"テニス"感覚観戦

【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 夏のハードコート、マスターズシリーズに入り、今年の今までの流れが、ガラッと変わった様な気がします。ジョコビッチ、マレーは別格のように見えますが、まだまだこの酷暑の夏は何があるか分からない、波乱の匂いがします。又、フェデラーは昨年のカナダの600ptがありますが、シンシナティに照準を定め、一人フレッシュな状態で、優勝を狙っているのでしょうか。というか、年齢的な事も考え、年間トータルで考え、又今後のツアースケジュールを長いスパンで考えているのかなと思います。  今大会第2グループ以下の番狂わせが非常に多く、当然逆に下剋上を果たした選手もいます。まず、錦織選手と共にUSオープン第4シードを争うワウリンカ、ベルディヒが共に初戦(2回戦)で敗退し、錦織選手には良い風が吹いています。その他にはチリッチ、ラオニッチ、シモン、アンダーソン、デミトロフ、モンフィスといったシード選手が、初戦、1~2回戦で敗退して行きました。

 結局、準々決勝(QF)のカードは下記の通りです。 1.ジョコビッチ vs ガルビス  久々にガルビスが上がってきました。今後がまた楽しみです。

2.イスナー vs シャルディ  ココは二人とも躍進です。イスナーはキリオス戦で1セット目を先取しましたが、満身創痍、逆にキリオスは軽快な動きをしています。イスナー、良く勝ったと思います。それにしてもラッキールーザーで出場のシャルディがQF迄上がって来ました。明日のイスナーの状況次第では準決勝(SF)進出、なんか行けそうな感じがします。MSでも、こういう事があるのですね。

3.マレー vs ツォンガ  ディフェンディグチャンピオンのツォンガ。マレーも過去に2回優勝している様です。お互い得意の大会でどうなるでしょうか。錦織が勝ち上がればどちらかと対戦する事になりますが、出来ればもう一度マレーとの試合を見てみたいです。先週のワシントンでも楽しみにしていましたが、マレーは初戦で早々に姿を消して行きました。しかし、ここはいくらマレーと言えどもツォンガを相手に安泰とは言えないでしょう。

4.錦織 vs ナダル  ナダルから初勝利を掴んで、マレー戦に臨んでほしいです。今日のナダル・ユーズニー戦、随所に全盛期を彷彿とさせるプレーも出ていましたが、全般的にあの当時の雰囲気が感じられませんでした。何と言えば良いか、ミスをしない様にプレーしているというか、前はそんな事、微塵も考えずにプレーしている様に見えていましたし、そんな迫力がありました。まだまだ、コンディションを上げていく必要があるように私には見えました。今の錦織選手であれば、ビックネームに怯む事無く、思い切って当たっていけば勝てる気がします。心臓の強い錦織選手ですから大丈夫でしょう。そして、その後はマレー、ジョコビッチに果敢に挑んでいってほしいですね。

 それでは、今日のゴファン戦を振返っていきます。今回、初めてライヴでゲームを見ました。イスナー戦の途中から、ナダル戦、そして錦織(N)・ゴファン(G)戦、やはりいいですね。それまではネットで波乱の状況を見て、皆どんな調子なんだろうと、やきもきしていました。 Nのレシーブで始まりました。又、コイントスで勝って選んだのでしょうか、その場面は見なかったんです。

 第1セット、二人ともサーブゲームを1ゲームずつ手堅く取って安定したスタートを切りますが、第3ゲーム、30-0から4ポイント連取でNがブレーク、ゲームカウント2-1とします。Gは、Nのプレッシャーを感じたのか、最終ポイント、前に出て入れるだけで決まるポイントをネットにかけます。Gも非常に技術が高く、サーブも良く、ストロークのパワーもあるのですが、Nと良く似たタイプで技術にしても、パワーにしても少しずつNの方が上という感じで、Nにとっては、戦い易い相手の一人ではないでしょうか。あと、Gはこのゲームの最終ポイントといい、プレーが淡白に感じます。2セット目もそうでしたが、大事なポイントでいとも簡単にミスをし、落としてしまいます。今日はたまたまそう見えただけかもしれませんが。  ブレーク直後のゲーム、エース3本とドロップショットによるポイントでサービスキープ、素晴らしい!いい流れで進みます。その後は、NがGのサービスゲームを押し気味に入るパターンもありましたが、Gが良いサーブで食い止め、Nを勢いに乗せません。  第10ゲーム、Nのサービングフォーザセット(SFS)、ラリーでNが押されながらも、ナイスロブショット等あり40-30、次のポイント、Nがラリーで押し最後フォアで左サイドを狙いますが、回転がかかり過ぎサイドアウト。このミス今日2回目、決めたと思った所のミスですので、余計に勿体なく感じます。調整してほしい一つですね。ジュースになり次は右にサイドアウト、Gのプレッシャーがかかっているのでしょう。Nは決め所で際どいコースを狙って、おしいサイドアウトが出てしまいます。しかしそこから、勝負所に強いNが、ブレークチャンスを与える事無く、ゲームキープ、1セット先取します。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織が14位のゴファンに快勝! 次は0勝7敗のナダル超えに挑む!(ロジャーズ・カップ2015・3回戦)【0 to zeroのhorizon】

2015/8/10-2015/8/16 ATP・WTA 出場日本人選手結果 本戦2回戦~準々決勝ドロー【渾身のショットがネットイン】

ATPランキング試算(2015カナダマスターズ後)②2回戦終了時【two-set-down】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9652615

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss