"テニス"感覚観戦

【2016リオオリンピック】世界に強いインパクトを与えた錦織選手、銅メダルおめでとう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マレー戦と何故ここまで違ったのでしょうか? 今日は、錦織選手が昨日のマレー役でした。

第1セット、錦織選手は、バック、フォアのダウンザライン(DTL)を多用し、決めに行く感じでは無く深く入れて行くボールと、決めに行くボール、どちらも効果的です。ここまでバック・フォア共にストレートを多用し、アグレッシブな錦織選手は、久しぶりというか、ここまでストレートを多用する錦織選手は初めてかなと思うほどでした。ストレートボールは攻めの一手になりますが、逆に大きなリスクを伴います。相手に追いつかれると、自陣に大きなオープンスペースが出来てしまい、コートの外へ逃げて行くクロスを打たれると致命傷になります。相手にとっては絶好のチャンスボールになる事があります。その為、通常ではストレートボールをここまで多用する事は、まず無いと思います。しかし、錦織選手がコート深くに打つ事でナダルはなかなかチャンスボールに出来ません。また、錦織選手は動きがとても良いです。 ナダルも、フォアの逆クロスが冴えており随所に良いショットを見せていますが、全体的には錦織選手が有利に進めています。

第4ゲーム、錦織はやはり1stサーブが入りません。2/9、22%とほとんど入っていない感じです。 私には、トスとサーブスイングが合っていない。トスからヒットポイントに落ちてくるボールに対し、スイングのタイミングが少し早い為、スイングの途中で一拍タイミングを待って打っている様に見えます。そして、1stをフォルト。しかし、2ndからポイントして行けますので、ナダルに対し難なくキープして行きます。ここは、今のマレーには通用しないでしょう。

第5ゲーム、ナダルのドロップショットに対し、深いボールで返しポイント。バックハンドDTLのリターンエース。有利なラリーからナダルがサイドアウト。あっという間に0-40。1つ目のブレークポイント(BP)は、ラリーからフォアのDTLをミスしますが、2度目は、錦織の浅めのリターンに対し、ナダルが前に詰めスピンボール、錦織はこれを上手くロブで決め、ブレーク!3-2。

第6ゲーム、トスが合っていないと思っていたサーブでしたが、良くなってきました。エースも出て!4-2。

第7ゲーム、基本的にはナダルのバックを攻める錦織ですが、フォア側でも深いボールでナダルのミスを誘います。バックDTLリターンエースも綺麗に決めていきます。15-40。ナダルもフォアのDTLを決めジュースになります。しかし、サーブの確率が良いナダルがここでダブルフォルト(DF)。錦織はアドバンテージを握りますがリターンが僅かにサイドアウト。しかし、その次のポイントは3球目をバックDTLで決め2度目のBP、錦織はリターンでフォアに回り込みますが、逆を突かれエースを取られます。 その次はミスヒットがラインギリギリに入り、ストローク戦を制し、3度目のBP。 錦織、リターンを深く返し、返って来たボールをDS、ナダルはなんとか届きますが、ネット。ブレーク!2ブレークアップ、5-2。 錦織サービングフォーザセット(SFS)。 サーブ&ボレー、パッシング、サービスエース、40-15からクロスラリーの打ち合いをウィナーで決め、ゲームキープ。 第1セット、6−2。 1stサーブが入りませんでしたが、ラリーを支配し、2ブレーク、錦織選手が圧倒したセットでした。

解説者の方の話で、最近の錦織選手は、ガットテンション39-37ポンド辺りだが、42-40で依頼したという内容だったとおもいます。このガットテンション、以前にも失敗していますのであまり書きたくないのですが、聞き間違いましたかね。そんなに緩く張っているのですかね。これが本当だとすると、どういう事ですか?私の感覚では、緩く張ると、それ程力を入れなくてもスピードボールを打てる。しかし、飛びすぎて加減が難しくアウトにし易い。スピンがかかりにくい。と思って来ました。そこから連想したのが、脇腹の故障がまだ癒えていない為、ボール操作は難しくなるが、あまり力を入れずにプレーできる様にしているのかな? それとも、コートが遅い為、カウンターを利用して早く相手コートに返す事が困難になる。だからそんなテンションにしているのか? 私としては、大真面目に書いています(夢想しています)が、的外れになっている可能性大です。ちょっと気になったのです。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「世界に強いインパクトを与えた錦織選手、銅メダルおめでとう!」へのコメント

コメントありがとうございます。

その様ですね。センターコートのプレーヤーが使う所へ連れて行ったとか。
この大会スタッフは、自分の役割の重要さを理解しているのでしょうか。緊張感が足りないのでは?と思ってしまいますね。
確かにこういう事が勝負の綾になる事はありますよね。
でも、プレーヤー達にとっては、様々なケースを経験し、お互い様というか、そんな時に動じず実力を出せる者が強者という事でしょうね。

世界に強いインパクトを与えた錦織選手、銅メダルおめでとう!

こんばんは。

トイレットブレイクに時間がかかったのは、遠いトイレに誘導されたからのようです。昨日の「ひるおび」で言ってました。試合後のプレカンでも圭くん本人が遠かったと言っているようです。ファンサイトでプレカンの文(英語)を紹介してくださっています。

なんか、このトイレットブレイクが長かったことでナダルさんが負けたというような論調が多くてまいります。その時にいらっときてもそれでどうこうなるような選手ならBIG4なわけないでしょうに。

貴殿は疑問にとどめて、その事が勝敗のポイントというような書き方をしていらっしゃらないのでうれしいです。

こんな記事も読みたい

QFでマレーと対戦する錦織圭 シンシナティでこの山はプラスだ!最初の2試合は得意の相手ばかり!イケるぞ錦織【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

WTAにおける容姿という重要な要素について【女子テニスも熱い】

快挙という言葉では足りない、96年ぶりの偉業!【スコッチを片手に】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:7393
  • 累計のページビュー:8725614

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  9. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss