人生は競馬と共に

第154回天皇賞(秋) 展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

天皇賞(秋)の枠順が発表されましたね。 エイシンヒカリが1枠1番という、誰もが98年のあの日をを嫌でも思い出してしまう、そんな抽選結果となりましたが、いよいよあと2日です。

土曜日にスワンS、日曜日に天皇賞(秋)が開催されるこの週末は、昔から秋のGⅠシリーズ最初のクライマックスという感じで個人的に大好きなのですが、今日1日乗り切れば競馬が待っている金曜日の朝ということで、既にテンションは上がりまくっています。

さて、その天皇賞(秋)ですが、今年はかなり予想が難しいですね。 有力馬がざっと見渡しただけで5~6(~7)頭いて、正直どれも「一長一短」って感じです。 なおかつ、枠順と追い切りを見て、難しさに拍車がかかった感すらあり。。。直前まで迷いそうな予感しかしません。


天皇賞(秋)過去5年データ

まずは、過去5年の連対馬を振り返ります。 (記録はJRA公式より、通過順はJRA-VAN参照)

府中の2000mらしく、全体的に逃げ・先行馬には厳しいレースとなっていますね。 2011年、2012年はハイペースに見えますが、シルポートが出ていた年で、特に2012年はかなり離した逃げでしたので、フェノーメノの4角4番手というのは、それほど速いペースでは無かったはずです。 それ以外、前半1000mは概ね59秒~1分0秒台で、最後の直線を意識した比較的落ち着いた流れになっているにも関わらず、やはり主役は差し・追い込み馬となっています。

そういう意味では昨年のラブリーデイは本当に強かった。 先行策から早めにエイシンヒカリを捉え、あとは後続を完封する横綱競馬で、過去5年の勝ち馬で4コーナー5番手以内だったのはこの馬だけです。 ただ、今年あれをやるだけの抜けた力は残念ながら、感じられません。

逃げ馬と言えば、この表よりも古い話になりますが、2008年のダイワスカーレットは本当に凄かったですね。 前半1000mを58.7秒のハイペースで逃げて、ウオッカと僅か2cm差の2着、走破タイム1分57秒2、しかも大阪杯以来7ヶ月の休み明け。 内外離れていたこともあり、判定写真を見てもどっちが勝ってるか分からなかったんだっけ、という記憶も含め、とんでもないレースでした。

エイシンヒカリのポテンシャルはダイワスカーレットにも負けていないのかもしれませんが、そのダイワスカーレットも結局は負けてしまったわけで、エイシンヒカリにとっては厳しいデータです。

あと個人的には、これも表には載っていませんが、2010年2着、2011年3着のペルーサ。 2011年のレースでスタート上手く出た時は、これは勝てるんじゃないかと期待したものでした(笑)。

話が横道にそれてしまいましたが、、、今年は3歳馬の挑戦が無いので、年齢的には概ね4歳馬vs.5歳馬でしょうか。 過去10年まで遡っても、例外は2009年の優勝馬カンパニー(8歳!)のみ。 3着も2頭(2007年3着馬カンパニー・6歳、2013年3着馬、エイシンフラッシュ・6歳)のみで、ラブリーデイは割引でしょう。

外枠不利で有名なコースですが、やはり7、8枠は不振。 個人的には最初のコーナーでごちゃつくので、内枠すぎても嫌だなという印象があります。 (偶然でしょうか、この表でも4~6枠辺りが目立ちます。) 今年はフルゲートにならなかったのでそこまで気にしなくても良いかも知れませんが、どうなりますか。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース展望
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ライバルの潰えた夢を自分の肥やしとして走れ【Armar know Jack Bigwild】

天皇賞(秋)予想【thoroughbred】

天皇賞秋【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4508844

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss