"テニス"感覚観戦

【2017MSモントリオールF】ズベレフ、フェデラーを破りMS2勝! 【シンシナティ】錦織選手はドローより自分自身の状態で決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は寝坊をし、朝6時にテレビを点けました。ズベレフ1セット先取、十分あると予想していました。程なく、第2セットも先にブレークします。フェデラーのプレーに精彩がない感じもしますが、このセットの第2ゲームで3度のブレークポイント(この試合、フェデラーのブレークポイントはこの3回のみ)を取れず、沈んでいった様な展開でした。

ズベレフはやはり規格外、ハートも非常に強いものを持っています。気性が激しい面を窺うことが出来ますが、これは勝負の世界に生きるものにとっては、非常に大事な部分でもあるでしょう。

これで、錦織世代から下のプレーヤーの中で、1人、抜きに出ました。 トップ1になる日もそう遠くはないでしょう。

錦織選手は、ワシントンでこの若者に完封され、今回のMS2勝目でハッキリと先を越された事を自認せざるを得なくなったでしょう。 ティエムとも、今はランキングが逆転していますが、錦織選手は今、調子を落としていますので、まだまだ負けないという選手だと思います。 しかしズベレフについては、ハッキリと追い抜いて行くところを見せつけられたという思いです。

USオープン優勝候補筆頭でしょう。 ズベレフ時代の始まりかも知れません。 ジョコビッチやマレーもいずれ訪れる事という気持ちはあったと思いますが、予想以上に早過ぎたという印象ではないでしょうか。

<シンシナティ ドロー> シンシナティのドローを見た瞬間に感じたのは、良い時の錦織選手であれば優勝まで狙えるドローだなぁ。ナダルに対して勝てる可能性が1番高くなるのは、正に今、高速ハードコートシーズンだろう。又、ティエムに対しても同じことが言える。錦織選手はこの2人がいるトップハーフにに入りました。

このシーズン、頭一つ抜けているフェデラーとAズベレフの2人がボトムハーフ、トップハーフの錦織選手とは、決勝戦迄当たらず、決勝で当たる時の2人は、カナダの大会と合わせて、2週間で10試合目となり、体力的にはかなり錦織選手の方が有利になるだろう。

そんな事が先ず頭に浮かびましたが、錦織選手の現状はドロー云々では無く、自身のコンディション、又自分のテニスが出来るかどうかといった自分自身がどうかという事が一番大きな要素になりますね。

急に改善されるとは考えづらいですが、ほんのちょっとした事が復調のキッカケになる事もままあります。 SFナダル戦迄、なんとか3試合を勝ち進みながら、何らかのキッカケを掴んでくれる様ならいいのですが。

しかし、今期の状態のままですと、2大会連続初戦(2回戦)で、という悪い予感さえ起こりうるドローです。

先ず、初戦(2回戦)は最近調子を上げて来ているフェレール、素直ですがパワーがありハマると怖さもあるジョンソン、この2人の勝者となりますが、2回戦としては強豪ですね。

3回戦は、カレーノブスタ、Mズベレフ、ベルダスコ。最近よく当たるベルダスコか、んーん、それよりはミーシャズベレフが勝ち上がりそうな気がします。弟の活躍に触発され、今期はシングルでもずっと好調ですね。今年はミーシャにとって最も相性の悪いクレーコート(ジェノバ)で錦織選手が敗戦しています。

QFは、シード通りであればティエムです。ハーセ、マナリノはカナダで好調でしたが、ここはその3人よりも、今期好調、地元のクエリー辺りが上がって来る気がします。

SFは、多分ナダルだと思いますが、ナダルのドローもかなり大変です。初戦は多分ガスケ、怪我明け後調子を上げています。侮れません。 ナダルの対抗シードのツォンガもこのコートは得意だと思います。また、このツォンガの山に骨の折れそうなプレーヤーが揃っています。先ず1回戦のカードとしては勿体無いゴフィン・キリオス。お互いアンラッキーと思っているかもしれません。その他、好調アンダーソン、ビッグサーバーカルロビッチ。 それでも、ナダルが上がって来るでしょう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ズベレフ、フェデラーを破りMS2勝! 【シンシナティ】錦織選手はドローより自分自身の状態で決まる」へのコメント

tomy さん
いつもコメントを頂き有難うございます。
ズベレフは、ローマの時も、万全とは言えないジョコビッチとの決勝でした。ラッキーですね。しかし、実力も運も持ち合わせているという事ですかね。
ビック4+ワウリンカ達がハッキリしない状況の中、どこまで上がって行くでしょう?また、彼らが戻って来た時にズベレフとの力関係がどうなるのか?
今年は、ツアーの状況が読めませんね。

「ズベレフ、フェデラーを破りMS2勝! 【シンシナティ】錦織選手はドローより自分自身の状態で決まる」へのコメント

コメント、有り難うございます。
各所のオッズはおっしゃるようになるかもしれません。
私の感覚です。ズベレフは、今だけとても調子がいいという事ではないのと、今まで絶対的な存在だったビッグ4の絶対性がそうではなくなって来た今、全米タイトルに一番近い男がズベレフと感じています。
誰が優勝するか見守りましょう。

「ズベレフ、フェデラーを破りMS2勝! 【シンシナティ】錦織選手はドローより自分自身の状態で決まる」へのコメント

フェデラーはどうやら背中?かどこかに違和感があるようです。たとえ違和感があってもなんとか試合をまとめるフェデラーですが、あえてなにもしないで負けたようにみえました。棄権という選択肢もあったであろう中でズベレフの優勝にケチをつけないためなのか試合はこなしました。

全米をとるために悪化させたくなかったのかそれとも本当に故障なのかどちらかはまだわかりません。ドローはでているもののシンシもプレーするかは未定だそうです。今年のツアーはどうなるんでしょうね。元気なトップ選手が少なすぎます。

GSでの結果がトップになるには求められるもののそれが残せてない以上ズベレフ時代というのはまだ早計じゃないですかね。ビッグトーナメントでコンスタントに勝ち進めている印象もさほどありません。全米での結果と年末、来年位で長めに見る方がいいように思います。ただ上位陣が不調のなかで勝ちを掴む運は持っています。必要な要素ですね。

ズベレフ、フェデラーを破りMS2勝! 【シンシナティ】錦織選手はドローより自分自身の状態で決まる

ズベレフはUSオープン優勝候補の一人だとは思いますが、まだ"筆頭"ではないと思います。
ローマMSで優勝しましたが全仏オープンでは初戦敗退でしたし。今回のフェデラー戦も、ズベレフが凄い良かったというよりフェデラーが悪すぎました。。特に第2セットは今シーズンワーストといってもいい出来でした(どうやら背中の痛みがあったみたいなので仕方ないですけど)。

USオープンは、ナダルとフェデラーが万全な状態に仕上げてくると仮定するならば、この二人が最有力で対抗一番手がズベレフといったところでしょうか。

こんな記事も読みたい

フェデラーとA・ズベレフの今季2度目の頂上決戦のゆくえは ロジャーズ・カップ2017決勝【change-the-flow】

錦織の初戦はフェレール(33位)orジョンソン(35位)!(ウエスタン&サザンOP2017)【0 to zeroのhorizon】

大興奮!ついに錦織が待望の夢ドロー!シンシナティ大会でドロ沼から脱出必至!大会展望 錦織は心を整えられるか!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:329
  • 累計のページビュー:9639592

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss