人生は競馬と共に

【回顧】第24回函館SS、第22回ユニコーンS、土日の新馬戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

先週に続き、週末の回顧記事を月曜日にアップすることが出来ました。 これだと書く側も、そして(きっと)読まれる側も記憶がフレッシュだと思いますので、このリズムを続けたいところです。

日曜日に開催されたGⅢ2レースと、土日の新馬戦7レースを一気に回顧していきたいと思います。 数も多いので、さらっと振り返る形になってしまいますが、ご了承ください。


函館SS、ユニコーンS 回顧

◆ 6/18(日)函館11R 函館スプリントS GⅢ 芝1200m


まずは、函館SSから。 昨年のソルヴェイグに続いて、3歳牝馬のジューヌエコールが50kgの斤量も味方に快勝しましたね。 シュウジが刻んだ600m32.2秒の超ハイペースの流れも向いたのだと思いますが、鮮やかな勝利でした。

恐らく伏線はこのレースの3つ前、第8レースの500万下、同じ芝1200m戦。 武豊騎手はエリシヴァで3ハロン32.7秒とクラスを考えれば超ハイペースと言える逃げを打ち、逃げ切り勝ちを収めました。

このレースと同じイメージを持っていたのか、武豊騎手と⑩シュウジは好スタートからダッシュ良く飛び出すと、ハイペースで飛ばします。 そして、他のジョッキーにも第8レースの残像が残っていたか、1番人気の⑫セイウンコウセイがこれをぴったりマーク。 残り600m地点から早めに前を捕まえにかかる積極的なレースを展開します。

これだけレースが前傾になってしまうと前に行っている馬は苦しくなるのですが、そんな中5~6番手辺りを手応え十分で追走していたのが⑧ジューヌエコール。 4コーナー出口で3番点に上がると、あとは前の2頭を交わすだけの完璧なレース運び。 初めてのスプリント戦でそれなりのメンバーが相手ということで、私は少し狙いを下げてしまったのですが、これは秋が非常に楽しみになりました。

③キングハートに函館巧者の④エポワスも、勝負どころからスムーズに仕掛けていって、セイウンコウセイが止まったところをきっちり捉えて2、3着。

シュウジを始め、4角で前にいた⑬ブランボヌールや⑥クリスマスが軒並み苦しくなる中、セイウンコウセイも力は示せたと思います。 ただ、こうやって馬券圏外に敗れてしまうと、何のためにこのレース使ったのだろう、と疑問に感じざるを得ないんですよね。。。

シュウジはペースそのものもあるんでしょうが、やはりレースを途中でやめる所があるという陣営のコメント通り、まだ光は見えて来ないようです。 このレースに関しては、全くかすりもしない予想でした。。。


◆ 6/18(日)東京11R ユニコーンS GⅢ ダ1600m

続いて、ユニコーンSです。 午後に入って、時間帯によっては強い雨が降っていた東京競馬場でしたが、馬場状態は良馬場の発表。

終わってみれば、「テソーロ」「サンライズ」4頭のうち、3頭で決着するという面白い結果となりましたが、勝ったサンライズノヴァは強かったですね。 雨の影響もあったか、前半800mが46.4秒、1000mが59.2秒とかなりのハイペースの中、中団でじっくり脚を溜めて、直線は外目から追われるとエンジン全開。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞レース予想・回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 宝塚記念 プレビュー【ホースレース・ロマネスク】

【第2弾】ノーザンファームの新馬がヤバすぎる位来てる件[新馬戦考察]【『新馬戦を買わないなんてもったいない!』&『単勝万馬券研究所』】

【宝塚記念考察、新馬戦のポイント】番狂わせがある可能性(6/25阪神)【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

ブロガープロフィール

profile-iconumassy

いつの間にか競馬歴20年以上(本格的に馬券を買い始めたのはブライアン世代から)、東京在住のおっさんです。

本ブログのタイトル通り、生涯競馬からは離れられない人生なのは既に確定しており、そんな「競馬人生」に少しアクセントを加えるべく、ブログを始めることにしました。

競馬は人生と共に、人生は競馬と共に。
今の競馬の話題から昔の競馬の話題まで、時に他のスポーツの話題も含め、マイペースでやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:35175
  • 累計のページビュー:4230232

(08月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第154回天皇賞(秋) 展望
  2. 菊花賞 展望①
  3. 【展望】 第155回天皇賞・春 ① 過去10年データを中心に。
  4. 【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。
  5. 菊花賞 展望②
  6. 【展望】 第78回オークス② やはり桜花賞組中心?
  7. 【展望】 第61回有馬記念① 武豊騎手+逃げ馬+1枠1番=?
  8. 【展望】第78回オークス① 2、5、7枠に注目?
  9. 秋華賞 展望
  10. 【結果】第36回ジャパンカップ 圧倒的な能力の前には「データ」も「常識」も無力でした。

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss