"テニス"感覚観戦

【2017IW ドロー】錦織選手、期待薄の中あっけなくMS初優勝しましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

インディアンウェルズ(IW)のドローをざっと流してみると、ラッキーなのか、アンラッキーなのか、シード順だけでは推し計れない今シーズンの状況を改めて認識させられます。

どう見ても、第2シードのジョコビッチの山が一番ハードに見えます。 この山の有力選手を見て行きますと、 3回戦(2戦目):デルポトロ(31) 4回戦:キリオス(15)・Aズベレフ(18) QF:ナダル(5)、フェデラー(9) SF:錦織(4)、チリッチ(6)、デミトロフ(13)

この山は、選手にとっては大変ですが私達ファンにとっては魅力的な対戦ばかりです。なんと4回戦でナダルvsフェデラーというドローです。QFでジョコビッチvsナダルとなれば非常に楽しみな対戦ですね。今の2人の力関係を見る事が出来るのではないでしょうか。

それにしても、今期は絶対的に強い選手がまだまだ不透明です。今までの実績、今期の調子、体調、年齢等で見て間違い無さそうなのはマレー1人だけではないでしょうか?

ジョコビッチは、昨シーズンの秋頃からずっと本来の成績を残せていません。今期の調子を見る限り、今後を楽観視する事は出来ないでしょう。

ワウリンカは、今期強い選手に勝ったといえばツォンガくらい、錦織、フェデラー、ジュムールに負けています。錦織、フェデラー共に調子が良かったですし、ワウリンカも調子は良さそうでしたが、今年も好不調の波が大きく読めないワウリンカが健在という所でしょう。

ラオニッチは、体調面に不安があります。

錦織は、ご存知の通り、2月の南米クレー大会で格下に敗れました。今期の敗戦はフェデラーも含め全員が格下です。

ナダル、フェデラーは復活して来ましたが、今後どこ迄続くのか、未だ分からないでしょう。ナダルは、体調・精神面、年齢的に見てもかなり活躍しそうな気配を感じます。テニスの内容を進化させようと、ポジションを前へ後へと取りながら、随分早い攻めを意識している様に見えます。 しかしこの点では、錦織やフェデラーの方が先駆者です。このテニスが上位にどこ迄通用するかは、これからでしょう。

その他、チリッチ、ツォンガ、ティエム、モンフィス、ゴファン、ベルディヒ、キリオス、プイユ等もいますが、インパクトを感じません。インパクトはあっても1年間通して活躍出来そうな安定感が感じられません。

強いて言えば、デミトロフですかね。昨年新しく迎えたコーチの事も含め、今年大化けしそうな気配を感じます。

錦織山にはそのデミトロフが入って来ました。QFではチリッチでは無くこの選手が上がって来るでしょう。ブリスベンの借りを返して欲しいものです。今大会、錦織選手にとって一番の山場になる様な気がします。この試合を取れば、先ずは2月の不調を払拭出来るのではないでしょうか。 しかし、ラオニッチ欠場のおかげで第4シード、ドローにも恵まれた様に見える錦織選手ですが、QF迄の道中も容易ではありません。

初戦の2回戦は、多分エバンス(ブラウンは技術も高く、トリッキー、思い切ったプレーを見せ、芝では別人の様に強くなりますが、やはり安定感に欠けます。)、エバンスを調子付かせないことが大事ですね。調子付くと手を付けられない選手になってしまう事があります。ハードなボールの打ち合いで気持ち良くストロークさせる様な展開にはしたくないです。

3回戦は、ミュラー。昨年のバーゼルでは、あわやという危ない試合でした。通算成績3–0ですが、今年はこんな選手に苦い敗戦を喫しています。

4回戦、プイユ。威力のあるサーブを持っていますし、パワーがあり、昨年の前半から中盤にかけ、勢いのまま急激にランキングを上げて来ました。テニス大国フランス選手という事もあり、小さい頃から勝つ為のテニスを叩き込まれて来たのではないでしょうか。しかし、今の調子はどうでしょう?昨年の後半よりは良くなった様に見えますが、まだ本来の実力を出せているとは言い難い状況でしょう。(クエリーを忘れていました!)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「錦織選手、期待薄の中あっけなくMS初優勝しましょう」へのコメント

コメントを頂いた皆様、ありがとうございました。
賛否両論、ご批判、ご支持、ご意見、激励の言葉、様々頂きました。
この様な意見をお持ちの方、また反応をする方がいらっしゃる事も、改めて今回よく分かりました。
その様な事も参考にし、今後も私なりの文章を載せ続けたいと考えています。

沢山コメントを頂きましたが、今回はこれで締め切りにしましょう。
今後ともよろしくお願いします。

未だにスポナビ+のシステムを把握し切れないのですが、今回頂いた4〜5件のコメントが消えました。ご自分で消されたのかどうか(そんな事が出来るのか)、分かりません。念の為申し上げますが、私自身は1件も消していません。

錦織選手、期待薄の中あっけなくMS初優勝しましょう

ukk_chu_renさん

ご無沙汰です。古参のukk_chu_renさんファンは分かっているので大丈夫だと思います。しかし、感じ方は人それぞれですし、気にされる方がいらっしゃるのも事実でしょうし、尊重すべきでしょう。ご存知の通り私も叩かれてばかりです。こんなとき錦織に対しては自分を信じて戦い抜けと檄を飛ばすところでしょうか。私も負けずに頑張ります。

「錦織選手、期待薄の中あっけなくMS初優勝しましょう」へのコメント

ブログ主さんが記事を書くのは相当に大変な事です。
ブログを書くのは個人の自由です。それに対して、議論ではなく否定したいだけなら、見なければいいのでは!?
そういったコメントは 他の読者からしても 非常に不愉快ですし、ブログ主さんに失礼です!!

フェデラーが格下、格上の議論なら自由でしょうが、現在の世界ランキングでは錦織の方が格上なのは、2017年の3月時点では事実です。
世界ランキングだけで考えれば、ナダルだって錦織の格下になります。BIG4とかは関係ありません。

ブログ主さん、今後も記事を楽しみにしています。私は応援していますので✨

西岡も3回戦進出しましたし、今日の夜中の錦織戦 期待しましょう🎵

錦織選手、期待薄の中あっけなくMS初優勝しましょう

横から失礼します。

>ランキング・シードを格と見るかどうか?かどうか?個人の持論とこれは違う気がします

このように書かれていますが直前に

という部分ですが、貴方が引用されたところは、ukk_chu_renさんが言われたことではなく、スポルティーバの記事を引用されたものですね。この文の「これは」は個人の持論とは違うと、言っています。「これは」というのは「ランキング・シードを格と見るかどうか?」という事に対してであって、「ランキング・シードを格と見る」という事ではないのです。

文章力がなくてややこしい書き方になってしまいすみません。

要はランキング=現在の実力であるという事です。それを格と呼ぶかどうかは個人の見解がわかれるところだということでしょう。格という言葉の捉え方の違いですね。

しかし、ランキングが客観的な数字であるのに対して格は個人の主観的な感情の部分も大きいということは自覚する必要があると思います。

こんな記事も読みたい

予選敗退の西岡が復活&即雪辱 次は身長差約40㎝・ビックサーバーと対戦!(BNPパリバ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

IW全ドローと先週の振り返りなど(17・3・10)【サンチェス・ピスファン】

錦織のマスターズ初制覇の可能性が広がるドロー!フェデラーvsナダルのレジェンドの再戦実現も?! ~2017インディアンウェルズ展望~【KEI ENERGY】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:5086
  • 累計のページビュー:9007150

(06月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  9. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss