"テニス"感覚観戦

【2017年11月】丸3年間トップ10を守り続けた錦織選手の凄さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織選手は、今期久しぶりにトップ10から後退し2013年2月以来となる22位でシーズンを終えました。しかし、3年間(2014.9.8〜2017.9.10)トップ10を守り続けたプレーヤーはそうそういません。 現役プレーヤーでは、ビッグ4、ワウリンカ、ベルディヒ、フェレールの他にはいない筈です。結構長くトップ10にいたイメージがあるツォンガ、ガスケ、シモン、モンフィス、ティプサレビッチや、デルポトロ、ラオニッチも、皆んな長くて2年くらいです。錦織選手も怪我のオンパレードの様に言われながら3年間守り抜いて来ました。立派です。来年、この努力が報われ悲願を1つ掴んで欲しいですね。

今日、ネットニュースで、2019年よりグランドスラム(GS)のシード選手を現在の半分の16までとする事を発表したと出ていました。人気カードが少ない序盤の集客の改善の様です。来期からであれば、錦織選手はシード外になります。ラオニッチもそうです。昨年であれば、第17シードで出場したフェデラーがシード外だったというかなり乱暴な組み方を決定しました。

今期の様に大荒れだったシーズンの翌年は本来実力のあるプレーヤーが下位に下がっていますので、今期開幕時ならトップ8同士の対戦が、1回戦から組まれるかも知れません。もし来期から適用されていれば、錦織選手も、いくら下克上の後のランキングとはいえ、1、2回戦を32シード外のプレーヤーと当たる今までのパターンと比べると、かなり不運なドローになる可能性が高くなります。

トップシードのプレーヤーは、せっかく上位シードを掴みながら、初戦から錦織やラオニッチ、キリオスの様に調子が良ければ手が付けられない様なプレーヤーもいます、そんな対戦は、避けたいでしょう。ナダルでも初戦からこんな相手とはやりたくないでしょう。

2018年の全豪オープンでは、ポイント間の制限時間20秒を25秒へ変更し、より厳格にペナルティをとられる。 また、試合前のウォーミングアップの時間がより厳しくなり、オーバーした場合は罰金が課される。 試合開始前に棄権した本戦出場選手は、2018年大会では1回戦で獲得する賞金額が半分になり、代わって出場するラッキールーザー(LL)が残りの半分を獲得する。 1回戦終了後に棄権したり、怠慢プレーをしたと判断された選手には罰金が課される。

大体こんな内容だったと思います。 どれも、うなずけるまともな内容ではあります。しかし、プレーヤーの義務が増えるばかりの内容です。この様にさらに引き締めを行うのなら、プレーヤーの負担を緩和して、ルールを守り易くする事を一方では行うのが筋というものではないでしょうか?MS8大会出場義務等、スケジュール的な負担を緩和するとか、、これもMSの集客力に影響する為、しないのでしょう。どうも、興行的な事が先立ち、質の高い試合を見せるという本来大事な事が後回しになっている様な気がしてなりません。

まぁ、これはITFとATPの連携が全く無いという事の裏返しですかね。

また、いつものボヤキが入ってしまいましたが、気を取り直して、来期の錦織選手に期待して行くことにします。最近、ストローク練習の動画や、その他の情報も頻繁に上げています。これはきっと、精神的に良い状態であるという事ですね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「丸3年間トップ10を守り続けた錦織選手の凄さ」へのコメント

お褒めの言葉をいただき、張り合いが出ます。ありがとうございます。
私も少し、同じ様な事を思います。ランキングよりも、MSやGSのタイトルに照準を合わせた方が良いのでは?と、、
25秒ルール等、ルールの件にしても、同じ考えですね。massimogucciさんの方が色々とよくご存知だなーと思った次第です。
内容の濃いコメントを頂き有難うございました。

丸3年間トップ10を守り続けた錦織選手の凄さ

いつもすばらしいブログありがとうございます。
3年間トップ10、なんかあっという間でしたね。

これからは、ランキングを気にせず、ペナルティも気にせず、出たり出なかったりでもよいのではと思ったりしてます。その分、デビスカップにも可能な限り出てチーム戦を楽しんだり。その前後はじっくり休暇とトレーニングに充てたり。スポンサーは、全試合に出て不調になるより、試合選んで優勝が年間4、5回ある方がよっぽど喜ぶし。

要は、ATPに振り回されないトッププロを目指してもよいのでは、なんて。少しまだ早いか?でも結果、長続きしたり。


25秒ルールは、バスケじゃないんだから~と最初思いました。

そもそもだいたい皆20秒程度でサーブしていて、たまに前のプレーやタオルの関係で数秒遅れることがあるくらい。あきらかに意図的に遅らせる人はごくごく少数(そんなことしたら、かえって自分のプレーが乱れる)だし、それに対しては審判はふつうにウォーニング&ペナルティできるし・・・

つまり、1回当たり3秒程度x1試合平均1人10回x2選手分の短縮になったとして計1分、多くても3分。1試合3分間の試合短縮をすることの代償は計り知れない。

加えて、全体が長時間化する傾向が強いのは5セットのGSとデビスカップくらい。MSだってスコア2-0だと1時間程度で終わる試合も少なくない。

逆に2-1で3時間クラスの試合は、ビッグサーバーの1、2球ゲームじゃない、フェデ対ナダルやジョコ対マレーなど、激闘ラリー戦なわけで、まさか観客の誰1人として、試合が2時間で終わって欲しいと思っていない。

とすると、どんな効果測定でこの施策を評価して実施に踏み切るのか・・・
そりゃ、択一的に「時間短縮を望みますか」なんてアンケートなら過半数がYESと回答してもおかしくはないが、それでは真実の答えは出てこない。

まずは、早速反論表明したフェデラーとナダルにしっかりヒアリングして、勇気あるルール改善(くだらないものの撤回)をして男気見せて欲しいと思います。ま、無理か。

こんな記事も読みたい

ゴファンのデ杯【change-the-flow】

ファイナルズ決勝戦振り返り~ゴファンに惚れざるを得ない~【サンチェス・ピスファン】

【2017ATPファイナルズ】ゴファンのキレキレプレーとフェデラーの少し多めのミスが生んだ番狂わせ & デミトロフがATPファイナルズのタイトルホルダーに!【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:524
  • 累計のページビュー:9713946

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss