人生は競馬と共に

【重賞回顧】第53回函館記念 やはり今年も荒れました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

先週末唯一の重賞競争となった第53回函館記念。 お昼頃、一度は止みかけていた雨が午後に入って激しさを増したことで、急速に馬場が悪化。 レースの時間には止んでいたものの、重の巧拙が問われる、時計のかかる馬場になりましたね。

「今年は比較的上位人気馬で堅いのではなかろうか」、なんて書いてしまったのが何かのフラグになってしまいましたか・・・ やはり今年も「荒れるハンデ重賞」の面目躍如(?)とも言えるような結果となりました。

※予想記事はこちら



ほぼ揃ったスタートから、ダッシュが良かったのが内から④ケイティープライド、⑦マイネルミラノ、⑩ステイインシアトルに外から⑭タマモベストプレイと⑮ヤマカツライデン。 予想記事でも触れたように、逃げタイプが揃ったこともあるのか、はたまた雨の影響を探り探りなのか、各馬何が何でも逃げてやるぞ、というよりは周りの出方を伺うようなホームストレッチでの先行争いでしたが、その中では外の2頭、タマモベストプレイの吉田隼人騎手とヤマカツライデンの池添騎手は明確にポジションを取りに動いてきました。

ヤマカツは宣言通りですし、過去のレース内容からも何が何でも逃げる一手と思っていましたが、他にも前に行く馬が複数いる中で、タマモベストプレイのこの動きには正直驚かされました。 一瞬、ヤマカツに譲らずこのまま競ってしまうんじゃないかと思ったほどでしたが、流石にそんなことにはならず。 首尾よく2頭で抜け出してインコースに馬を誘導し終えると、吉田騎手の方は2番手に控えます。

そして、もう1頭予想外だったのが⑬パリカラノテガミで、内でマイネルミラノとステイインシアトルがけん制しあっている間に外からこの2頭を交わし、さらに逃げるヤマカツライデンを追いかけて行きます。 1コーナーに入った段階で先頭ヤマカツの2番手パリカラノテガミ、インのポケットの位置にはタマモベストプレイ。 逃げ馬3頭の序列だけ考えていた私にとって、これは全くの予想外でした。

しかも、これだけ外枠の馬たちが先手を取ったにも関わらず、縦長にならなかったというのも想定外でした。 上記のレースラップを見ても、さすがに2ハロン目に11.1秒というラップが記録されているものの、ちょうど1~2コーナーで12.4-12.6とすぐにペースが落ち着き、息の入る展開になりました。 前に行った3頭の操作性の高さと、急激な馬場の悪化で、各ジョッキーがその影響を探り探りしながらの出だしだったことが要因でしょうか。

「ヤマカツライデンが大逃げの形で、ステイインシアトルが実質的な逃げポジション、それをマークする3番手がマイネルミラノ」 というのが私の戦前の予想でしたから、もう全然間違ってましたね。。。


さて、1~2コーナーでのポジションに戻ると、タマモベストプレイの外にマイネルミラノ、3列目のインにスタートが良かったケイティープライド、その外にようやくステイインシアトル。 武豊騎手はスタート直後から無理に逃げはしない構えでしたが、さすがにこれは作戦と違う形だったのでしょう。 道悪ということもあって、何だかキタサンブラックの宝塚記念を思い出してしまうような、消極的な競馬になってしまいましたね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 マーキュリーカップ【ホースレース・ロマネスク】

【中京記念考察】泥のビンボー企画始動。夏のおみくじ大作戦(7/23中京)【馬券に年間500万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

2017 函館記念 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4518588

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss