人生は競馬と共に

【予想】 第22回シルクロードS、第31回根岸S 見応えのあるレースが期待できそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

今週から東京開催がスタート、早くも今年最初のGⅠ、フェブラリーSが近づいてきました。 今日はそのフェブラリーSのトライアル根岸Sが東京で、3月の高松宮記念に向けた重要なステップレースであるシルクロードSが京都で、それぞれ行われます。 共にGⅢながらなかなかの好メンバーが揃い、特に根岸Sに関しては「スーパーGⅢ」と呼びたいくらいです。

京都→東京とやや慌しいメインレースになりそうですが、しっかり予想して、両方的中させたいものですね。 (土日に分けて重賞開催してもらえないものでしょうか。。。)


シルクロードS予想


さて、まずは先に発走するシルクロード記念からです。 冒頭で「高松宮記念(今年は3月26日)へのステップレース」と書きましたが、本番まで2ヶ月あるにも関わらず、正式な(?)トライアルである阪急杯(今年は2月26日)は1400mだし、オーシャンS(今年は3月4日)は中山で中2週だし、ということで、特に関西馬はここを叩いて高松宮に直行するケースが意外と多いんですよね。 記憶に新しいところでは、昨年このレース5着と人気を裏切ったビッグアーサーが高松宮記念を快勝しました。

ハンデ戦ということもあり、今年はさすがにビッグアーサーは出ていませんが、それでもなかなかの好メンバーが揃いました。 このレースのディフェンディングチャンピオンであるダンスディレクター、道悪とはいえ京阪杯で4馬身差圧勝のネロに、スプリンターズS3着のソルヴェイグを筆頭とした4歳馬3頭が挑戦する構図となっており、予想もなかなか難しそうです。

朝9時頃時点の人気順です。

1番人気 ネロ        3.4倍 2番人気 ソルヴェイグ    3.8倍 3番人気 ダンスディレクター 6.1倍 4番人気 セイウンコウセイ  6.7倍 5番人気 ブランボヌール   8.5倍 6番人気 ラインスピリット  10.8倍 7番人気 セカンドテーブル  14.7倍

ラインスピリットとセカンドテーブルも含めると7頭ほどにチャンスのありそうな混戦ムードですね。 ネロはトップハンデが嫌われてソルヴェイグ1番人気かなと思っていたのですが、最終的にどうなりますか。

◎ ⑪セイウンコウセイ ○ ⑩ネロ ▲ ⑫ブランボヌール ☆ ①ラインスピリット △ ④ヒルノデイバロー、⑤ソルヴェイグ、⑦ダンスディレクター

私の予想です。 ネロと4歳馬3頭が中心と考えているのですが、その中から本命は⑪セイウンコウセイにしました。

このレース、展開面を考えるとローレルベローチェの回避は非常に大きかったと思います。 これで逃げ馬候補はネロとセイウンコウセイの2頭にほぼ絞られ、この並びだとすんなり⑩ネロがハナに立ち、前走そのローレルベローチェの2番手から抜け出す競馬で快勝した⑪セイウンコウセイが2番手で比較的すぐに隊列が落ち着くのではないでしょうか。

とにかく京都競馬場でのここ2戦の内容が非常に良く、やや時計のかかる馬場への適正と斤量面を考えて、本命にしました。 (陣営はこれでもハンデが見込まれたとコメントしているようですが、ネロとダンスに2.5キロ、4歳牝馬2頭に実質1キロもらっており、私は十分有利だと思っています。)

対抗には、トップハンデの一角、⑩ネロ。 こちらも時計のかかる荒れた馬場は歓迎のクチで、京阪杯の内容や状態の良さを考えれば、57.5キロはむしろ「恵量」と言えるかもしれません。 「0002」の浜中騎手という点が若干不安なのと、やはりハンデ戦なのでトップハンデ馬を本命にするのもなぁ、ということで対抗に落としましたが、あっさり勝たれても不思議はありません。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
競馬予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

1/29のレース予想【砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~】

第31回 根岸S&第22回 シルクロードS 予想【阪神タイガースに阪神競馬】

ストーリーから読み解く2017年シルクロードステークス(GⅢ)【スポーツとしての競馬】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:55441
  • 累計のページビュー:2846252

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 菊花賞 展望②
  5. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  6. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  7. 秋華賞 展望
  8. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。
  9. 【展望】第68回朝日杯フューチュリティS GⅠ
  10. 【展望】 第41回エリザベス女王杯 ~ 今週も難しそうです

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss