"テニス"感覚観戦

【2017年4月】「今期序盤戦の状況」と錦織選手にとってポイントとなる「欧州クレーコートシーズンの展望」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先ずファンとしては一番気になる錦織選手のデータを下表に載せました。 昨年までのデータは年間データです。

20170403錦織データ

今期に入る前に、ここ数年の経緯を見ますと数字にも表れている様に、覚醒の年と言われる2014年の勝率が今でも最も高いです。特に目を引くのが対トップ10勝率52.6%!今年はまだワウリンカとの1試合だけで100%ですので比較になりません。

2014年はフェレール・ラオニッチに何勝かずつし、マイアミでフェデラー、USOPでワウリンカ・ジョコビッチ、ツアーファイナルでマレー、ナダル以外の殆どの上位から勝利を挙げました。唯一勝てなかったナダルにしてもマドリード決勝では、ほぼ勝利を収めた、と思うところまで行きました。上位対戦でも暴れましたが、決勝6回中、マドリード、USを除く500以下の大会は4回の決勝を全て取りました。上昇志向のみで怖いもの無しの状態だったのでしょう。あの年、私たちが興奮したわけです。

しかし、その2014年は高い勝率を誇っていますが、スタッツを見ると最高点の赤字が一つもありません。まだ荒削りだったのか、上位対戦が多かった事がスタッツデータに影響していたのかも知れません。しかし私は、勝負どころで強さを発揮していたと思っています。

逆に2015年以降のスタッツに赤字が集中しています。2015年は非常に高いスタッツデータになっていますが、下位に強く上位には勝てない年でした。そして昨年は上位にも勝ち、善戦もしました。トップ10の相手は殆どがトップ5でした。実力を証明した年だと思っています。 意外に2012年はリターンを中心に高いデータが残っていますが、サービスゲームが安定せず、勝ちに結びつける事が出来なかったという事でしょうか。またこの年はまだ対戦相手のレベルも今とは随分違ったでしょう。

今期はここまで15勝6敗、当時フェデラーは17位でしたので6大会全てで17位以下のプレーヤーに敗退という結果が残りました。250の2大会で決勝に進みましたが、優勝する事は出来ませんでした。あの2試合に勝っていれば、勝率は80%越えでした。優勝し敗戦数を減らす事がてき面に勝率に表れます。

表にはしてみたものの、今年はここまでの6大会で五体満足に戦えた事が殆ど無かった為、内容の分析が何処まで意味があるのかという気もします。1stの確率やBP数・BPコンバート率(BPをブレークに繋げた確率)等、幾つかは高い数字もありますが、、

初っ端のブリスベンから左臀部の故障でメディカルタイムアウト(MTO)をとり、デミトロフを称えるべきなのですが、結果決勝で敗退。全豪フェデラー戦で同じ所を再発させました。 ブエノスアイレスでは左ふくらはぎ、リオでも何かしら不具合があったと思います。 IWのソック戦では右肘。マイアミでは左膝と右手首、フォニーニ戦の前のデルボニス戦、良く踏ん張り盛り返しましたが、終盤かなり無理をしたでしょう。

この状況は、昨シーズン終了後、オフ期間の過ごし方に起因する所が大きいのではないでしょうか。更に言えば、昨年USOP後、課題を克服する為、ハードな追い込みをしたと聞いています。昨年はウインブルドンの前哨戦ハレで左脇腹を故障し、完全に癒えないままウインブルドン4回戦チリッチ戦で途中棄権する迄戦い抜き、「筋肉が切れるまで戦う」的な発言も出ていました。 その後も脇腹が癒え切らないまま夏の北米シーズン、カナダで決勝進出、オリンピック銅メダル、さすがにシンシナティではバテバテでした。さらにUSOPでは当時最強のマレーに勝利しSF進出まで勝ち上がりました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

拝啓 錦織圭様【akimizuブログ】

フェデラーとキリオスの死闘 マイアミ・オープン2017SF【change-the-flow】

キリオスvsフェデラーとゲームパワーの推移【たまにテニス】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9500158

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss