スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2017年12月

サッカーライターもアテにならなくなってきた

 来年はサッカーW杯ロシア大会が開催されヴァイド・ハリルホジ ッチ監督率いる日本代表はグループHに入り、コロンビア・セネガ ル・ポーランドの順番での対戦が決まっているのだが何とも悲観的 な論調しか載ってないのが現状だ。  最大の理由はハリル・ジャパンが8月にホームのオーストラリア 戦で素晴らしいサッカーを見せて完勝しW杯出場を決めた後は、 アウェーでサウジアラビアに敗れたのから始まりブラジル&am......続きを読む»

井上尚弥、圧勝でSフライ卒業

今日横浜文化体育館で行われたWBO:Sフライ級タイトルマッチ で王者の井上尚弥は6位で31連勝中だったヨアン・ボワイヨと対戦 し、1Rに早々とダウンを奪うと3Rに3度のダウンを追加し3RTKO 勝ちして7度目の防衛に成功した。  試合は立ち上がりボワイヨが長いリーチを生かすべく細かいパン チを出しながら距離を取ろうとするがスピードに勝る井上は難なく 距離を詰めるとプレッシャーをかけ、右フックをヒッ......続きを読む»

ホークス暖冬更改は成果報酬システムにあり

 今年2年ぶりの日本一に輝いたホークスの契約更改は景気のいい 数字が並び、1億円を越えた選手が17人に上るというのが先日の スポーツ紙に載っていた。  正しく大盤振る舞いという形だが注目すべきは投手では中継ぎの 森唯斗や岩嵜翔に、野手ではユーティリティプレーヤーの明石健志 なども1億越えというわけだから主役だけでなく脇役といわれる選 手にも手厚い待遇となっているのが分かる。  ただし武田翔太など......続きを読む»

スピードスケートの平昌五輪短距離代表ほぼ決まる

 昨日から長野のエムウェーブでスピードスケートの平昌五輪代表 選考会が始まり昨日は男女500mと男子5000&女子3000m、今日 は男女1000mが行なわれた。  明日が男女の1500mで最終日は男子10000&女子5000mという スケジュールになるのだが、どうしても男子は短距離中心になる事 から今日までが勝負になるし女子も高木美帆がどれだけ調子を上げ ているかが焦点だから前半......続きを読む»

全国高校ラグビー選手権が始まったのだが

 今日から東大阪市の花園ラグビー場で全国高校ラグビー選手権が 開幕した。  高校生の冬の選手権といえば既にバスケットボールのウィンター カップが始まっているのだが、以前は長年地上波で中継されていた 事から高校ラグビーが開幕すると年末になったと実感するものだ。  ただ以前なら12月の第1土曜日に決まった組み合わせを見ながら ‘どことどこが次に当たるのか?’などと予想を楽しんでいたのが、 最近は組み......続きを読む»

平昌五輪フィギュアスケート出場者決まる

 昨日まで行われていた今年の全日本フィギュアスケート選手権は 2月の平昌五輪の代表選考会を兼ねており、特に男女のシングルは かなり注目されたわけだが極めて順当な結果になった。  ここ2大会連続で男女とも五輪出場枠を3つ取っていたシングル だが平昌では昨年の世界選手権で女子が枠を2つしかとれなかった 事から一気に選考会は熾烈なものになっただけでなく、男子も世界 ランキング1位でソチの金メダリスト・羽......続きを読む»

‘留学生ランナーを入れたから勝つ’のではない

 毎年12月の第4日曜日に行われる全国高校駅伝で、男子は佐久 長聖が連覇を狙う倉敷とのデッドヒートを制して9年ぶり2度目の 優勝を飾った。  レースは1区&2区を佐久長聖がリードすると3区で倉敷が逆転し 以後は両校のデッドヒートが続いたものの、6区で佐久長聖が再 逆転してそのまま7区も逃げ切っての優勝したわけだが結果的に 区間賞は2位の倉敷が3区と5区だったのに対し優勝の佐久長聖は 1区・......続きを読む»

飯田覚士の世界タイトル奪取から20年

 今から20年前の今日97年12月23日に愛知県体育館で行なわ れたWBA:Jバンタム級タイトルマッチで、2位の飯田覚士が王者 ヨックタイ・シスオーに判定勝ちし3度目の挑戦でタイトルを奪取 した。  飯田は前年4月にアリミ・ゴイティアに挑戦し5RTKOで敗れた 1年後、ゴイティアをKOしたヨックタイに挑戦し終盤攻勢に出た ものの1-0の引き分けでタイトル奪取できずに迎えた3度目の挑 戦だった。 ......続きを読む»

スーパーエースよりもスーパークローザー

 ホークスの優勝で幕を閉じた今年のプロ野球だがパ・リーグの MVPは66試合に登板し2勝2敗3Hに54セーブを挙げたデニス・サ ファテが文句なしに選出された。  なにせ自責点がシーズンを通して8点で防御率も1,09というの だから凄い数字で、正しく日本一のクローザーという感じだし新 時代のエースともいえる存在だろう。  今シーズンのホークスは傑出した先発の柱はいないもののサフ ァテを中心にした盤......続きを読む»

重友梨佐引退、またしても若手女子ランナーが・・・

 5年前のロンドン五輪代表女子マラソン代表だった重友梨佐が、 来年3月で現役引退する事を発表した。  重友はロンドン五輪イヤーの12年大阪国際で優勝し五輪代表を 決めたものの、本番のロンドンでは6月下旬に足首を痛めた事から 20㌔手前から遅れて78位に終わった。  この時点で重友は25歳だったので これをいい経験としてリオで 雪辱して欲しいと思っていたのだが、15年北京&今年のロンドン世......続きを読む»

開催国枠のチームが活躍するクラブW杯

 今年のFIFAクラブW杯は日本時間の12月16日深夜にレアル・ マドリードが南米のグレミオに1-0で勝ち大会初の連覇で幕を 閉じたのだが、この大会で活躍したのは開催国のアルジャジー ラで初戦でオセアニア地区代表のオークランドに勝つと準々決 勝ではアジア代表の浦和に1-0で勝ち準決勝でレアルに逆転負 けし3位決定戦でも北中米のパチューカに敗れたものの4位とい う大健闘を見せた。  特に敗れたとはい......続きを読む»

W杯4戦勝ちなしの高梨沙羅だが

 スキー女子ジャンプ界の女王・高梨沙羅が昨日行われたW杯ヒン ターツァルテン大会で3位となり、これで今シーズンのW杯は4戦を 戦って3位が最高という状態で未勝利が続いている。  しかも今シーズンはドイツのカタリナ・アルトハウスと、ノルウ ェーのマーレン・ルンビの2人が絶好調で4戦を2勝づつ分け合って いるわけで余計に高梨の不調が目立つわけだ。  高梨といえばW杯では抜群の強さを発揮し12~13シ......続きを読む»

たかだか国内組のサバイバルマッチで負けたぐらいで

 昨日 味の素スタジアムで行われたE−1サッカー選手権の最終戦 でヴァイド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、韓国相手に 1-4で完敗し2大会ぶりの優勝を逃した。  北朝鮮と中国に連勝したのに対し中国と引き分けていた韓国だか ら引き分けでも優勝できる状態だったのだが開始3分にPKで先制し ながら、以降は韓国の攻勢の前に13分に早くも追い付かれると23分 にはFKを決められて逆転を許し前半だけで3......続きを読む»

井上尚弥のSフライ級卒業は賛成だが

 WBO:Sフライ級王者・井上尚弥が12月30日に行われる7度目の 防衛戦を最後にタイトルを返上し、来年はバンタム級に上げ3階級 制覇を目指す事を表明したようだ。  最大の理由は減量苦が酷くなっている中で来年2月24日にロスで 予定されているSUPERFLY2でIBF王者ジェルウィン・アンカハス との統一戦が流れた事から、格下の挑戦者相手に防衛戦を行っても 意味がないという判断からだろうが当然の判......続きを読む»

貴乃花親方と協会幹部の考えの違いは

 幕内・貴ノ岩への暴行事件が発覚して横綱・日馬富士が引退する 形になっただけでなく貴ノ岩の師匠・貴乃花親方と相撲協会の抗争 にまで発展している現在の相撲界だが、どうやら貴乃花親方の考え る理想論と協会幹部が容認している現実論の争いという形になって いるのではないかと思う。  03年のNumberでモンゴル勢力士達の躍進が取り上げられて いたのだが、これを読んでいるとモンゴルをはじめとした外国人力 ......続きを読む»

尾川堅一のラスベガスでのタイトル奪取に思う

 11日にOAされたWOWOWエキサイトマッチはラスベガスで 行なわれた尾川堅一とテビン・ファーマーとのIBF:Sフェザー級 王座決定戦と、オルランド・サリドとミゲール・ローマンとのノン タイトル10回戦だったのだがメインのサリド-ローマン戦は凄ま じい打ち合いでローマンが9RでTKO勝ちしWBC王者ミゲール・ ベルチェルトへの挑戦権を獲得する形になった。  ミゲール・ローマンといえば今年の1月に......続きを読む»

もったいなかった浦和の5位ではあるが

 UAEで開催されているFIFAクラブW杯5位決定戦でアジア王者 の浦和は昨夜行われた5位決定戦で、アフリカ王者のウィダード ・カサブランカに3-2で勝ち5位を決めて日程を終了した。  試合は18分にマウリシオがミドルシュートを決めて先制すると 21分にFKから追い付かれるものの26分に柏木のゴールで勝ち越 し、60分には再びマウリシオがこぼれ球を押し込んで3-1とリー ドを広げロスタイムにPKを......続きを読む»

強打のキャッチャーが いなくなったのは

 先日の週刊ベースボールONE LINEに‘なぜ捕手は打てない?’ というコラムがあった。  これによれば12球団のキャッチャーで2シーズン連続で規定打席 に達したのはジャイアンツの小林誠司のみで、今シーズンに限って も小林以外ではスワローズの中村悠平の2人だけというのだから打 てるキャッチャーというのは絶滅危惧種になっているのかと思う。  もっとも規定打席に達したのがセのキャッチャーのみという......続きを読む»

尾川堅一、ラスベガスでタイトル奪取の快挙

 日本時間の今日ラスベガスのマンダレイベイ・イベンツセンター で行われたIBF:Sフェザー級王座決定戦で4位の尾川堅一が5位の テビン・ファーマーに2-1の判定勝ちし、初挑戦で世界タイトルを 奪取すると共にボクシングのメッカ・ラスベガスで初めてタイトル を奪取しただけでなく81年の三原正以来のアメリカ本土でのタイト ル奪取の快挙となったのだった。  残念ながら試合があっている時に仕事だったので見ら......続きを読む»

大谷翔平はLAエンゼルスへ

 ファイターズからポスティングでMLB入りを表明していた大谷 翔平の移籍先が、LAエンゼルスに決まったらしい。  LAエンゼルスといえばアメリカンリーグ西地区で長谷川滋利が 最初に入団したチームだし、松井秀喜や高橋尚成も在籍していた事 から日本でも馴染みのチームである。  当初は大谷陣営も熟慮するだろうから基本的に11日から始まる ウインターミーティング以降だと考えていたし、年を越す可能性も と......続きを読む»

中山竹通、氷雨の激走から30年

 今から30年前の昨日87年12月6日に行われた福岡国際マラソ ンはソウル五輪の代表選考レースとして行われ、氷雨が降りしきる 肌寒いコンディションの中で中山竹通が2:08:18の素晴らしい記 録で2位の新宅雅也に2分以上の大差を付けて優勝した。  陸連は当初福岡を一発選考レースとして設定していたので有力選 手の殆どがエントリーしていたのだが、12日前に有力候補の瀬古 利彦が左足腓骨の剥離骨折で欠場......続きを読む»

雪の早明戦から30年

 今から30年前の今日87年12月6日に行われたラグビー早明 戦は史上初めて雪の中で行われ、早稲田が10-7で逃げ切り対抗 戦の優勝を決めると同時に早明戦の連敗を止める一戦となった。  当時の大学ラグビー人気は社会人や代表戦よりも高く、特に早明 戦は国立競技場に5万を越える観客を集めて行なわれており雪の中 での一戦も然り。  この年の早稲田にはSH堀越正巳や左WTBに今泉清が起用された のに対し......続きを読む»

12月の第1日曜日の3大スポーツイベント

 例年12月の第1日曜日は福岡国際マラソンが12:00頃にスター トし14:00からはラグビーの早明戦が行なわれ、更に夕方からは男 子ゴルフの日本シリーズ中継が行われるなど昼から夕方にかけてス ポーツ中継が続く。  最近はこれにサッカーのJ1昇格決定戦や柔道のグランドスラム 東京大会にスキージャンプのW杯中継など一気に賑やかしくなっ てきたのだが、昭和の時代は野球がオフになるとスポーツ中継が 激減......続きを読む»

川崎、悲願の初タイトルは最も価値のあるリーグ優勝

 12月2日に行われた今年のJ1最終節で2位に付けていた川崎が ホームで大宮に5-0で勝ったのに対し、勝ち点差2を付けて首位 だった鹿島は磐田とアウェーで0-0で引き分け勝ち点72で並ん だわけだが得失点差で上回った川崎が悲願の初タイトルとなるJ1 初優勝を飾った。  鹿島は昨シーズンの終盤に調子を上げ浦和と野リーグチャンピ オンシップを制してリーグ優勝したのに続き、クラブW杯では初の 決勝進出を......続きを読む»

福岡国際マラソンで大迫傑の活躍は嬉しいが

 今年の福岡国際マラソンは日本でのマラソンデビューとなる大迫 傑が2;07:18で、2:05:48という素晴らしい記録で優勝したノ ルウェーのソンドレノールスタッド・モーエンに挑んで3位に入る 健闘を見せた。  今回は大迫だけでなく箱根駅伝で活躍した佐藤悠基や設楽啓太に 神野大地といったメンバーが揃ったのに対し、海外勢では12ロンド ン五輪金メダリストのスティーブン・キプロティクや昨年の福岡を 制......続きを読む»

サッカーW杯ロシア大会の組み合わせ決まる

 日本時間の今日0:30からサッカーW杯ロシア大会の組み合わせ 抽選会が行なわれ、日本はグループHに入りコロンビア・セネガル ・ポーランドの順番で対戦する事になった。  組み合わせ抽選会のTV中継は0:00からだったが‘始まるのは10 分ぐらいから’と思っていたら、何と0:30からで更に少しズレ込んだ 形で始まった。  今回の抽選はFIFAランキングの高い国からポット1~4に入るシ ステムで、日......続きを読む»

浦和のACL優勝の意義

 早いもので浦和がホームの埼玉スタジアムでアル・ヒラルに1-0 で勝ち、2戦合計2-1として10年ぶりにACL優勝を決めて明日で1週 間が経つ。  ACLが現行のシステムになったのは02~03シーズンからで15年経 つのだが、日本勢は07年の浦和と08年のG大阪の2チームが優勝して いるものの以降はオイルマネーで強化する中東勢や潤沢な資金で大 物選手達を引き抜きまくる中国などから押されて優勝から取......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:338
  • 累計のページビュー:15159576

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss