スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2017年09月

W杯で結果を残すには脱ポゼッションの方がいい

 先日ヴァイド・ハリルホジッチ監督が10月の親善試合のメンバ ーを発表した時に、ボールポゼッションに拘らない‘脱ポゼッショ ン宣言’をして話題になった。  日本は長らくボールポゼッションに拘る理念で戦っていたのだが 相手より少しでも長くボールを保持している方が、失点する心配は ないし攻撃にも結び付けられるという理由からだろう。  ただポゼッションを全面に出すと点が取れない時に横パスが横行 するだ......続きを読む»

ラジオのナイター中継撤退に ついて

 先日のスポーツ紙に‘TBSラジオがナイター中継から撤退の可 能性も’という記事が載っていたので、遂にラジオがそうなるのか と思ってしまった。  もっとも福岡では最近ホークス戦以外はCSや日本シリーズです ら民放のラジオ中継はないので、決して驚く事はないのだが。  昭和の時代にラジオによるプロ野球中継は重宝する物だった。  というのもTV中継はNHK以外は19:00ぐらいから始まり最大 21:......続きを読む»

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part3

 今から20年前の今日97年9月28日に行われたサッカーW杯 フランス大会のアジア最終予選の第4節で、日本代表は国立に韓 国を迎えて対戦し1-2の逆転負けを喫して今節アウェーでウズベ キスタンに勝ったUAEにも勝ち点差3を付けられる事になった。    試合は勝ち点で2の差を付けていた韓国が試合開始から中盤の 中田英寿と名波浩にマンマークで貼り付き自由を与えずに日本の 攻撃を凌いでいたが、後半に入ると......続きを読む»

年間で勝てる勝ち星は決まっているのだから

 今月の16日に最速リーグ優勝を決めたホークスが直後の17日 以降、今日26日の時点で2勝6敗と大きく負け越している。  例年ホークスは9月に入ると失速する傾向が強かったし、まし てや優勝を決めた後にモイネロや柳田悠岐らの中心選手達がケガ などで次々と離脱しているという事を無視し‘こんな事ではCSが 思いやられる’などと不安を煽り建てる記事を目にする機会が多 く呆れてしまう。  そもそも今日の時......続きを読む»

逞しく成長したホルヘ・リナレス

 日本時間の24日昼前にイングルウッド・フォーラムで行われた WBAライト級タイトルマッチは王者のホルヘ・リナレスが、ロン ドン五輪金メダリストで1位のルーク・キャンベルに2-1の判定 勝ちで2度目の防衛に成功した。  長いリーチを誇る挑戦者を相手にリナレスは前半からプレッシ ャーをかけ2Rには高速連打でダウンを奪うと右目下をカットさせ るなど優勢に試合を進めたのだが、4Rあたりに肋骨を骨折した事......続きを読む»

日馬富士の逆転優勝自体は凄いものの

 3横綱2大関が休場して迎えた今年の大相撲秋場所は今日が千秋 楽で、前日まで3敗でトップに立っていた大関・豪栄道に対し星1 つの差で追う横綱・日馬富士が本割と優勝決定戦で連勝して逆転 優勝を飾った。  本割、決定戦とも日馬富士が立ち合いから低い位置で当たって 素早く前みつを取り寄るという得意の形に持ち込んでの優勝では あるものの、優勝力士の勝ち星が11勝で日馬富士自身も3連敗し 金星を4個も配給す......続きを読む»

引退即監督就任は失敗続きなのだが・・・

 今シーズンパ・リーグで最下位に沈んでいるマリーンズは退任を 表明している伊東勤監督の後任として今シーズン限りで引退を表明 した井口資仁に監督就任を打診したのに対し、井口自身も‘ありが たい’と前向きな姿勢を見せていたらしく明日の引退試合の後にも 来シーズンの監督就任を受諾するようだ。  このニュースを聞いた時に個人的には‘まさか’と驚いたものだ。  基本的にマスコミは監督に就任する時には好意的......続きを読む»

‘選手の大型化’を否定する事なかれ

 今から2年前の現地時間9月19日にブライトンで行われたラグ ビーW杯イングランド大会予選プールで、日本代表は強豪の南アフ リカ相手に終了間際に挙げたトライ&Cで34-32と劇的な逆転勝 利を挙げた。  実力差がスコアに反映されやすく番狂わせが少ないラグビーでは 日本代表の逆転勝利は正しく‘奇跡’とも言える快挙だが、同時に この勝利で日本におけるスタイル論争に決着を付ける形になった。  というの......続きを読む»

江川卓が小早川毅彦から引導を渡されて30年

 今から30年前の今日87年9月20日に広島市民休場で行われた カープ-ジャイアンツ戦で江川卓は2-1とリードして迎えた9回 裏に小早川毅彦から逆転サヨナラHRを打たれて負け投手になった のだが、何よりも打たれた江川が涙を流しながらマウンドを降りて 行ったのが印象的で後に江川が引退を決意した一戦だった。  江川卓の投球スタイルは高校時代から剛速球を投げ込んで高目の 球で空振りを取るというのを身上と......続きを読む»

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part2

 今から20年前の行われたサッカーフランスW杯アジア最終 予選のUAE戦で、加茂周監督率いる日本代表は0-0で引き分 けて2試合を終えて1勝1分で勝ち点4となった。  アブダビで行なわれたアウェーのUAE戦は城彰二を1トップに 置いた3-6-1の布陣でスタートし慎重な姿勢で試合に入るわけ だが、30分に中田英寿のヘディングシュートが相手GKに弾き出 されたり75分に中田FKを井原正巳がヘッドで合わ......続きを読む»

祝!日本男子テニスWグループ残留決定

15日に大阪の靭テニスセンターで始まった男子テニスのデビス 杯WG入れ替え戦で、今日行われたエース対決となったラバー4で 日本は杉田祐一がブラジルのチアゴ・モンテイロに3-0で勝って 通算3勝1敗として来年度のWG残留が決定した。  今回はブラジル相手にホーム開催の一方でエースの錦織圭や西岡 良仁がケガで参加できずダニエル太郎も不参加だし、ダブルスはブ ラジルペアが世界ランク3位と実績があるためエ......続きを読む»

試合自体は面白かったゴロフキン-カネロ戦だったが

 日本時間の今日ラスベガスで行われた世界ミドル級タイトルマッ チは、スーパー王者のゲンナジー・ゴロフキンが元2階級制覇王者 のサウル・カネロ・アルバレスと対戦し3者三様の引き分け防衛に 成功した。  37勝(33KO)を誇るゴロフキンに対し49勝(34KO)1敗のアルバ レスの対戦は1回からゴロフキンがプレッシャーをかけて前進し、 アルバレスが迎え撃つという展開で始まり4R以降はゴロフキンが アル......続きを読む»

ホークス‘大逆転負けの翌年は優勝’のジンクスは生きていた

 今日メットライフドームで行なわれたライオンズ-ホークス戦で リーグ優勝へのマジック1としていたホークスが、7-3で勝ち2年 ぶりのリーグ優勝を決めた。  東浜巨が2回に山川穂高のHRで先制されたものの4回に柳田悠 岐の2ランで逆転すると5回には1アウト2塁から今宮健太以下の 4連打で一挙に4点を挙げて流れを掴み、7回からは得意の継投に 入ると最後はデニス・サファテが登板し2失点したものの危なげな......続きを読む»

小相撲壊滅場所・・・・

 昨日の取り組みで左膝の半月版を痛めたカド番大関・照ノ富士が 今日から休場となり、これで今年の大相撲秋場所は横綱3人と大関 2人の上位力士5人が休場するという異常事態に陥っている。  もともと場所前から横綱・稀勢の里と鶴竜の2人は休場明けだし 特に稀勢の里は春場所で負ったケガを圧して出場していたものの、 2場所連続で途中休場していた事もあって完璧に治るまで休むべし 的な流れがあったのでやむを得ない......続きを読む»

王者が受難となったボクシングW世界戦

 エディオンアリーナ大阪で行われたボクシングのW世界戦はWBO: Lフライ級王者の田中恒成は逆転KO勝ちで2度目の防衛に成功したが、 IBF:Sバンタム級王者の小國以載は岩佐亮佑に6RTKO負けし初防衛 に失敗した。  今回の2試合のうちセミファイナルに行われたWBO:Lフライ級タイ トルマッチは最短キャリアでタイトルを奪取し2階級制覇に成功した 田中が年末に予定されているWBA王者・田口良一との......続きを読む»

ようやく燃え尽きる事ができた伊達公子

 有明テニスの森で行われている女子テニスのジャパン女子OPで 今大会限りでの現役引退を表明している日本の伊達公子は、初戦 でアレクサンドラ・クルニッチに0-6、0-6の0-2で敗れ現役 最後の試合を終えた。  たしかに0-6、0-6のストレート負けというのは残念な結果で はあるものの下手に空気を読んで手加減されて勝つ事の方が屈辱 だろうから、クルニッチがしっかり戦ってくれたという事が伊......続きを読む»

甲子園での優勝に拘る限りU‐18W杯の優勝はない

 9月1日からカナダのサンダーベイで行われていたU-18野球 W杯は日本時間の今朝終了しアメリカが韓国に完勝して大会4 連覇したのに対し、日本はスーパーラウンドで敗れたカナダに 8-1で快勝して3位を死守した。  今大会は清宮幸太郎をはじめ今年の夏の甲子園で清原和博の 持つ5HRを抜く6HRを放った中村奨成まで加わって史上最強と マスコミは煽っていたのだが、オープニングラウンドのアメリ カ戦を落と......続きを読む»

井上尚弥とりあえず上々のアメリカデビュー

 カリフォルニアのカーソンで行われたWBO:Sフライ級タイトル マッチは王者の井上尚弥が7位のアントニオ・ニエベスに6R終了 TKO勝ちで6度目の防衛に成功した。  これがアメリカデビューとなる今回の防衛戦は1Rから左ジャブ で流れを掴むと多彩なパンチ攻勢に出て時おりニエベスの反撃を 受けるものの、2Rからは完全にペースを握り左ボディから右スト レートをヒットしてバランスを崩させたが残り10秒の拍......続きを読む»

ホームラン狙いに後ろめたさを感じていた40年前

 40年前に通算756号ホームランを放った王貞治は当時‘ヒット の延長がホームラン’と語っていたのを覚えているが、引退後‘完璧 なフォームで打てばストライクゾーンに来た球はホームランできな い球はないと思っていたので868本もではなく868本しかホームラ ンを打てなかった’と対照的なコメントをしている。  つまり現役時代の王は全打席ホームランを狙っていたという事に なるし、実際シフトを敷かれても‘......続きを読む»

高校野球でのホームランの量産どこが悪い!

 今年の高校野球・夏の甲子園は実に68本ものホームランが飛び 交う大会となったのだが、当然のようにスモールベースボール信 者達から‘野球が大味でつまらない’などとネガティブな論調を 耳にする。  とはいえMLBでも最近は極端なシフトを敷くケースが増えた事 から‘オーバーフェンスすればシフトは関係ない’とばかりに ホーム ランを狙うバッティングが主流になってきており、高校 野球の方が プロ野......続きを読む»

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part1

 8月31日にホームでオーストラリアに2-0で勝ち6大会連続 W杯出場を決めたサッカー日本代表だが、ちょうど今年がW杯に 初出場して20年目になるのでフランスW杯最終予選を振り返って いきたい。  本来10月に中立地でのセントラル方式になる予定だったアジア 最終予選をFIFAが突然ホーム&アウェー方式に変更したため9月 から毎週のように週末最終予選が行われる事になった。  日本は韓国・U......続きを読む»

W杯アジア最終予選が終了

 日本時間の今日未明にサウジアラビアのジッダで行われたロシア W杯アジア最終予選の最終戦で、既にW杯出場を決めていた日本 代表はサウジアラビアに0-1で敗れ最終予選10試合を6勝2分 2敗の勝ち点20で終えた。  5日前に埼玉でのオーストラリア戦で2-0で勝ったメンバーか ら4人を入れ替えて臨んだ一戦は、勝たないとプレーオフとなって しまうホームのサウジ相手にボールはキープするものの決定力を欠 き......続きを読む»

40年前に和製ヘビー級・コング斉藤の試合があったのだが・・・

 今から40年前の今日77年9月4日に行われたのが和製ヘビー級 コング斉藤の凱旋試合。  アメリカで5連続KO勝ちを収め‘モハメド・アリへの挑戦も’と 報じられた斉藤が日本でヘビー級の試合を行なうという事で話題を集 め、既に世界戦しかOAしてなかったTBSが生中継するなど大いに 盛り上がりを見せていた。  77年はシルベスタ・スタローン主演のロッキーが公開された年で 無名のチャレンジャーが無敗の......続きを読む»

王貞治の756号ホームランから40年

 今から40年前の今日77年9月3日に後楽園球場で行われた ジャイアンツ-スワローズ戦で、王貞治が3回に鈴木康二朗か ら通算756号ホームランを放ちハンク・アーロンの持つMLB 記録を抜いたのだった。  時に19:10で残念ながら当時のナイター中継は19:30から だったので生中継で見られなかったので、歴史的瞬間はラジ オ中継で聴く事になってしまった。  だからか中継開始と同時に756号を打った......続きを読む»

‘お家芸’の定義は

 いささか時季外れではあるが8月にロンドンで行われた世界陸上 で最終日の50㌔競歩ではリオ五輪銅メダリストの荒井広宙が銀、 小林快が銅メダルを獲得するなど前年からのいい流れを引き継ぐ 事になった。  ところが中継局の赤坂TVは競歩を‘新たな日本のお家芸’と持 ち上げたのだから驚いたし、そもそもいつから日本は競歩王国に なったのか?。  実は92バルセロナ五輪の時にクレー射撃・トラップで渡辺和三が......続きを読む»

‘脱ポゼッション’に成功したハリル・ジャパン

昨日ヴァイド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表がオーストラ リア相手に2-0で勝ち98年フランス大会以来6大会連続のW杯出場 を決めたのだが、ハリルホジッチ監督の主張するボール争奪戦に勝 ちボールを奪ったら手数をかけずにシュートに行くというスタイル を選手達が実践できるようになったという事だろう。  実際にポゼッションこそ62-38だがシュート数はオーストラリア 4に対し日本は15と、これまでのポ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15117410

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss