"テニス"感覚観戦

【2017年10月】雑感;グランドスラム男女賞金同額?+フェデラーvsデルポトロ

このエントリーをはてなブックマークに追加

本題に入る前に、フェデラーvsデルポトロ。久し振りに素晴らしいゲームを観ることが出来ました。ビッグサーバーでもあるデルポトロは、強烈なフォアでロングラリーを制する場面もあり、バックハンドもプレースメント良く、フェデラーのミスを誘う事もあります。それと、ここという時にゲームを引き戻すサーブがあります。

対するフェデラーは、フットワーク、テクニックで上回り、序盤からゲームを優位に進めますが、第1セットをデルポトロに取られます。これでフェデラーはさらにギアが上がり、2、3セットをものにし勝利。第3セット、最後はフェデラー5–3からブレークを決めました。

テニスは後でカウントだけ見てもその試合がどんなに接戦だったか、また逆のパターンだったか、分からないものですが、この試合もゲームカウント以上に競ったいい試合でした。デルポトロがなんとか食い下がろうと頑張ったからでしょう。

昨年のUSオープン(デルポトロ勝利)以来の試合でしたが、試合後の2人が又良かったですね。フェデラーの顔は、長年の友を見るような表情に見えました。去年負けてはいましたが、デルポトロを心配していたのでしょう。随分良くなったね。でも今日は、僕が少し上回ったよ。そんな、表情に見えました。

ナダルvsチリッチは観る事が出来ませんでしたが、更にいい試合だったかもしれません。ただ、カウントだけで推し量ることは出来ません。

決勝、ナダルvsフェデラーが楽しみですね。現在、無敵のナダルにフェデラーがどんな試合を仕掛けてくるか!?デルポトロ戦の様なミスの数が出るとちょっと厳しくなると思いますが、切り替えて来るでしょう。 ナダルはこれに勝つと年間ランキング1位をほぼ手中に入れる事になります。 楽しみですね。決勝。

ここから本題に入って行きます。以前から書き溜めていた事を文章にしました。 以前、男子ジョコビッチたちがグランドスラム(GS)の賞金が男女同額というのはおかしい。女子セリーナ等は、同額が当然、男女差別だ。そんな論戦が繰り広げられていた事を思い出しました。

今はトーナメントの事より、こんな事が頭に浮かんで来ます。

私は当然ジョコビッチ派。男女のレベルが違う、人気が違う、3セットマッチと5セットマッチでは時間や労力が違う等、様々出ていたと思います。まぁ、時間はあまり関係ないと私は思います。 観客がその試合の価値をどう見るかということに尽きると思います。どれだけのお金を出して観たいと思うか、どっちの試合を放映して欲しいか等、そういう観点で私自身は断然男子テニスです。

全世界の多数決が、どっちになるか想像は付きますが、そんな事を言っても話は平行線を辿るだけでしょう。

当時、男女、別の場所でやればいいじゃないか。という意見もあったかと記憶しています。確かにそうすれば、それぞれの大会の価値がハッキリするでしょう。そんな意見を聞いて、、それなら、スケジュールで分けたらどうかなと、当時思い浮かんだ事を書いてみようかと思い立ちました。

GSは、2週間あり、だいたいこんな感じ 1回戦:(日)、月・火 2回戦:水・木 3回戦:金・土 4回戦:日・月 QF :火・水 女子14:00(日本21:00) 男子16:00(日本23:00) SF :木(女子)・金(男子) F :土(女子)・日(男子) 今年の全仏の際に、備忘で書き残したものです。 1回戦を日・月・火で行う場合もあります。 ウィンブルドンは、ミドル・サンデーがありますので、大会ごとに少し違うと思います。

こんな風にしたらどうでしょうか? 月:1回戦(女子64試合) 火:1回戦(男子64試合) 水:2回戦(女子32試合) 木:2回戦(男子32試合) 金:3回戦(女子16試合) 土:3回戦(男子16試合) 日:4回戦(女子8試合) 月:4回戦(男子8試合) 火:QF(女子4試合) 水:QF(男子4試合) 木:SF(女子) 金:SF(男子) 土:F(女子) 日:F(男子) 忙しい筈なんですが、暇人ですねー。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【2017年10月】雑感;グランドスラム男女賞金同額?+フェデラーvsデルポトロ」へのコメント

Syarasoujuさん
賞金のことを本題にしながら、、
その様に伝わった方が沢山いらっしゃったかも知れませんね。
念の為、今回思いついて書いたことは、適正な賞金はどうかという事、プレーヤーが言うべき事かという事について書いたつもりです。そして、こんなスケジュールはどうかなと書きました。
最後に余計な事、蛇足ですかね。書いてしまったかもしれませんね。
日頃から、ITFはまだそうでもありませんが、特にATPにはそんな所が感じられ、書いて来ましたので、、
これは本筋からはずれますが、後、余計なテニスのイベントが増え、元々ハードなスケジュールの中頑張っている選手に更に負担をかけている事も

本題に戻りますが、GSの場合男女同額が適正、男女のレベル、又は価値に合わせ違った適正な額であるべき、これは答えが出ない問題かもしれませんね。
人それぞれ考え方が違って来ますかね。
それにしても、長文のコメントを頂き、本当にありがとうございました。
そんなコメントに対し、的を得た返事ができていない様にも思いますが、悪しからず。
後何度か読み返してみたいと思います。

【2017年10月】雑感;グランドスラム男女賞金同額?+フェデラーvsデルポトロ

すみません追加ですが

収入への貢献度がより高い選手がより多くもらうべきなら、賞金ではなく、テニスという興行をやって、注目度なりなんなりの指標で対価を支払うのもありですね。
野球とかがこういう形ですね。もちろん野球でも能力に応じて年俸は変化しますが、必ずしもそれだけではありません。例えば、過去にメジャーに挑戦した日本選手が、それによって得られるジャパンマネーも含めて高い年俸になってるという話があったようにです。
個人スポーツのテニスに馴染むかというと疑問ですが、ちょっとおもしろいかもしれませんね。

コメントのところで見ましたが、セリーナのコメントには確かに私も、ん?っと思いました。ちょっと論点がずれてるような感じです。まぁジョコのそもそもの発言が過激で性差別とも取れるようなものでしたが、ジョコには性差別の意識はそんななかったでしょうにね。


ここからはコメントの所を見ていて思った、データもない適当な考察です。それは、ひょっとするとチームスポーツじゃなく個人スポーツだと、応援の形態が違うので男子だけでプロスポーツをなりたたせるよりは男女ともに盛り上げる方が効率がよいのかなということです。
というのが、チームスポーツと個人スポーツでは観戦の仕方が少し違うと感じるからです。
偏見が入ってるかもしれませんが、チームスポーツの応援は、応援してみんなと盛り上がれることも楽しい要素であり、チームに対する愛着も持ちやすいように思います。一方個人スポーツは、インプレー中は静かにしてスポーツそのものに集中して楽しむ要素が比較的強いように思います。決してチームスポーツの応援には内容が関係ないと言ってるのではなく、比較的そう思うという話です。
これには、チームスポーツの場合、スケールが大きくなりやすいためダイナミックであり分かりやすいということ、選手との物理的距離が遠いので応援で騒ぎやすいこと、個人が引退してもチームが存在する限り継続して興味を持ち易いこと、などが影響していると思います。
つまり、個人スポーツの場合、内容の良し悪しがわかるようなファン、すなわちアマチュアでの経験者を増やすことがプロスポーツを盛り上げる上で、チームスポーツよりも重要になってくるのではないかということです(非経験者でもずっと見てれば内容の良し悪しはわかるようになりますがメジャーケースではないでしょう)。
アマチュアの経験者を増やすためには、男子だけでなく女子だけでなくプロスポーツを盛り上げることが非常に有効な手段であると考えられます。
重ねて言いますが適当な考察です。不快になる方がおられたら申し訳ありません。ちなみに私は野球も好きです。

【2017年10月】雑感;グランドスラム男女賞金同額?+フェデラーvsデルポトロ

賞金のことを本題にしながら、金儲けばかりに頭を奪われているようではというまとめはちょっと違和感を覚えます。というか文章後半で何を主張したいのかがあまりはっきりしないなぁと受け取ってしまいました。

そもそも、どうして男女の大会を分けてまでグランドスラムの賞金を変える必要があるのかという問題があります。
今の男子テニスのトップだけ見れば不公平感はあるでしょうが、それが今後ずっと続く保証はありません。プロ・アマ含めたテニス界の恒常的な繁栄を考える上では、今の形もそれなりに利があるように思います。こんな言い方はアレですがテニスあっての選手です。
また、グランドスラムで上位に上がるような選手は賞金よりもスポンサー料金が大きいものでしょう。ジョコビッチもそのようです。であれば、今更大会を分けて賞金を別に設定して金に汚いスポーツという印象をあたえる方が、テニス選手のブランド価値を低下させ、結果的に選手に損失を与える可能性もあります。なんならレーバーカップのようなもので稼ぐことだってできるわけです。下位の選手からすれば、そもそも別に開かれてる大会で賞金を得ているので、グランドスラムの賞金同額は関係ないですしね。

そのような選手のモチベーションとは全く別に、1人のテニスファンとして、最も大きな大会で男女同額というのは非常によくテニスの精神を表しているようで好ましく思います。マレーの言ったように、これは誇りに思っていいことではないでしょうか。

「雑感;グランドスラム男女賞金同額?+フェデラーvsデルポトロ」へのコメント

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり、すみません。
あの頃は女子の方が人気があったんですね。
賞金は、同額でもいいのかな、、と思いかけていたのですが、今や優勝賞金3億円の時代ですからね。
ジョコビッチ達が言いたくなるのもわかる気はします。
プレーレベルも随分違いますし、、
遊び心で始めた、問題提起ではありましたが、皆さんのいろんな意見を聞けてよかったです。
どうも、有難うございました。

こんな記事も読みたい

上海MS決勝の展望と楽天観戦記【サンチェス・ピスファン】

4強決定 フェデラー、ナダル、チリッチ、デルポトロが準決勝へ!(上海マスターズ2017)【0 to zeroのhorizon】

ベスト8の激突 上海ロレックス・マスターズ2017QF【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9639264

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss