"テニス"感覚観戦

【2016年7月】トップ10:今期の状況Ⅱ(ウィンブルドン迄)

このエントリーをはてなブックマークに追加

書き始めてから随分時間が経ってしまいました。来週からトロントの大会が始まる様なタイミングになってしまいました。最近のツアーの情報も殆ど分からない状況です。

トップ選手達の今期とキャリアのデータ比較から、各選手が今年はどんな状態なのか見て行きたいと思います。チリッチ辺りも入れたいところですが、スペースや私の息切れ感からトップ10迄とさせて頂きます。

20160711YTDスタッツ

20160711キャリアスタッツ

ティエムの試合数が異常です。出場する大会数が多く、どの大会も上位進出(決勝5回)していますから、とんでもない事になっています。本当にタフな選手ですね。 今後は、MS、GSで上位の厳しい相手と対戦しながら、連戦をこなして行く中で結果を残して行く事が、課題になって行くでしょう。500以下の大会は6試合プラス1~2試合で十分でしょう。

勝率は、やはりジョコビッチの独壇場になっています。 ウィンブルドンの早期敗退は、過酷で永遠に続くと思わせられるツアーの中で、如何にモチベーションを保ち続けることが困難かという事を思い知らされました。トロントから再開されるツアーには、心身共にどんな状態で入って来るでしょうか。

芝のシーズンだけはマレーが出場2大会を優勝し、勝率100%で通過しました。同じ大会に出場したラオニッチが、2大会ともに決勝同カード、準優勝で大きく躍進しました。

この芝シーズンの状況として、結果的には予測の範囲内だったのではないでしょうか。私の予想は、ジョコビッチ、マレー、ラオニッチ、キリオスでした。最初マレーを1番に挙げながら、1番をジョコビッチに変えてしまいました。キリオスのポテンシャルを買ったのですが、今回は逆の悪い方が出てしまいました。テニスを楽しいと思った事はない、なんてこの人は、こんな言葉が出て来る事がありますが、大体試合に負けたり調子の悪い時です。多分そんな状況の時に負け惜しみじゃないですけど、心にも無い言葉を口にしてしまう人なのかなと思って見ていますが。ジョコビッチは予想外。ラオニッチはやはり来ましたね。しかし、ジョコビッチの敗退、フェデラー、錦織らのコンディション不良等、ラッキーな面もありました。

この後、錦織選手が真価を見せるシーズンに入ります。実力もラッキーも含めて、大きな結果を出してくれるかなと、今からとても楽しみです。

タイトル数は、記録的にはジョコビッチが決勝7回中6回優勝、マレーが決勝6回中3回優勝、ティエムが5回中4回優勝、ジョコビッチはGS2勝、MS3勝、ドーハ2501勝。マレーはGS1勝、MS1勝、500を1勝、準優勝はGS2回、MS1回、全てジョコビッチ戦。ティエムは250を3勝、500を1勝。比較は出来ません。 錦織やラオニッチとも、このような点がまだ少し違うところですね。しかし、ティエムの無尽蔵の体力と、怪我をしない強い体は、今の過密なツアースケジュールと照らし合わせると、とても大きな武器を持っているという事になりますね。

サービスはジョコビッチ・ラオニッチのエースが減り、1stの確率が上がっています。錦織選手も比較的にその部類に入ります。 マレーは、サービス部門が飛躍的に良くなっていますね。エースの本数が増えているにも関わらず、1stの確率が58%から62%へ、サービスゲーム獲得率が82%から86%へ、この4%は大きいですね。ポイント獲得率も上がっています。 リターンゲームはジョコビッチ、ナダル、錦織、ラオニッチ、ティエムの数字が上がっています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
スタッツ編
ツアーの状況

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「トップ10:今期の状況Ⅱ(ウィンブルドン迄)」へのコメント

mynfitさん
いやー、本当に同じ気持ちですね。
まだ、痛みがあると言っていますね。
それでも出るのでしょう。
個人的には、カナダを休んで、リオは出たとしても、無理はせず調整の大会にして欲しいと思っています。
そして、シンシナティから本戦モードで臨んで欲しいと、、。
でも、きっと戦いを始めるのでしょうね。
全米をコンディション万全で臨んで欲しいと思います。
こんなファンの思いを裏切って、活躍してくれる事を祈っています。

「トップ10:今期の状況Ⅱ(ウィンブルドン迄)」へのコメント

毎度楽しみに見ています。

錦織はトロント出場出来ますかねー?
マレー、フェデラー、ナダルがいないなか、結果を残して欲しいですが…
ウインブルドンに続き、ラオニッチの躍進になってしまうのか…

無理はして欲しくないですが、そろそろマスターズのタイトルが欲しいところです
(^-^)

こんな記事も読みたい

WTAレジェンドプレイヤーの引退後について【女子テニスも熱い】

錦織、プロ10年目の夏は、過密スケジュールとの戦い! リオ五輪では、約1世紀ぶりのメダルを目指す!【0 to zeroのhorizon】

ランキングと今週の4大会(16・7・19)【サンチェス・ピスファン】

ブロガープロフィール

profile-iconukk_chu_ren

テニスは、大学から7〜8年プレー、数年のブランク後、今も楽しくやっています。観戦は、ボルグ・コナーズ・マッケンロー→レンドルの頃から、今は、WOWOW、GAORAで見られる限り観ています。頑張れ!錦織選手。
  • 昨日のページビュー:505
  • 累計のページビュー:9704818

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2016ローマR16】荒れ模様のローマ、錦織選手チャンスか!?でも怪我に注意!
  2. ★【2015年9月】今期の錦織選手;「これまでの状況」と「今後(年内)の展望」
  3. ★トッププレーヤーの興味深い特徴 vol.3 錦織 圭【2015年7月】
  4. ★【2016全仏ドロー前】大会予想 +錦織のプレー態度・記事の多さ?
  5. 【2016全米QF】錦織選手、QF史上最大の難関マレーを下す!!蝶々も味方?
  6. 【2016MSマイアミQF】"錦織vsモンフィス"今期最高マッチ!錦織選手は何処まで行くのか!?
  7. 【2016MSマイアミF】ジョコビッチ戦、敗退。錦織選手の左膝の状況が心配。
  8. ★【2016年6月】錦織選手のプレー態度?テニスのマナーと勝負の世界
  9. 【2016バルセロナ決勝】ナダルは想像以上だった!錦織選手には大きな意味のある1敗!
  10. 【2015MSカナダ】錦織選手、ゴファン戦勝利!絶好のチャンス到来か!?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss