"テニス"感覚観戦

【2017年1月】ブリスベン出場の意味?錦織チームに、どうしても再考して貰いたい「ツアースケジュール」

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末に錦織選手のツアースケジュールについて、私なりに思う事を書かせて頂きました。今回のブリスベンへの出場、それにこのトーナメントへの臨み方、ブリスベンに出場する目的は何処にあったのか? ブリスベンでポイントを獲得する為?GS全豪に向けて、同じ国・同じサーフェスの大会で身体を慣らし、試合勘を取り戻す為?どっちだったのでしょう。 今回の決勝戦は、デミトロフがとても調子が良く、粘り強かった為、この相手に、この試合で、全力で勝負して良いものかどうかという躊躇の様なものも、私には少し感じられました。

また、出場する以上全力で試合をするというのは当然の事と、お叱りを受けるかも知れませんが、私はそれだけではないと思っています。

今回の準優勝ポイント150ptから45pt(ロストポイント)を引き、105ptを上乗せし、昨年この週、優勝のラオニッチ・ワウリンカとの差を縮め、全豪後のトップ3に、より近着いた。 ただ、これは短いスパンの今を見て、前進したと言えるだけの事かも知れません。今期長い1年を考えた場合の、価値ある準優勝と言える様な未来になる事を祈ります。

錦織選手のオフは、IPTL、スポンサー対応、テレビ出演等、年々知名度が上がり、更に忙しくなっています。そんなスケジュールをこなし、すぐにマイアミでトレーニングや練習に入るパターンで、本当に身体をリフレッシュ出来るのでしょうか?しっかり身体を休めた上で、トレーニングや練習に入る事がベストの様に思います。

前期年間ランキング3位の称号を1つ下のライバル、ラオニッチに持って行かれました。 この大きな要因は2つ、①GS:全仏・全英にコンディションを合わせられなかった事、②故障・疲労の為、芝シーズンと東京以降の後半に失速した事、いずれもスケジューリングに起因する事ではないかと思います。

昨年東京以降の後半では獲得ポイント635ptに留まりました。東京の45ptは無くても年間ポイントに影響は無かったので、実質590pt。元気に、自分に合ったスケジュールの中で戦えば、東京:優勝500pt、上海:QF180pt、パリ:SF360pt、WTF:2勝400pt、計1,440pt→年間ポイント5,710pt:年間ランキング3位、今の錦織選手にとってそれほど無理な内容では無いと思います。 昨年は全米の後、公式戦はデ杯のダブルス1試合のみ、東京まで3週間ありました。この期間に激しいトレーニングと練習をしたのでしょう。私にはそれが東京での怪我を招いたとしか考えられません。その3週間の間に1週間、5日間でもいいので純粋に身体を休める時間を作って欲しかったと思います。

何度も書いて恐縮ですが、2014全米前に足親指嚢胞摘出手術で3週間休み、少なくとも2週間は動けず、純粋に身体を休めたでしょう。その事が、全米でマラソンマンと言われる程の活躍に繋がり、その後マレーシア・東京2週連続優勝、この年、全米後の後半戦で1,520ptを獲得する事に繋がったと思います。

特に、「クレーシーズンの後」、「芝シーズンの後」、「北米ハードコートシーズンの後」にきっちり身体を休めて欲しいと願います。ウィンブルドンの前哨戦等をスキップすれば全て3週間は準備期間を取れる筈です。 また、「マイアミ後クレーシーズン迄の間」も、多分デ杯QF出場は難しいでしょうから、3週間は空くと思いますので、ここもしっかり休んだ上で練習に入ってもらいたいです。

今の錦織選手は、コンディションさえ良ければどんな相手にも通用すると思えるから余計にそう感じます。ここまでの実力を付けて来たからこそ、今期からは、そんな風にしても良いのではないかと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
スケジュール

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ブリスベン出場の意味?錦織チームに、どうしても再考して貰いたい「ツアースケジュール」」へのコメント

コメント有難うございます。

相手にアングルが効いたショットを打たせない為にセンターに集めたり、相手のクロスをクロスで返したりしているものと思っていたのですが、ご指摘の点にも注意して見てみたいと思います。

「ブリスベン出場の意味?錦織チームに、どうしても再考して貰いたい「ツアースケジュール」」へのコメント

いつも読んで頂き有難うございます。
昨日のインタビューは聞いていませんでした。教えて頂き有難うございます。
いつも未熟な考えや感想を書かせていただいていますが、錦織選手の意志、考えを一番に支持し応援して行きます。
しかし、また、こうして欲しいなと思う事も書かせて頂くと思います。
今後ともよろしくお願いします。

返球

錦織選手の技量は既にトップ3クラスに並んでいると思います。唯一課題を挙げれば、返球の多くが相手の打ちやすいポジションに集まってしまうことです。それが改善されれば、それまで優勢に進めていたラリーで逆転されることはなくなるでしょう。ブリスベンのファイナルは正にその弱点を突かれた敗戦でした。

ブリスベン出場の意味?錦織チームに、どうしても再考して貰いたい「ツアースケジュール」

はじめまして
いつも貴殿のブログを拝見させていただいております。

表記の件ですが、その必要性を本人が発言していたのでお伝えします。

昨日のNHKニュース(NW9かチェック23)でインタビューが流されておりました。
曰く、
「全豪は、グランドスラムの中では、前哨戦が1つしかないので、他とは異なる」
だそうです。本人としては、ブリスベン出場の必要性を示唆した発言だと思います。

こんな記事も読みたい

先週の3大会とエントリーランキング(2017/1/9)【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

今週の2大会とランキング(17・1・10)【サンチェス・ピスファン】

伊達公子と杉山愛と沢松奈生子と錦織圭の関係を考える。【女子テニスも熱い】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9659354

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss