人生は競馬と共に

【回顧】第58宝塚記念 狙い済ました勝利のサトノクラウン、データを覆せなかったキタサンブラック。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

1日あいてしまいましたが、宝塚記念を回顧していきます。 サトノクラウンが香港昨秋の香港ヴァーズに続いて「大物喰い」を果たした一方で、キタサンブラックがまさかの9着大敗というショックの大きなレースでした。


まずは、全馬の着順・着差です。 今まで、散々データや常識を打ち破ってきたキタサンブラックと武豊騎手のコンビでしたが、展望記事でご紹介した、「過去10年間、天皇賞(春)→宝塚記念を連勝した馬はいない」というデータを覆すことはできず、何とダービー以来の馬券外、しかも11頭立ての9着と惨敗してしまいました。

(※6/28 記載を訂正させて頂きました。ご指摘ありがとうございました。)

さっそく、スタートから振り返りたいと思います。

シャケトラが若干バランスを崩しながらのスタートになった他は横一線のスタートを切った今年の宝塚記念。 その直後から異変が起きたといっても言い過ぎではないと思います。

今までならばすっと先手を取り、他にハナを主張する馬がいれば行かせて、いなければ自分が主導権を取ってレースを進めてきた⑩キタサンブラックが、前に進んでいかなかったのです。 スタートして約200m、内から④クラリティシチー、⑤シュヴァルグラン、⑥シャケトラあたりが先行体勢を取りますが、無理に押したり促している様子は見受けられません。 外からこれらを交わしてキタサンブラックが主導権を握るものと思っていたのですが、モタモタしている間にシュヴァルグランとシャケトラが前に出てコーナーに入ってしまいます。

レースラップを見ると、2ハロン目、登り坂にかかるところで11.1秒という速いラップが刻まれていて、この地点では2頭にキタサンブラックのハナを叩いてやろうという意思が産まれていたのかもしれません。 (スタート直後の動きを見る限り、シャケトラは今日は前に行きたいというのはあったと思いますが、始めからこの展開を狙っていたとはさすがに思えません。)

個人的にスタートに注目していた②ゴールドアクターですが、逃げるのではなく、すぐに外目に持ち出してキタサンブラックをマークするような位置で進める作戦に出ます。 同じように、キタサンブラックをマークするポジションに⑪サトノクラウンで、これは予想通り。

他の有力馬、⑧ミッキークイーンは後ろから3番手当たり、⑦レインボーラインは後ろから2番手辺りで折り合いに専念。 これも予想通りです。

それにしても驚いたのはシュヴァルグランです。 馬場がそこまで悪くならなかったのもあるかとは思いますが、まさかやや重の馬場、中距離のレースでハナに立つようなレースが出来るとは想像できませんでした。 まさか逃げることになるとは福永騎手も思っていなかったと思うのですが、この競馬ができたことは、秋以降に向けて明るい材料と思います。 同じことはシャケトラにも言えるでしょうね。 個人的に、成長著しいこの2頭には秋競馬の主役になって欲しいと思っています。

一方、キタサンブラックに関しては、1コーナーから向こう正面入り口にかけて、「掛かる」と言う表現とはちょっと違う気もしますが、コンビの息が合っていないようなシーンも見受けられました。 いつものように武豊騎手とキタサンブラックのコンビが主導権を握るレースとは明らかに異質な流れとなっていて、この時点でキタサンブラックはダメっぽい空気が流れていましたね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【回顧】第58宝塚記念 狙い済ました勝利のサトノクラウン、データを覆せなかったキタサンブラック。

マンボ様

コメントありがとうございます。

以前の記事で、ディープ以来10年以上天皇賞(春)→宝塚記念を連勝した馬はおらず、毎年のように天皇賞好走馬が人気になっては消えていると言うデータに触れていたので自分の中では自然な流れだったのですが、確かにご指摘のとおり、これ単体で読むと「??」でしたね。。。
大変失礼致しました。
(加筆・修正致しました。)


しょうがないよ様

フォローのコメント、誠にありがとうございます!
確かに、過去有馬記念も宝塚記念も敗れていて、シーズン最後のグランプリで結果が出ていなかったのも気になっていたんですよね・・・

【回顧】第58宝塚記念 狙い済ました勝利のサトノクラウン、データを覆せなかったキタサンブラック。

・2006年のディープ以来天皇賞春の1着馬の宝塚記念制覇
・グランプリ未勝利

大きくこの2点を打ち破れなかったという事

【回顧】第58宝塚記念 狙い済ました勝利のサトノクラウン、データを覆せなかったキタサンブラック。

 ジンクスって、何のことかい?
 どこにも書いてないじゃないか。

 まさか、外枠がダメとか言うんじゃないだろうね。
 新馬戦14番、セントライト記念13番で勝っているからね(後藤!と北村で)。
 
 以上
 

こんな記事も読みたい

+②下見所から、、【+下見所から、、】

総選挙チャレンジ1の結果と、宝塚記念振り返り【いとう(バオー)の競馬大好き!】

2017 アスコットミーティング後半戦 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:4066
  • 累計のページビュー:3973817

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss