"テニス"感覚観戦

【2017年8月】錦織選手今シーズン全休(右手首)過酷なテニスツアー、故障とメンタル、自国プレーヤーへのファン意識、純粋なテニスの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織選手が右手首の故障で、今期残りシーズンを全休する事になりました。 8月13日の練習中、サーブを打った際に「ポン」と音がしたと本人が言っていたとの事。尺側手根伸筋腱(しゃくそくしゅこんしんきんけん)の部分断裂。 想像しただけで、痛そうですね。大怪我になってしまいました。

今期は、既にワウリンカがウインブルドン1回戦敗退後、膝の故障の為、ジョコビッチもウインブルドンQFベルディヒ戦途中棄権した後、右肘の故障で残りのシーズン全休を発表しています。 昨年は、フェデラー、ナダルが長期離脱、マレーも昨年怒涛の後半戦を闘い抜き念願のトップ1になりましたが、そのツケが回って来たのか、今期は持病の腰の具合が良くならず、調子が上がりません。 かと思えば、Aズベレフのような若いプレーヤーの躍進がありますが、そのタイミングは、超トップを含むトップ10プレーヤーの不調と相混じり、どこまで本物か?(少々差し引いても、そのレベルは折り紙付き。どちらにしてもトップの器でしょう。)

調子を落とした選手達には、それぞれ異なる原因があると思います。体調面、燃え尽き、プレッシャー、個人的な問題等々、しかしどの選手も、過酷なツアースケジュールによる影響をもれなく受けています。

こんなツアーの状況にも拘らずIPTL(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)等というイベントを始めてしまい、プレーヤー達の数少ない貴重なオフ(調整期間)を奪ってしまいました。スポンサーとの関係が無ければ誰も出たいと思わないイベントではないでしょうか。報酬よりも、身体のリカバリーや休みが必要なトッププレーヤーになる程、その意味は薄れます。(課題となるプレーの改善等、当然練習や体づくりなどもあるでしょう。)

スポーツに出資するスポンサーとしての資質が足りないと言わざるを得ません。企業イメージ・商品イメージ等自社ブランドを高める為に、一流プレーヤーを集めたイベントを行う。さすが〝○○○○○〝という印象=一流ブランドというありがちなイメージ戦略だと思いますが、スポーツを応援するスポンサーとしては未熟。やはりテニスというスポーツのさらなる発展(若手育成等)や安定した運営等に寄与してこそ成熟した価値あるスポーツスポンサーと言えると思います。各プレーヤーのコンディションに配慮し、公式戦でトッププレーヤー達の質の高い試合が実現する様に配慮する事もビッグスポンサーになればなるほど、大事な役目だと思います。

この様なイベント、私の目には、お金に物を言わせ、トッププレーヤーの時間を奪っているだけとしか見えません。私にとって、この企業はイメージをダウンさせているだけ。

この様なスポンサー活動にNOの意思表示が出来るのはファンしかいませんね。

故障者の話に戻しますが、ジョコビッチとマレーには、燃え尽きの要素を強く感じます。念願の世界ランク1位、キャリアグランドスラム。ワウリンカも2人ほどではありませんが、昨年のUSオープン優勝後、それに似た状況だったかも知れません。また、双方ともに夢の実現までに、かなり長い間無理を重ねた勤続疲労がどっと吹き出した。これは、フェデラー、ナダルにも言える事でしょう。

そして、故障を引き起こし精神面にも大きな影響が出てしまった。ナダル、ジョコビッチは、この精神的なダメージが大きかった様に感じます。

錦織選手の場合は、どうでしょう? 後一歩で届かないトップとの差、届きそうな手応えを感じた矢先の故障、更に下からのあおりを受け、そのプレッシャーは想像を超えるものだったでしょう。 そんなプレッシャーから、焦りもあったでしょう。完全な回復を待たずに、試合を再開し、また再発させる。更に他の部位にも故障を引き起こす。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

杉田祐一がマスターズ8強の快挙! 強豪カチャノフを破る 次はディミトロフ(11位)戦(ウエスタン&サザンOP2017・3回戦)【0 to zeroのhorizon】

杉田祐一35位&USOPシード獲得なるか!ハチャノフ倒し8強入り!4強かけディミトロフとの大一番!シンシナティで人生かける!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

これこそが戦国! 北米地獄【ノータイトル!】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:524
  • 累計のページビュー:9501617

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss