"テニス"感覚観戦

月別アーカイブ :2016年11月

★【2016年11月】今期の錦織選手、及びATPツアーの状況(ランキング編)

今期の状況を私なりに振り返ってみようと思います。2部に分け、まず第1部の今回は「ランキング」、2回目は「勝率・スタッツ」を中心に書かせていただきます。 ピンク:ランクアップ  ブルー:ランクダウン 全米終了後より今期末迄(アジア〜欧州〜ツアーファイナル)のエントリーランキングの状況です。 なんと言っても、ジョコビッチが-2,925pt、マレーが+2,260pt、2人の差が5,185pt......続きを読む»

【2016ATP WTF F】ツアーファイナル優勝 驚くべきマレーのタフネス!

今回はコンディション的に有利なジョコビッチ優勝と予想していました。ほぼ間違いないだろう。私としては堅い予想でしたが、マレーは化け物ですかね。 ジョコビッチは、準決勝まで全て一日置きに試合をこなし、フルセットはティエム戦の1回だけ、それも第2第3セットは6-0、6-1の楽勝でした。ラオニッチ戦のタイブレーク2回はハードでしたが、後はそれほど苦労した試合はありませんでした。特に直近(前日)の錦織戦は1......続きを読む»

【2016ATP WTF SF】ジョコビッチ戦敗退 今期更に成長を見せた錦織選手、夢をありがとう!

世界の壁は高いですね。新王者に善戦したと思ったら、伏兵に捲くられ、調子を落としていた王者が調子を戻し、完膚なきまでに叩きのめされました。 戦前に考えていた事、錦織選手の試合スケジュールは、決勝トーナメントに残った4人の中で、条件的に一番厳しいスケジュールになっています。RRから中日を置かず連日でSFを戦い、勝ち抜いた場合は、また連日で決勝の相手とはおよそ6時間、インターバルに取れる時間が少ない。 ......続きを読む»

【2016ATP WTF RR Day6】第3戦、錦織選手のチリッチ戦はハッキリしない試合。気を取り直してSFジョコビッチ戦に臨もう!

今回のチリッチ戦は、何かハッキリしない試合でした。負けて残念という気持ちもあまり感じません。 錦織選手はどんな気持ちでこのゲームに臨んだのでしょうか。 第1セットの錦織選手は、素晴らしかったです。第3第9ゲーム、2ブレークで第1セットをとります。 錦織選手は、ボールコントロールが絶妙で、ストロークのプレイスメントが深く、サーブ、ストローク共に読みが良く、動き出し早くボールに対応していました。また、......続きを読む»

【2016ATP WTF RR Day4】今期マレーと3度目の激戦フルセット、大会最長のベストマッチ!しかし1敗以上に厳しい大会になったか!?

凄い試合でした! まずはマレー・錦織戦を振り返ります。 実は、観戦中、インターバルにスマホで書き溜めた文章を間違って消してしまった様ですので、記憶の範囲になります。 試合概要:ベースラインの攻防は、錦織選手が少し上回っていましたが、マレーはファーストの確率が悪いなりに、サービスポイント、フリーポイントで凌いだ。その差が勝敗を分けたかな。そんな印象です。 本当に錦織選手は、マレーも言っている様に......続きを読む»

【2016ATP WTF RR Day3】調子を上げていく「昨日までの王者」ジョコビッチ

ツアーファイナル。如何に価値があり、楽しい大会かという事を、改めて今感じています。 ≪モンフィス対ティエム≫ ラウンドロビン(RR)において、最もランキングの低い対戦(6位と9位)ですが、非常に興味深い2選手です。ティエムのフォアといい、バックといい、思い切ったストロークは本当に観ていて気持ちのいいプレーヤーです。又、ジョコビッチ戦でも見せたディフェンス能力の高さ、それでいて、威力のあるサーブも持......続きを読む»

【2016ATP WTF RR Day2】錦織選手 ツアーファイナル格上からの1勝、おめでとう!決勝ラウンドに向け確実に前進!

戦前から書き始めていましたので、その辺から順を追って行きます。 楽しみですね。 錦織選手がワウリンカと戦うのは今までに何度かありますが、大会の初戦、2人ともフレッシュな状態での試合は初めてです。まずそれが楽しみです。 この大会は、トッププレーヤー同士のそんな状況での試合が見られるという事が、他の大会では味わえない醍醐味でもありますね。 お互い、大会の序盤はいつもそれ程調子が上がらないタイプ、まぁ......続きを読む»

【2016ATP WTF RR Day1】いよいよ始まりました!「バークレーATPワールドツアーファイナル」

いよいよ、始まりました。 「バークレーATPワールドツアーファイナル」 オープニングゲームは昨年覇者ジョコビッチ対ティエム。 第1セット、ティエムのレシーブ能力の凄さを見せつけられました。5–5からの第11ゲーム、ジョコビッチがストロークを優勢に進め、スマッシュ!これに反応し返しますが、ジョコビッチがオープンスペースへ打ち込み決まったかの様なボール。なんと後ろ向きに走りながら追い付き返して行きます......続きを読む»

【2016年11月】マレーとジョコビッチ ・ ツアーファイナルラウンドロビンの偏った組分け

まさか今期中にジョコビッチとマレーのランキングが入れ替わり、マレーが悲願のトップ1を射止めるとは、思いもしませんでした。 今期のスタート時点では、ジョコビッチ16,585pt、マレー8,945pt、トップ2同士ですら、ダブルスコアかという状態でした。特に序盤のマレーは全豪の準優勝こそあれ、前年、自国のデ杯優勝の為に死力を尽くした影響が出て、マイアミ辺りまではコンディション不良から、思う様にポイントを......続きを読む»

【2016MSパリ3R】錦織選手 ツォンガに逆転負け テニスは本当に怖いスポーツ

今日は、なかなか体に力が入りません。テニスって本当にこういう事が起こるものなんですね。 書き溜めた文章から、錦織・ツォンガ戦へと進めていきます。 また、ラオニッチ戦と錦織・ツォンガ戦は、試合開始予定時間が5時間違います。多分、前の試合が長引きそれ以上に時間差が開いてしまうでしょう。翌日に対戦がありますので、この差が体力的に大きく響きますね。何時もこのハンディを出来るだけ少なくして欲しいと思ってい......続きを読む»

【2016MSパリ2R】錦織選手 ツアー通算300勝 おめでとう!

マスターズ1000って、改めて見ると本当にタフな大会ですね。 上位の勝ち上がり予想を順当に見て行くと、(QF:準々決勝、SF:準決勝) 錦織選手:トロイッキ、ツォンガ、QFラオニッチ、SFマレー。 ジョコビッチ:ミュラー、デミトロフ、QFチリッチ(ゴフィン)、SFワウリンカ。 マレー:ベルダスコ、プイユ、QFベルディヒ、SF錦織(ラオニッチ) ワウリンカ:ストルフ、フェレール(イスナー)、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:1176
  • 累計のページビュー:9567311

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss