人生は競馬と共に

【新馬戦】7/1、7/2の回顧 2歳未勝利戦についてもひと言。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

台風の進路が気になるところですが、今週後半から週末にかけては、福島も名古屋も傘マークが付いていませんね(もちろん、梅雨のない函館も。)。 例年になく、今年は梅雨の影響を受けない夏競馬序盤戦になりそうです。

ということで、今日は先週末の新馬戦を降りかえっていきたいと思います。 前回に続き、各レース上位5頭の結果貼り付けと、簡単なコメントです。


◆ 7/1(土) 函館5R新馬戦 芝1000m

予想記事でも書いたように、とても相性の悪い函館芝1000m戦。というより、よく考えたら函館の芝レース自体、この開催前半1回も当たっていないかもしれません。。。 果たして、このレースでも私は②、⑤、⑥の単勝勝負でしたが、見事かすりもせず。

勝ったのは③キタノユウキ、最終的には3番人気だったのですね。 6月のまとめ記事でも触れましたが、新種牡馬ハードスパン産駒が初勝利を挙げました。しかも芝のレースで。 函館芝の予想が苦手な理由としては、パワータイプが強いとは言ってもダート向きの血統を買えばよいのか、素直に芝向きの血統を買えばよいのか分からなくなってしまうというのがあります。 まあ一言で言えばその辺りのセンスが無いというのにつきるのですが、あと3週間でなんとか切欠を掴みたいところです・・・。

レース展開としては、①ツクバクロオーが立ち遅れたのが非常に大きかったですね。 すぐに行き脚がついてキタノユウキを追いかけましたが、1000mでの出遅れは致命傷。 むしろ、良く首差の2着に頑張ったと思いますし、すぐに勝てるでしょう。

勝ったキタノユウキは好スタートからツクバクロオーの追撃を凌ぎ切って勝ったことは評価できますが、例えば函館2歳Sで狙えるかと聞かれたらちょっと微妙でしょうか。 タイム、内容とも平凡だと思います。

私の想定では(スタートを決めて)逃げるツクバクロオーを直線交わし去ってくれるはずだった②ロイズブラスハートは、4コーナー3番手から前を追うものの反応が今イチ。 インから⑧ココロストライクに交わされて4着に終わりました。 叩かれての変わり身に期待したいと思います。


◆ 7/1(土) 中京5R新馬戦 芝1600m

金曜日辺りの想定では良くて重馬場くらいまでと思っていましたが、やや重まで回復した中京の芝コース。 このレースは②と⑤の単勝を勝っていましたが、その②フロンティアが見事逃げ切り勝ちを収めました。

新馬戦らしいバラバラっとしたスタートから、①、②、③が先行体勢を取りますが、200mほどの地点で競ることもなくフロンティアがハナに、③アクアレーヌが2番手に。 これも新馬戦らしくバタついた①コリーヌヴェルトが中団まで下がっていくと、代わって⑥アドマイヤアルバが3番手に進出。 新馬戦らしく12秒台後半~13秒の遅いラップが並ぶ超スローペースで進みます。

3~4コーナーでもラストから3ハロン目が12.1秒とややペースアップすると、直線に入ってラスト400m、11.1-11.2秒という速いラップでまとめたフロンティアが押し切りました。 アドマイヤアルバは、コーナーで2番手のアクアレーヌの外を回さなければならなかったのが痛かったですかね。あの展開で1/2馬身まで差を詰めたのですから、さすがは福永騎手。 この展開だと強いとか強くないとか評価しにくいですが、これもすぐにチャンスは来るでしょう。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新馬戦(予想・回顧・展望)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【プロキオンS考察】1-3番人気が殿一気というリアル、届かない大作戦の妙味(7/6中京)【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

レース回顧(7・1、2)【サンチェス・ピスファン】

【回顧】ラジオNIKKEI賞とCBC賞 石川裕紀人騎手、嬉しい重賞初勝利。【人生は競馬と共に】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:18077
  • 累計のページビュー:3933269

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss