人生は競馬と共に

【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

小雨が降る中行われた昨日の第36回ジャパンカップ。 皆様ご存知のとおり、キタサンブラックが見事逃げ切り勝ちを収めました。

レース後のインタビューにオーナーが一緒に出るのも、そこで一節歌うのもすっかり恒例になりましたね。 とにかく強かったの一言に尽きるこのレース、早速振り返りたいと思います。

まずはいつものように、全馬の着順、着差です。


4番人気のディーマジェスティが13着に沈んだ他は上位人気馬が掲示板を占めていることからも分かるように、実力馬がそれぞれ力を発揮した、見応えのあるレースだったと思います。

まず注目のスタート。 ほぼ横一線の中、好スタートを決めた最内①キタサンブラックはスタート直後に馬をやや外に誘導します。 ②ビッシュが抑えるのは分かっていたからか、飛び出しに自信があったのか。本当に数完歩で、キタサンブラックとビッシュの位置関係が逆になるくらい外に張り出していきます。

個人的に大注目していた③ゴールドアクターですが、特にキタサンブラックに競りかけるでもなく、自分のペースを守ったまま最初のコーナーに向かっているように見えました。 代わってその外から2番手の位置を取りに行ったのが、⑦ワンアンドオンリー。 宝塚記念以来の田辺騎手とのコンビで、これはほぼ予想通りの動きでした。

そしてそして、さらに外から、私が本命にした⑯リアルスティールもかなり積極的にポジションを取りに行きます。 これも予想通りとはいえ、想像していた以上に前に付けて来ましたね。ゴールドアクターが思ったより行かなかったのもありますが、4番手のポケットの位置を取りに行くのかとばかり思っていました。 レース後のムーア騎手のコメントを聞くと、実際には2番手のポジションを狙っていたようで、1コーナーを回る時にはさすがに掛かり気味でしたね。。。

結局ゴールドアクターはその直後4番手の内で最初のコーナーを迎えますが、2コーナーにかけて、コーナーワークでこちらが3番手に。 外にはすぐに折り合ったリアルスティールが付け、直後には⑧イラプトと⑥ラストインパクト。

1馬身切れて④ルージュバックと外⑫サウンズオブアースが好位に付け、⑰シュヴァルグランはその後方、中団10番手辺りの外。 ⑭レインボーラインは後方4番手、⑨ディーマジェスティは後方2番手辺りと、かなり後ろからの競馬になります。 ディーマジェスティは結局後方のままレースを終えてしまいますが、これは予想記事でも書いたように、体調面の問題だと思います。 有馬よりはJCの方がチャンスありと見ての参戦だったかと思いますが、このあと春に向けて、しっかり休んで立て直して欲しいところです。

このレース、武豊騎手が上手いなぁと感じたのは、向こう正面に入って急にペースを緩めたりせず、後続に一定の差を付けたまま3コーナーに向かっていったことです。 1コーナーに向かう2ハロン目で11.3秒のラップを刻んで先手を取りきると、その後も12.6秒-12.3秒-12.2秒と全く緩めることなくレースを引っ張り、1000m地点ではワンアンドオンリーに4~5馬身の差をつけます。

1000mの通過は1分1秒7。

この日の馬場状態からすると超スローとは言えないまでも、GⅠの豪華メンバーにとって決して速いとも言えないペース、それでいて後続を引き離しているのですから、これは豊マジックとしか言いようがありません。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

G1 ジャパンカップ 回顧 ~もはや芸術の逃げ~【未熟な競馬予想屋の成長ブログ】

次週はチャンピオンズCです【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

勝ち組流(?)システム【キタサンブラック優勝】【勝ち組?競馬サークル】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3933269

(07月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss