"テニス"感覚観戦

【2016東京;ドロー前】いよいよ始まる後半戦、錦織選手トップ3を狙おう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、私が日頃思い巡らせている妄想振りをそのまま書いてしまいました。(勝手にやってろーの類になっています。アシカラズゴヨウシャ下さい。)

まずは先週、ズベレフがベルディヒ、ワウリンカを破って初優勝、ランキング24位。プイユもゴファン、ティエムを破って初優勝、ランキング16位、それぞれにランキングを上げ、若手の活躍が目立ちます。この2人もどこまで上がって来るか楽しみであり、驚異になって来るかも知れません。

来週から、楽天ジャパンオープンが始まります!

優勝賞金は北京の半分以下という事ですが、強豪選手が揃いました。ランキング以上に危ないプレーヤーがエントリーして来たなという印象を受けます。

《シード選手》 1.ワウリンカ(3) 2.錦織(5) 3.モンフィス(8) 4.ベルディヒ(9) 5.チリッチ(11) 6.ゴファン(14) 7.キリオス(15) 8.カルロビッチ(20) (楽天オープンのHP、9/23付出場者を今週のランキング順に並べました。確定では無いと思います。)

シード選手外には、Fロペス、アンダーソン、クリザン、シモン、ペア、ソウザ、ミュラー、ティプサレビッチ、バグダティス、ベルダスコ、ベセリーまだ他にも調子が良ければ侮れない大物食い、爆発力のある選手、往年の実力者等、手強い選手が名を連ねています。 しかし、今の錦織選手であれば、まず問題無くクリアして行けるでしょう。

今回のドローは32、シード選手も1回戦から決勝までの5試合を戦わなければなりません。 3試合目に来るQFでは、早速チリッチ、キリオスの可能性があります。特に芝シーズン以降好調のチリッチはイヤな相手です。対戦成績は7勝4敗と錦織選手が勝ち越していますが、どっちのチリッチが出て来るかによって、全く違う試合になってしまいます。手が付けられない方の好調チリッチが出て来ると大変ですね。 しかし、錦織選手はそんなチリッチに対しても、サーブコースを読み、リターンゲームでプレッシャーをかけ、試合を作って行ける所を見せて欲しいものです。 今回はATP500の大会ですので、マンモスチリッチは出て来ないかも知れませんね。対錦織の4勝は、錦織選手がまだ10代で初出場したインディアンウェルズMS、今年のウィンブルドン(錦織リタイア)と、USオープンが2回です。全てGS、MS。500以下の大会で錦織選手に勝った事はない様です。今回は当たったとしても大丈夫そうですかね。

ベルディヒには、負ける気がしません。体格にも恵まれ、サーブを始め素晴らしい要素を兼ね備えながら、何でしょうか?勝つ為のテニスという意味で錦織選手の方が徹底しているという事でしょうか?ゲームの組み立て?気迫?勝負強さ?イメージ的にはそこら辺でしょうか。

モンフィスとの対戦となれば、また激しい試合になりそうです。マイアミでの死闘が思い返されますが、今回の東京はそこそこ速目のサーフェスという事もありますから、あの時程の苦労をせず勝ち切れるのではないかと思います。しかし、かなりの消耗戦になる事は避けられないでしょう。 その後の、ワウリンカ戦を考えると、SFでモンフィスと当たるのは、出来れば避けたい所です。 東京の決勝に影響するばかりで無く、その次の週に始まるMS上海にも影響が出そうです。”モンフィスの呪縛”、当ブロガーの中でも仰っていた方がいましたが、これにハマらない様に、通り過ぎて欲しいものです。

ベルディヒか、モンフィスのSFをクリアすると決勝ワウリンカ戦という事になりますが、トロント、全米の対戦を見る限り、可能性は十分にあると思います。トロントで勝利し、全米では負けましたが、体力面での要因が無ければどうなっていたか分からない試合でした。優勝して欲しいですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「いよいよ東京から始まる後半戦、錦織選手トップ3を狙おう!」へのコメント

コメンテーター ヒデキリ様

各所でコメントを拝見しています。
私宛にも、よくいただいており、張り合いになっています。ありがとうございます。

そうですね。錦織選手はいよいよピークの時期に入っている様に思います。
一年々々、今年決めるという気持ちで臨んで欲しいと思いますね。

それにしても、テレビで観るあの観客の空席、なんとかなりませんかね。

いよいよ東京から始まる後半戦、錦織選手トップ3を狙おう!

錦織選手に関する妄想を楽しく読ませていただきました。
筆者の言われるように、北京よりも人気があるように思います。モンフィスは、日本語を話せるようになりたいと思っているようで、親日家のようです。錦織選手にとって、ツアーファイナルに向けてのラストスパートですね。これについては全く同感です。ただ、錦織陣営の最大の目標は、GSを取るための位置取りではないかと思うのです。2017全豪では第4シード、それ以降はMS、GSを含めて第3シード以内を確保すること、これによって2017年のGS獲得の道が開き、ランキング1位の道筋が見えるのではないかと思うのです。2014年から3年計画の最終年である2016年は、次の年へのエネルギーを蓄積させる1年と位置づけているような気がします。
何にしても、楽天ジャパンオープンのチケットを手に入れた方が、本当に羨ましいですね。

こんな記事も読みたい

硬式庭球部・関東大学テニスリーグ1部2部入替戦 対専大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

試合の流れ(モメンタム)について考えてみる【女子テニスも熱い】

40代のクルムと伊達と10代のズベレフと【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:408
  • 累計のページビュー:9568413

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss