"テニス"感覚観戦

【2017USOP総括】ナダル優勝おめでとう!アンダーソン・デルポトロの健闘を讃えたい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナダル。優勝おめでとう! サーフェスがどうだ、他のプレーヤーの方が、等と書いた私は本当に見る目がありません。私だけでなく多くの人がそう思っていた中、ナダルのテニス、ナダルの直向きなテニスが全てを蹴散らしてしまいました。 マレーが直前では無く、前もって欠場を決めていればフェデラーはボトムハーフだったのにとか、上位5人の欠場がなければ?錦織選手がこの大会に元気に出場していればどうなっていたのか?等とついつい思ってしまいますが、全く意味のない事です。

今回のグランドスラム(GS)も、どのGSも1年以上前から戦いは始まっていたんだなと改めて感じます。フェデラー、ナダルが昨年休んだ事も、ジョコビッチが昨年の全仏まで驚異の活躍をした事も、マレーが昨年終盤に驚異的な戦績を挙げたのも、錦織が昨年全米他沢山の大会で健闘した事も、オフの過ごし方も全てが、今回のGS、それぞれのGSの結果に繋がっているんだなと感じます。 そして結果はナダルの優勝。これが現実です。スポーツは結果、現実が全て、それだけが後世に残って行く事だと改めて感じます。

今回ナダルが獲ったGSタイトルは、今までの15のタイトルのどれと比べても見劣りするものではありません。それを成し遂げたのは他の誰でも無く、ナダルでした。 コート上のナダルは、他の誰にも入り込むいとまを与えないそんな雰囲気で、自分のテニスに没頭しているようでした。その姿が素晴らしく、大会が進むにつれNo.1ナダルが際立って行きました。 今大会の素晴らしいパフォーマンス:プレー内容と共に精神的な充実、みなぎる気力・気迫、これらも大会が始まる前、日頃からの練習や生活、すべでの面でテニスに対し一途に取り組むナダルだから現実のものに出来るのでしょう。

綺麗事という言葉はナダルには全く当てはまりません。自分の夢のために、勝ちたい。自分の思うプレーをしたい。そのために全力を尽くす。シンプルですね。 それを直向きに貫き通すナダルにとって、対戦相手を尊重するとか、フェアプレーをする、審判や観客、周りの全ての人々に礼儀正しい振る舞いをする。またこれに反する事はしない。そんな事もナダルにとっては全く関係ない。当然意識をしなくても身に付いている事でしょう。 勝負に徹するナダルの姿は自然と後進の若いプレーヤー達に背中で示している。 やはりフェデラーと共に素晴らしいレジェンドです。

今大会のデルポトロも頑張りました。全米のハードワークによる今後への影響がない事を祈ります。ティエム戦はどうして勝てたのでしょう。素晴らしい勝利なのですが、ティエムはなぜ負けたのでしょう?ほぼ勝利を手中にし、ほんの僅かな隙が出来た?デルポトロに対するほんの僅かな同情心が出た?そんなことはないと思いますが、ティエムにとっては悔が残る大会になったかもしれません。しかし、こんな事が大きな経験となり、更に成長して行くのでしょう。

デルポトロは、何と言ってもフェデラー戦の勝利ですね。フェデラーは序盤からフルセットの試合が続き、途中メディカルタイムアウト(MTO)とったりと本調子ではなかった様ですが、今回のデルポトロ戦の状況と無敵だったウィンブルドンとの違いは、私にはよくわかりません。 デルポトロの凄さを改めて感じました。今期後半戦のデルポトロにも注目ですね。故障無く元気に活躍してくれる事を祈ります。

決勝戦、ナダルは確かに凄かった。歴然とした実力差もあったでしょう。しかし、アンダーソンの姿勢には感服しました。準決勝カレノブスタ戦もそうです。序盤は、カレノブスタの方が実力上かと思いましたが、徐々に自分のペースに持って行き、勢いそのままに勝ちきりました。逆にカレノブスタも同じ様に諦めない精神力の強さで最後まで戦えたら、結果はどうなっていたか分からなかったでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「2017USOP総括 ナダル優勝おめでとう!アンダーソン・デルポトロの健闘を讃えたい!」へのコメント

現地の様子やテニス界の将来を危惧するコメント、参考になり、共感する面も多々あります。
ただ、言葉の使い方が気になりました。以前私がブログをあげた際、ある言葉がNGとなりアップする事が出来ませんでした。その内容は「私の様な ba ka(カタカナ)なファンが、、」このカタカナ2文字です。今回コメント主の言葉がよくひかからなかったなと思ったほどです。
私は自分が誹謗されていない内容でも、この様な言葉を読む事がイヤ、そんな人間です。どうぞよろしくお願いします。

2017USOP総括 ナダル優勝おめでとう!アンダーソン・デルポトロの健闘を讃えたい!

本大会、私は初めて現地に観戦に行った。
筆者はおめでとうと言っているが、、、無論ナダルにはおめでとう凄かったと言いたい。
が、本大会やはり休場が多すぎた。はっきり言ってクソ大会だった。
ただでさえTOP10選手があれだけ居ない状態では厳しいのに、マレーの不参加によりドローは崩壊。
フェデラーは「勝つより出場が心配だ」と腰をケアしてきた。マレーもそうすべきだった。例え本来のマレーじゃなくても。1日目と2日目だとボトムの日は本当に見る試合が無かった。女子の試合のほうが面白かった。
はっきり言ってアンダーソンの試合はちっとも詰まらない。サーブを打って2球位打ち合って終わり。
現にチケットは投げ売り状態だった。
全般、高速で打ち合ってくれた試合は殆どない。調子の良い若手やカレニョブスタが頑張った程度。
ナダルもフェデラーも3~4回戦なのに1回戦ですか?という内容。
唯一頑張ってくれたのはティエム、デルポトのみ。
確かにシャポバロフ、ルブレフは頑張ってくれたがやはり10代の選手。
ズベレフも5セット連戦のGSはまだ荷が重かったようだ。
本来居るはずのチリッチ、ディミドロフはあっさり敗退。体の調子悪かったのか、、、?
USシリーズなどと名付けて選手に毎週試合をやらせたツケだろう。

とにかくクソ大会になった。
まあしかし良くわかったのは恐ろしく興行としては儲かっているという事だ。
休日3日間の観客動員は物凄い。高いチケット、飲料、グッズ。
高額協賛金のスポンサー多数。
しかしながらこんな大会を続けていればテニス自体が廃れることも考えられるだろう。

「2017USOP総括 ナダル優勝おめでとう!アンダーソン・デルポトロの健闘を讃えたい!」へのコメント

ニューナダルというのは、私も少し言い過ぎかなと思います。
ただ他のプレーヤー同様、ナダルも今尚進化していると思っています。そういう意味では、shihsimaishiさんも同じなのでしょうね。
フェデラー、ナダル時代からジョコビッチの台頭があり、フェデラーもナダルも追いかけるマレーも自分のテニスを進化させて行ったと思います。錦織のテニスもこれらのプレーヤーのテニスを進化させた一因になっていると、、
しかし一番の要因は、仰る通り体調だと私も思います。今後も故障する事なく元気に活躍してほしいですね。

「2017USOP総括 ナダル優勝おめでとう!アンダーソン・デルポトロの健闘を讃えたい!」へのコメント

お久しぶりです。
コメント、ありがとうございます。
大会序盤のナダルはミスが少し目立ちましたが、後半は、特に決勝は完璧でしたね。サーブレシーブ、本当に凄かったです。
サーブも良かったと思います。感覚ですがフリーポイントも多かったのではないでしょうか。厚めに当てスピードのある重そうなサーブ、回転をかけセンターから更に切れて行くスライスサーブ、有効的なサーブが多かった印象です。まだまだ、練習を重ね進化していますね。

こんな記事も読みたい

JWO予選&練習見学 究極の至福 有明テニスの森 日本人選手達の魅力満載!海外勢の予選突破への思い!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

その瞬間を見届けたい ナダルの16回目のグランドスラム優勝 全米オープン2017【change-the-flow】

【USオープン2017 DAY14】燃え盛るテニスへの情熱を糧に、31歳ナダルが遂げた〈進化〉の証明【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9661349

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss