人生は競馬と共に

【回顧】ラジオNIKKEI賞とCBC賞 石川裕紀人騎手、嬉しい重賞初勝利。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

昨日、デビュー以来負けなしでの30連勝達成なるか注目されていた藤井聡太四段が残念ながら公式戦で初の黒星を喫してしまいましたね。 (タイトル戦、しかも竜王戦の本選で連勝記録を騒がれなきゃいけないというのも大変な状況ですが・・・。)

のっけから競馬と関係のない将棋の話題で非常に恐縮なのですが、30年振りに記録を塗り替えたとたんに完敗してしまうあたり、記録が途切れる時はこんなものなのかなという不思議な感慨があったのと、1人のスター(天才中学生棋士)の登場でこれだけ注目を浴びることもあるのだな、と。 競馬界でも、昨年16年ぶりに誕生した女性騎手として藤田菜七子騎手がマスコミに大きく取り上げられたことも思い出したりしながら、ニュースを見ていました。

大事なのはブームになった後だと思いますが、まだ中学生なのに将棋界全体を背負わされている感があり、本当に大変ですよね・・・。


さて、本題に入ります。 本格的な夏競馬の始まりとともに、開幕週の福島と中京で、GⅢのハンデ戦が行われました。 戦前から難解と見られていましたが、結果もそのとおりだったわけで。

夏の重賞は圧倒的にハンデ戦が多いので、これからしばらくは 予想時→「難しいですね」 回顧時→「難しかったですね」 という内容ばかりになるのでしょうね・・・。


第66回ラジオNIKKEI賞回顧

まずは福島11R、ラジオNIKKEI賞の方から。 全馬の着順です。


石川裕紀人騎手が嬉しい重賞初制覇をあげたわけですが、過去55回騎乗して未勝利だったのはかなり意外で、私は全く気付いていませんでした。 若手騎手にとって、重賞ひとつ勝つのも本当に大変なのですね。 そう聞くと良かったな、おめでとう!と思うのですが、予想の方は散々だったのであまり素直になれないこのレース、スタートから振り返ります。

コーナーの通過順だけ見ていると、ウインガナドルが逃げてニシノアップルパイが2番手とほぼ予想通りの展開に見えますが、実際はスタート直後、ニシノアップルパイの行き脚がつかず、吉田豊騎手が必死に促して2番手まで押し上げながら1コーナーに入っていきます。 想定では内からすっと好スタートを切り、外からウインを行かせて、そのままポケットの位置で脚を溜める競馬が理想と勝手に思っていたのですが。 結果、やや掛かり気味に2番手の外を追走する形になります。

3番手は外から積極的にポジションを取りに行った⑪セダブリランテスで、これはちょっと想定外でした。 外枠ということもあって無理せず3列め辺りの外に収まると思っていたので。 今になって思えば、初重賞制覇の大チャンスだった石川騎手、気合の入り方が違ったのでしょう。

その後ろ、⑫クリアザトラックは想定どおり3列目の外で、その内が⑤ライジングリーズンと⑥サトノクロニクル。 この2頭は斤量差と福島コースを意識していつもより早めの競馬を意識していた感じですね。

あとは④マイネルスフェーン、思ったよりポジションが後ろになってしまった⑧ビービーガウディに7枠2頭以下、ほぼ一団で①ロードリベラル1頭が最後方待機という展開。 前半800mが47.5秒、1000mが59.5秒ということで、ある程度流れて後方から捲くりをかける馬も出てこないというのは予想していた通りで、上記の「通過順位」もほぼ変わらないまま最後の直線に。 (ただ、ニシノアップルパイは3コーナー過ぎから手が動くも手応えが悪く苦しい形で、ロードリベラルは大外から一気に前との差をつめて勢いに乗った形で、6~7番手には上がっていたと思うんですけどね。) サトノクロニクルは、やはり懸念していたとおり勝負どころでの反応が今ひとつで、これもややポジションを落とし加減でコーナーを回ってきます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

同じ3歳馬に上下8キロのハンデ差が必要なんだろうか?【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

2017 7月第1週新馬戦ほか レース回顧(土曜編)【ホースレース・ロマネスク】

【七夕賞考察】武士沢友治、半年間の299勝状態。マルターズアポジーで”ピン”か”パー”か(7/9福島)【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:18077
  • 累計のページビュー:3933269

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss