思い通りの位置を取れた池添騎手は、上手くいってるなと思いながら抜け出しのタイミングを計っていたのではないでしょうか。

中団馬群の中には②ライジングリーズン、⑯ミスパンテールなどもいて、2~3馬身離れた後方馬群になんと⑫アエロリット。 これは作戦だったのでしょう。結果を見ると成功だか失敗だか評価が難しいですが、横山典騎手らしかったですね・・・。 ほぼ同じ位置に⑧カラクレナイですが、⑮アドマイヤミヤビはさらにその後ろ、後方2番手でで追走すらままならない感じ。 スタート直後からヤバそうだなとは思っていましたが、この辺で私は既にあきらめかけていました。。。

レースの方は、カワキタエンカが3、4コーナーにかけても11秒台のラップを連発。後続と2~3馬身の差をキープして直線に入ります。 レーヌミノルはこれを射程に入れながら徐々に進出、ソウルスターリングも直線入り口では何とかその外まで押し上げますが、ルメール騎手のアクションを見るとそれほど手応えには余裕がありません。 一方で私の本命馬、アドマイヤミヤビはステッキを入れながら大外をぶん回してちょっと目立ちましたね(笑)。テレビに映ったのはこの時が最後でした。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【皐月賞】ソウルスターリング敗北にヒルム。ファンディーナを買うことは過去を学ばないコトなのか(4/16中山)【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

【KINGクリの単勝複勝】修正版 最速!アンタレスS、皐月賞予想【KINGクリの単勝複勝】

勝負の決め手は3コーナーまでのポジション争い、桜花賞回顧【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:1017
  • 累計のページビュー:4236372

(08月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss