"テニス"感覚観戦

【2017USOP QF】ナダルか?デルポトロか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

《シードダウン一覧》()内はシード 1回戦 ジャックソック(13)、キリオス(14)、フェレール(21)、ガスケ(26)等

2回戦 Aズベレフ(4)、デミトロフ(7)、ツォンガ(8)、ベルディヒ(15)等

3回戦 チリッチ(5)、イスナー(10)、バウティスタアグート(11)等

4回戦 ティエム(6) シードダウンではないが下位シードに敗退:ゴフィン(9)、プイユ(16)

その他に、マレー、ジョコビッチ、ワウリンカ、錦織、ラオニッチの5名が欠場

結果、ベスト8に残ったのが、 ナダル(1) ルブレフ フェデラー(3) デルポトロ(24) クエリー(17) アンダーソン(28) カレーノブスタ(12) シュワルツマン(29)

ナダル、フェデラー、その次の上位シードは、ランキング19位のカレーノブスタ、ボトムハーフに残った4人の最上位。ボトムハーフではこの選手より上位のプレーヤーがみんなその前に散って行きました。

この状況は確かに異常です。しかし、今回のドローを見れば驚くほどの事ではないのかもしれません。

第3シード、実質第4シードを取ったAズベレフ、チリッチですが、怪我でランキングを落としている錦織・ラオニッチも含めるとそれまで上にいた5人がいない訳ですから、実質8〜9シードのプレーヤーと見る事が出来ます。この辺りのプレーヤーが10位以下のプレーヤーにシードダウンというのは起こりやすい事です。この辺りになって来ると、順位差ほどお互いの差は無く、実力は拮抗しています。今までのビッグ4+ワウリンカのような絶対的な存在ではありません。また、4位以下を守っていた錦織・ラオニッチ・ベルディヒ・フェレール等と比べても安定性を含め総合力でそのレベルに追い付いたとは言えないかもしれません。

錦織やラオニッチが元気になり、Aズベレフとの対戦を見てみたいものです。まあ、ズベレフは若いですからその頃には更に成長していると思いますが、、

さて、本命フェデラー、ナダル。今大会はサーフェス的にナダル・ティエムタイプでは無く、フェデラー・チリッチタイプ、若しくはAズベレフ(このプレーヤーは両方の要素を持つマレーのようなタイプだと思っています)を予想していました。

しかし、なんと風邪で調子を崩しながら勝ち上がって来たデルポトロがフェデラーに勝利しました。当然デルポトロもこのコートで最も実力を発揮出来るプレーヤーの1人ですが、まだそんなコンディションではないかなと思っていました。フェデラーのコンディション不良もあったとは思いますが、(私の目では殆ど分かりませんが)やはりGS(全米)を獲り、トップグループで活躍していたこのプレーヤーの潜在能力はビッグ4などに匹敵するという事でしょうか。

それと、ナダルの充実ぶり!他のプレーヤーを気にするそぶりも見せず、自身のプレーに打ち込む精神の充実、気力・気迫がみなぎっています。これがフェデラーに通用するか!?楽しみにしていましたが、準決勝の相手はデルポトロになりました。 事実上の決勝戦になるでしょう。 準々決勝の消耗が大きく、試合間の時間が少ないデルポトロは不利ですかね。本人も疲れている事を口にしていました。 ナダルでしょうか?

決勝はカレノブスタなら、ほぼナダル。 アンダーソンの場合、よもや、、があるかも知れないという気もします。ハードなトップハーフを戦い抜き、デルポトロ戦で大接戦でも演じ、疲労を引きずるようなことがあれば、、

ただそれよりは、デルポトロがナダルに勝つ可能性の方が高いと見るのが妥当ですね。対戦成績はナダルの8勝5敗ですが、ハードコートでは5勝5敗の五分、更にIW、マイアミ等の遅いコートが多く、高速ハードコートは、デルポトロがUSOPを取った2009年のカナダとUSOPの2回のみ、その2回はどちらもデルポトロが勝利しています。 デルポトロは強みのサーブ、フォアが素晴らしかったですが、バックハンドも良かったですね。試合後のインタビューで本人も言っていたようです。金曜日(日本では土曜)も楽しみですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「2017USOP の状況 ナダルか?デルポトロか?」へのコメント

ありがとうございます。
スケジュール、そうでしたよね。同じ時間にかぶる様な組み方をする訳ないですよね。いつもこんな調子で、お恥ずかしいです。
文章にもご配慮頂き有難うございます。
建設中の新しいルイアームストロングスタジアムをテレビで見ましたが、今年はこのスタジアムとグランドスタンドのどっちが第2コートなのかなというカードの組み方の様に見えます。
当然ルイアームストロングスタジアムが第2コートだと思いますが、選手や観客にとっては新しいグランドスタンドの方が良いのですかね。
来年は、新しいスタジアムでも観戦されれのでしょうね。羨ましい!

「2017USOP の状況 ナダルか?デルポトロか?」へのコメント

すみません。先程の私のコメント、時間割がトップとボトムが逆でしたね。

失礼しました。

「2017USOP の状況 ナダルか?デルポトロか?」へのコメント

ナダルが来るならアンダーソンの方がアップセット確率高し。同感です。今年のアカプルコOP決勝のナダルvsクエリー戦のイメージがよみがえります。デルポトロが来る場合は、体調不良の中の熱闘の連戦、しかもティエム、フェデラー、ナダルの強力3枚抜きですから、賞賛し切れないぐらい凄いわけですが、逆に、決勝のコンディションが心配です。ボトムからカレノブスタが来ても、これは
わからない感じがします。「事実上の決勝戦」の勝者が優勝出来ない、ちょっと残念なケースです。

あと試合開始時間ですが、アーサーアッシュでトップハーフが終わり次第、ボトムをやる時間割で、それぞれNot be before 16:00、Not before 17:30となっていますが、これは途中棄権も含めた最速パターンでもそれより早くは始めない旨の表示で、実際トップが3時間半掛かれば、ボトムは20時半スタートで4時間の差は出そうです。去年も同じ時間割でした。ワウリンカvs錦織戦も実際に始まるのは19時ぐらいかと踏み、金曜夕方の仕事帰りに急いで駆け付け、電車の中で、前の試合、ジョコビッチvsモンフィス戦があっさり終わらないよう祈っていたことを思い出します。

でも、仰るように、運営としてはこれがベストなのでしょうね。SFにアーサーアッシュ以外を使うことも考えれば2試合同時開催もあるでしょうが、テレビ放映含めた興行上も、コートを変えられる選手の立場からも難しそうですね。サッカーW杯の予選リーグ最終戦のように勝ち点や得失点差計算が絡むシステムでもないので、ひとまずは現状がベストチョイスかと。

4通りある決勝組み合わせ、掛け合わせの想像に思いが先走りますが、まずは目の前の準決勝が楽しみですね。

こんな記事も読みたい

今年の全米オープンの問題について、自分の思っていること【no title】

ダテック引退会見に行ってきました【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

【USオープン2017 DAY10】デル ポトロの完全復活なるか、フェデラーを破って次はナダル【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:329
  • 累計のページビュー:9639592

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss