"テニス"感覚観戦

【2016年11月】今期の錦織選手、及びATPツアーの状況(勝率・スタッツ編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今期の状況について、勝率やスタッツに私の偏った感想を加えて、振り返ってみます。 (スマホの方は横画面でご覧ください。)

201611錦織データ

まず、錦織選手のデータですが、ただ数字だけの比較をすると、この様な形になっていますが、本当の所は中身を見ないと分からないものです。皆さんもお気づきの事と思いますが、昨年と比べれば対戦相手の状況が全く違います。トップ5との対戦、強豪との対戦が多い中での実績数字です。後程、それがどんな対戦内容だったか触れますが、私は、今期の錦織選手は素晴らしい活躍だったと思います。

先にその最たるところから行きます。 「対トップ10」の状況、ここ3年、またキャリアデータよりも今期は低い勝率になっています。しかし、その中身を見て行くと、状況がはっきり見えて来ます。 今期の対戦が全部で18戦、内トップ5が16試合、6〜10位はたった2試合。昨年は、16戦中トップ5が6試合、6〜10位が10試合と、全く内容が違います。

《今期対トップ10》 5勝13敗 「トップ5」:4勝12敗 ・マレー1勝3敗 ・ジョコビッチ0勝6敗 ・ワウリンカ2勝1敗 ・ナダル1勝2敗 「6〜10位」:1勝1敗 ・ツォンガ1勝0敗 ・チリッチ0勝1敗

《昨年トップ10》 6勝10敗 「トップ5」:0勝6敗 ・ジョコビッチ0勝2敗 ・フェデラー0勝1敗 ・マレー0勝2敗 ・ワウリンカ0勝1敗 「6〜10位」:6勝4敗 ・ラオニッチ1勝1敗 ・フェレール2勝1敗 ・チリッチ1勝0敗 ・アンダーソン0勝1敗 ・ガスケ0勝1敗 ・ベルディヒ1勝1敗 ・ナダル1勝1敗

トップ5と16回当たるという事は、ランキング4〜7位辺りにいた錦織選手が毎回の様に上まで勝ち上がっていたという事ですね。それだけでも凄い事です。昨年はそこまで勝ち上がれない大会が多かったという事です。 そして今期トップ5から、4勝、昨年は1度も勝利が有りませんでした。また今期の敗戦の中には、マレーとのデ杯・全米(これは勝ちました)・ツアーファイナル、ジョコビッチとのローマ等、非常に肉薄していた接戦も多かったです。 錦織選手が如何に実力の底上げをしたかという事が如実に表われていますね。

では、表の順に見て行きます。 全体の勝率で見ると、ここ3年間で最低の勝率になっています。しかし、GS、MSの勝率は、今までで最高の勝率を上げました。ですのでATP500以下の大会での成績による所が大きいです。特に500の大会、アカプルコ(2R敗退;昨年準優勝)、バルセロナ(準優勝;昨年優勝)、ハレ(2R棄権;昨年SF途中棄権)、ワシントン(回避;昨年優勝)、東京(2R途中棄権;昨年SF)、バーゼル(準優勝;昨年回避)。このグレードでは第1第2シードの錦織選手としては、寂しい結果になりました。ほぼ全試合で昨年の方が良かったです。ワシントンの穴を、他の試合でカバーしたい所でしたが、思うようには進みませんでした。 但し、他にも大きな要因があります。優勝回数ですが、今期1勝、前年3勝、一昨年4勝、優勝が少なかった事が勝率に大きく影響しました。優勝の場合、負け数が0になる為、勝率に大きく影響します。それと、通常の大会では、優勝出来ない場合1敗だけで済むところ、ツアーファイナルでは、1勝3敗、幸運にも決勝トーナメントに進めた為に3敗まで喫する事になってしまいました。この事が実態以上に勝率の数字が下がった要因です。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
TOP10
2016
スタッツ
勝率
ATPツアーの状況

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

年末最終ランキングと来シーズンに向けて【気ままにスポーツ日記】

錦織の今後のスケジュール…12/2~IPTL2016・日本大会、2017年1/1~ブリスベン国際【0 to zeroのhorizon】

錦織圭の2016年にまつわる数字を見てみる【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:4588
  • 累計のページビュー:9657202

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss