"テニス"感覚観戦

【2017MS1000ローマ2R,3R】錦織選手、絶好調デルポトロに敗退 しかし全仏に向けコンディション良し!

このエントリーをはてなブックマークに追加

BNLイタリア国際(ローマ)、やはり一番気になる事はといえば、錦織選手の右手首がどんな状況なのかです。大会前から練習の中でとても状態が良いと聞いていましたが、先週のマドリードでは試合中に痛みも出ていた状況から中4日程度で治るものかな?そんな心配な心持ちでフェレール戦を見始めました。

序盤の錦織は、フォアを思い切って振り切れていない、フットワークも良くないかな、、先に仕掛けられて相手のボールコースを読めず反応出来ない。ドロップショット(DS)や、ダウンザライン(DTL)をネットにかけるミスも目立ちます。長いラリーを避け、攻め急いでいるのかな、、まだ右手首に不安があるのかな、、?

逆にフェレールは非常に気合いが入っています。先週のマドリードで錦織と対戦した時と比べると、別人の様です。球速、フットワーク、ボールの深さ、クロスもストレートもボールコースの厳しさが、マドリードの時と比べると随分違うと感じます。マドリードでは錦織が決めていた様なボールにも追い付き、更に厳しいボールを返し、ポイントして行くシーンが何度かあります。

フェレールがこのペースで最後まで闘う事が出来るかという事もありますが、これは厳しい試合になりそう。このペースで試合が進み、一段ギアを上げ手首に負担がかかるような事にならなければいいが、、

しかし、錦織選手は様子見をしていた様ですね。最近試合が少なかった為、試合感をつかもうとしていたのと、実戦での手首の具合を確かめながら抑えて入った。そんなところでしょうか?

第1セットは、フェレールがそんな調子だった為、ブレーク合戦になりますが、ミスが減って行き、要所のポイントを取って行く錦織がセットを取りました。ゲームカウント7–5、カウントは接戦でしたが、危ないと感じる程の雰囲気はありませんでした。中盤からは、いつでもブレークを取れそうな、そんなセットだったと感じます。

第2セットに入ると、相手のミスにも助けられと言っていましたが、それ以上に錦織の内容が良かったと感じます。フェレールも素晴らしいフットワークで錦織ペースから粘って押し返すラリーを随所に見せます。しかし、やはり大事なポイントを錦織がものにして行き、結果6–2、2ブレークアップで圧倒し、2–0のストレート勝利でした。

最初はフォアを打つ度に大丈夫かなと気になりましたが、大丈夫そうでしたね。気にする素振りも、思った程見せませんでした。マドリードの時に比べると、本当に随分良くなっている様に見えます。

1stのサーブスピードも、後半まで190km/h台は出ていました。 私が気になっていたフットワークも良かったです。ここという時の動きがやはり早かったです。やはり、故障の影響だったのでしょうか。激しく動いた末に繰り出すストロークは、余計に手首に負担がかかります。 また、押し込まれたボールをラケット面だけ合わせて返すバックバンド等も絶妙でした。 サービスAは3本とフェレールの5本より少なかったですが、フェレールがリターンを触るだけで返せないポイントが多かったです。 それに、早めのDTLや、ドロップショット等、展開が早く、相手を振り回していました。昨年はあのマレーでさえ振り回していました。本来の錦織らしいプレーが戻って来たんじゃないかなぁと感じます。

しかし錦織選手は、まだ課題は多いと言っていましたね。ショットの正確性の事を言っているのだと思いますが、試合が進むにつれどんどん良くなって行ったと思います。中4日くらいでこんなに良くなるものなんですかね。自身が言っていた通り、良くなって来ており、大事をとって試合を回避した。本当に回復をして来たのでしょうか。きっと、そうである事を祈ります。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【MS1000ローマ2R,3R】錦織選手、絶好調デルポトロに敗退 しかし全仏に向けコンディション良し!」へのコメント

すみません。
昨年のローマのポイントは大会前にロストしていますから、ズベレフ優勝でも逆転はありませんね。失礼しました。

「【MS1000ローマ2R,3R】錦織選手、絶好調デルポトロに敗退 しかし全仏に向けコンディション良し!」へのコメント

コメント、ありがとうございます。
もう少し状態・調子が上がって来ればデルポトロの様な相手にも何とか出来る、どこをどうすればいいんだろう?そんな気持ちで、書かせていただきましたが、、こうやって冷静なコメントを頂くと、確かにそんな試合だったと認めざるを得ませんね。
もう少し何とか出来なかったのか?その通り、私も感じました。
あのブレークを取れなかったか。タイブレークでのチャンスボールを決められなかったか。もう少し球を散らす事ができなかったか。
それでもいつか、その壁を越えてくれるんじゃないか。次の試合は又違った展開になるんじゃないかと期待を込めて観て行きたいと思います。
今までもトッププレーヤーに対し、決定力を見せた試合、勝負強さを見せた試合もあった訳です。今後そんな試合を増やして行けるか?どうでしょうね?最後まで見守って行きたいですね。

「【MS1000ローマ2R,3R】錦織選手、絶好調デルポトロに敗退 しかし全仏に向けコンディション良し!」へのコメント

こんにちは。
そうですね。全仏、錦織選手は9位、第8シードになると思います(ズブレフが優勝するとほんの少し逆転しますかね)。デルポトロは何位になるか分かりませんが、今期は又何度か当たりそうな気がしますね。
私も、お互いの状態や、準備の仕方により、結果は変わって来ると思っています。
しかし、21日開幕のジュネーブに出場する様ですが、どうですかね?GSの場合、MS程序盤から上位と当たらず、1〜2回戦はノーシードですから、そこら辺でペースをつかんで行けば良いのではないですかね。
コメント、ありがとうございました。

「【MS1000ローマ2R,3R】錦織選手、絶好調デルポトロに敗退 しかし全仏に向けコンディション良し!」へのコメント

デル・ポトロとの試合を見て、私は少し悲観的な感想を持ちました。錦織の状態は決して悪くなかったと思います。第1セット第1ゲームでいきなりブレークされる展開は、スロースターターの錦織の場合、決して珍しいことではありません。コート面の状態・球足・相手の戦略などに徐々に対応していき、逆に相手を追い詰めていくというのは、クレバーな錦織の勝ちパターンといえます。
しかし昨日はそうなりませんでした。第1セット第8ゲームでブレークバックしたときには、今日もいつもの勝ちパターンかなと思いました。しかし第1セット第10ゲームで、デュースからブレークしきれなかったあたりから、雲行きがあやしくなってきました。明らかに錦織のギアは上がってきているはずなのに取りきれない。逆に押し込まれる場面も多く見られました。
第2セットに入ると、デル・ポトロのプレーは精度をあげていきます。錦織も鋭いショットをたくさん繰り出して、決して悪いプレーではなかった、デル・ポトロもそこまでフォアのパワーショットが決まっていたわけではなかった(三本くらい?)のにもかかわらず、錦織は主導権を握ることができません。最後は200キロに達しないサービスによって4本取られてなすすべなくゲームセット。見ている側としては、もう少し足掻けなかったのかと、不完全燃焼感の残る試合となりました。
これと同じような展開をこれまでにも見たことがあります。そう、10連敗中のジョコビッチです。10連敗の中にはもちろんまったく歯が立たなかった試合も何回かありましたが、最近は「善戦」が目立つようになってきていました。それでも勝てない。善戦はするが勝てない。まるで決定力がない日本サッカーのようです。日本人の特性なのでしょうか。相手がトップレベルになると、その壁をどうしても打ち破れないようです。これはマスターズやグランドスラムを優勝する上では、とてもおおきな問題となって立ちはだかる気がします。

こんな記事も読みたい

錦織がメダリスト対決に敗れる…デルポトロは第2セット、アンフォーストエラー驚異の0本(BNLイタリア国際2017・3回戦)【0 to zeroのhorizon】

対決【Cord Baller】

イタリア国際2017 16強決定! 錦織は強敵デルポトロ戦! 不調マレーは早くもローマを去る…【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:10313
  • 累計のページビュー:9215079

(07月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss