"テニス"感覚観戦

【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ATP World Tour Masters 1000 Miami SUNDAY,APRIL 03,2016 Stadium Starts at 1:00 FINALS N.Djokovic VS K.Nishikori

とうとう始まりました! この対戦、皆さんご存知の通り、錦織の2勝6敗(2014マイアミSF、錦織棄権)、2014USオープンの劇的な勝利の後、5連敗中です。あの時の勝利が、いかにジョコビッチを本気にさせてしまったかという事でしょう。あの時、試合後のインタビューで、ジョコビッチは、「錦織の攻めは早かった。動きも早く良かった。でも彼はまだトップグループに足を踏み入れたばかりだ。これからが本当の戦いになる。」と、公の前で話しました。 そして、その言葉通り、錦織をトップグループと認め、錦織を詳しく研究し、勝つ為の試合運び、またその準備を徹底的に押し進め、その後は一度たりとも錦織に勝利を渡す事無く、今回まで来ました。 同じ年の2014年に早速2回の試合が有りました。 《2014年》 MSパリSF:錦織0ー2(2ー6、3ー6) ツアーファイナルズSF:1ー2(1ー6、6ー3、0ー6)

《2015年》 MSローマQF:1ー2(3ー6、6ー3、1ー6) ツアーファイナルズRR:0ー2(1ー6、1ー6)

《2016年》 GS全豪QF:0ー3(3ー6、2ー6、4ー6)

この5回の対戦、先ず2014パリ、錦織選手は長く厳しいツアーの終盤に来て体力的に限界に近くあまり参考になりませんでした。しかし、ジョコビッチ達がいかに、体力面で錦織を上回っているかという事を痛感しました。 この年の最後、初出場のツアーファイナルズRR、マレーと、ラオニッチの代わりに出て来たフェレールに2勝し、進出した決勝ラウンドSF、第1第2セット迄は、その年の好調の流れから良い所も有りましたが、勝利を予感させる要素はあまり感じませんでした。 その次の年、昨年(2015年)のローマでの試合で、私は錦織選手の可能性を感じました。ジョコビッチも錦織を研究して望んで来ましたし、錦織も高く跳ねるサーブ等に対応していました。 昨年は、まだ記憶に新しいツアーファイナルズRR、1ー6、1ー6。錦織に恥ずかしいとまで言わせた屈辱的な敗退でした。 その僅か2ヶ月後、今年の全豪QFで、対戦がありました。スコアこそ一方的ですが、この5試合の中で一番錦織に可能性を感じました。ラリーを支配していたのは錦織でした。ジョコビッチに対しラリーを支配出来るプレーヤーが、現在他にいるでしょうか。その点ではマレーが一番手に来るプレーヤーだと思っていましたが、マレーですらジョコビッチとのラリー戦を支配する事等出来ません。 ジョコビッチは、今錦織を一番警戒している筈です。

今回どんな試合になるかなと、考える度に、2つのパターンが思い浮かんで来ます。 1つは、全豪の様にラリー戦を支配し、その後の決め球、どうやったら確率を上げられるか。 もう1つは、全豪で錦織のレベルの高さ(特にラリー)を改めて感じたジョコビッチが猛然とラリーの支配にかかり、錦織選手がラリーを支配するどころか、ジョコビッチにラリーも何もかも支配される様な展開にはならないか。

試合前、両選手のコメント

錦織: 自分のテニスをしないといけない。 凄い長い打ち合いも覚悟しなければならない。 対策もして臨まなければならない。 自分らしく戦う。

ジョコビッチ: 錦織は経験豊富、大きな試合も経験している。 プレッシャーを感じる事はないでしょう。 SFで、私は今日と同じ時間帯に試合をし、決勝がどんな雰囲気になるか想像出来た。

NHKの解説はジョコビッチの事を、本調子ではないのかなぁ。と言っていますが、今迄、ジョコビッチがどうトーナメントを戦って来たかを考えれば、そんな事はまずないでしょう。錦織のコーチ、マイケルチャンが居ませんが、ジョコビッチも何時もの2人(マリアン、ベッカー)が居ません。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

遠かった頂点、錦織は完敗、ジョコビッチは前人未到のマスターズ28勝(マイアミ・オープン2016)【0 to zeroのhorizon】

AlwaysFight(2016マイアミ回顧・決勝プレビュー)【two-set-down】

錦織の頂点をかけた決勝戦は4月4日2時!5連敗しているジョコビッチを乗り越えられるか!(マイアミ・オープン2016)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9568981

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss