スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2017年06月

市神港が閉校とは

 先日の新聞に初夏通じて甲子園出場15回、うち選抜優勝2回を 誇る神戸市立神港が18年度をもって閉校になるという残念なニュ ースが載っていた。  市神港といえば第一神港商時代に29年&30年と連覇を果たした 古豪でOBにはブレーブスで活躍した豪腕・山口高志や、ジャイア ンツの吉田孝司らがいるものの最近は76年夏を最後に甲子園から 遠ざかっていた。  市神港に関しては私が高校野球を熱心に見始めた頃......続きを読む»

やはりWBAは・・・・・

 昨日のネットニュースにWBAが5月20日に行われたミドル級 タイトルマッチで僅差の判定負けを喫した村田諒太と王者アッサム ・エンダムの再戦を指示し、興行権を決める入札を7月7日にパナ マのWBA本部で行なうと発表していた。 ところが今日のスポーツ紙には入札命令に対して帝拳ジムの本田 明彦会長は‘入札は100%やらないし、パナマにも行かない’と不快 感を表しているとの事。  個人的に村田-エンダ......続きを読む»

世界を相手に勝つには海外を拠点にするべし

 今年の陸上日本選手権で一気にブレイクしたのが男子100m& 200mの短距離2冠を制したサニブラウン・ハキームというのは 間違いないだろう。  リオ五輪の400mリレーで銀メダルを取った山県亮太をはじめ 桐生祥秀にケンブリッジ飛鳥らを抑えての優勝だから話題になら ないわけがなく、当然ながら短距離界のエース格となったのだが サニブラウンは今年の1月から南アフリカやオランダにアメリカ などで......続きを読む»

上林誠知と平沢大河

 7月14日&15日に行われる今年のオールスターゲームのファン 投票最終結果が昨日発表されホークスから最多の50万票を集めた 柳田悠岐を筆頭に5人が選出されたのだが、注目したいのが外野 手部門で4年目の上林誠知が初選出された事である。  ここまでの出場66試合で打率が,300で8HR、27打点に8盗塁 という立派な成績でスピードとパンチ力を併せ持つ選手に成長して きた。  上林といえば仙......続きを読む»

陸上短距離界の新たなエース・サニブラウン

23日から3日間にわたってヤンマースタジアム長居で開催されて いた陸上の日本選手権が今日終了した。  今大会は何といってもリオ五輪の男子400mリレーで銀メダルを 獲得した男子短距離陣が最も注目され、特に100mで初の9秒台が 出るかという話題もあった。  何せリオの銀トリオであるケンブリッジ飛鳥と桐生祥秀に山県 亮太だけでなく、惜しくもリオを逃したもののサニブラウン・ハキ ームや追い風参考なが......続きを読む»

ラグビー日本代表、アイルランドに連敗

ラグビーの日本代表は今日アイルランドとのテストマッチ第2戦を 味の素スタジアムで行い、5トライを許すなど13-35で敗れ連敗と なった。  世界ランク3位のアイルランドとは2年後のW杯でも予選プールで 同じ組に入るため注目のカードだったし、先週は22-50で完敗して いるだけに学習能力が問われる一戦である。  ところが開始早々右展開への大きなパスがバウンドしたところを 相手CTBに拾われてあっさ......続きを読む»

高校野球・福岡県予選組み合わせ決まる

 7月8日に開幕する今年の福岡県予選の組み合わせ抽選会が今日 行われた。  今年の参加校は134校で選抜では福大大濠と東海大福岡の2校が 秋の九州大会ファイナリストとして出場し大濠は滋賀学園との延 長15回引き分け再試合の死闘の末に、東海大福岡は清宮幸太郎を 中心とした強打の早稲田実に打ち勝つなど活躍して2校がベスト8 進出するという快挙を達成した。  この勢いで夏に挑んで欲しいものだが福岡県か......続きを読む»

打線の中心は4番でなくとも

 今年のプロ野球交流戦で勝率1位となったホークスはケガ人続出 という中で結果を残した形になったのだが、特に2週目を終わって 4番の内川聖一だけでなく5番のアルフレッド・デスパイネまでが 不在になった時は厳しいと思った。  実際に交流戦前から絶不調に陥っていたジャイアンツに連敗した だけでなくG2では3人の投手によるノーヒットノーランまで喫し たのだから、週末が好調なカープ戦という事もあって下手した......続きを読む»

第1回ラグビーW杯から30年経ち

 今から30年前の昨日オークランドのイーデンパークで行なわれた 第1回ラグビーW杯決勝で、地元のニュージーランドがフランスに 29-9で勝ち初優勝を飾った。  1930年に始まったサッカーW杯から遅れる事57年目に始まった ラグビーW杯は、ニュージーランドとオーストラリアの共催で行な われ日本のKDDがメインスポンサーとなっていたのが特徴だ。  決勝の会場となったイーデンパークは開幕戦も行なわれ......続きを読む»

しっかりバットを振る事がレベルを上げる

 今シーズンのプロ野球交流戦が6月18日に終わり、今年もパ・ リーグが56勝51敗1分と勝ち越した。  これで10年以来パ・リーグが8年連続勝ち越しているのだが 勝ち数の差が14年の71-70以来の一桁差になり、巷で言われて いるリーグ格差が縮まったように見える。  最高勝率はホークスではあるものの2位のカープとは相星で上位 6チーム中パが4でセが2だったものの交流戦の上位チームは、それ ぞれの......続きを読む»

松山英樹、全米OP2位!

 ウィスコンシン州エリンヒルズで行われていた男子ゴルフの全米 OPは今日が最終日。  3日目を終えてトップから6打差の-6で14位タイでスタートした 松山英樹は1H・4H・5Hと3バーディーを奪う好スタートを見せて追 い上げ体制に入ると、6Hこそボギーを叩いたものの後半も11H・12 H・14Hとバーディーで更に3つスコアを伸ばして最終18Hでもバー ディーを奪って7バーディー1ボギーの-6で回り......続きを読む»

現行の交流戦システムは2勝1敗ペースを守る事

 早いもので5月30日に始まったプロ野球セ・パ交流戦も今日が 最終日で、何と最終カードで交流戦最高勝率を争うカープとホー クスが対戦し1勝1敗で最終戦を迎えたため勝った方が最高勝率 チームという中で始まった試合はホークスが7-4で逃げ切って 史上初の3年連続最高勝率のタイトルを獲得した。  試合は1回に4番に入った松田宣浩のラッキーな内野安打で先制 すると追い付かれた2回には甲斐拓也&福田......続きを読む»

ジェイミー・ジャパン、アイルランドに完敗

 今日 静岡のエコパスタジアムで行われたラグビーテストマッチの アイルランド戦で、ジェイミー・ジョセフHC率いる日本代表は22- 50の完敗を喫した。  アイルランドは世界ランキング4位で最近はニュージーランドと 6ネーションズでイングランドに勝っている強豪ではあるものの、 ブリティッシュ・ライオンズに10人が供出されているため19W杯で 同じプールに入っている事もあるし気温も高いので日本代表もそ......続きを読む»

ミゲール・カント対触沢公男を見て小熊正二の強さを再認識

 今から40年前の今日品川スポーツランドで行われたWBCフラ イ級タイトルマッチで王者ミゲール・カントに挑戦した7位の触沢 公男は0-3の判定で敗れ世界タイトル獲得ならず。  挑戦者の触沢は前年12月に世界再挑戦を狙っていた小熊正二を 8Rに逆転KO勝ちで世界ランクに入ると、同じく世界ランカーの ホセ・ルイス・クルスもKOして7位にランクを上げて小熊正二 からタイトルを奪取したWBC王者のカントへ......続きを読む»

ハリル・ジャパン悪条件の中、最低限の勝ち点1を確保

 日本時間の昨日テヘランで行われた18W杯アジア最終予選のイ ラク戦で、日本代表は8分に本田圭佑の右CKから大迫勇也のヘッ ドで先制したものの72分にDFの連携ミスから追い付かれ1-1で 引き分けた。  これで日本は8試合を消化し5勝2分1敗の勝ち点17として勝 ち点16のサウジアラビア&オーストラリアに1の差を付けグループ Bの1位で、8月31日と9月5日に行われる上位2チームとの連戦に......続きを読む»

ゴールデンステイト・ウォリアーズ王座奪回

 日本時間の今日オークランドのオラクルアリーナで行われたNBA ファイナルのG5でホームのゴールデンステート・ウォリアーズが、 前年度優勝チームのクリーブランド・キャバリアーズに129-120 で勝ち2年ぶり5度目の優勝を飾った。  ウォリアーズの3連勝からキャバリアーズが1つ返して迎えたG5は 前年同様逆転優勝を狙うキャバリアーズが先制を許しながら第1Qを 37-33でリードして終えるが、第2......続きを読む»

青木宣親の日米通算2000本安打は嬉しいけれど

 日本時間の今日早朝にミニッツメイドパークで行われたヒュ ーストンとアナハイムの一戦で、ヒューストンの青木宣親が2 安打を放ち日本人史上7人目の日米通算2000本安打を達成した。  04年に早稲田大からスワローズに入団し2年目の05年に外野 のレギュラーを獲得してシーズン200安打を達成すると11年ま での8年間で首位打者3回、盗塁王1回と活躍しただけでなく3割 に届かなかったのが入団初年度を除く......続きを読む»

ジェイミー・ジャパン、ルーマニアとの前哨戦に勝ったものの

 昨日 熊本で行われたラグビーのテストマッチで日本代表はルーマ ニア代表と対戦し33-21で勝ち、来週から行なわれるアイルランド とのテストマッチに弾みを付ける事ができた。  試合は開始早々2本のPGを決められるなどミスが目立ったのだが 12分にクイックスローインから右へ展開して、右隅に転がったゴロ パントを右WTBの山田章仁が拾って飛び込むT&Cで逆転すると流 れを掴みSO小倉順平も3本......続きを読む»

WBAタイトルとは縁を切るべき

 先日WBOミドル級暫定王者のアフタンディル・クルツィゼが ニューヨークで逮捕され身柄を拘束された事で正規王者ビリー・ ジョー・サンダースとの統一戦が流れ、村田諒太が3位にランキン グを上げた事から先日敗れたアッサン・エンダムとの再戦よりWBO 王者のサンダースへの挑戦の可能性が出てきたとの事。  ご存知のように先日 不可解な判定負けを喫したWBAミドル級 タイトルマッチで帝拳ジムの本......続きを読む»

頭の悪いプレーを‘ひたむき’で ごまかしてはいけない

 韓国で開催されているサッカーU-20W杯で日本代表はグループ ステージを1勝1敗1分の3位で通過したものの決勝トーナメント初戦 でベネズエラに延長の末0-1で敗れベスト8進出を逃した。  日本に延長で勝ったベネズエラが昨日ウルグアイ相手の準決勝で 1-1で引き分けPK勝ちして決勝進出を果たしたし、日本とグループ ステージで同組だったイタリアもベスト4に入っているのを見ると 厳しいブロッ......続きを読む»

親善試合で重要なのは勝つ事だけではない

 昨日ヴァイド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、13日に テヘランで行なわれるイラクとのアジア最終予選に向けた調整試合 としてシリアと対戦し48分に先制されたが58分に今野泰幸のゴー ルで追い付いて1-1で引き分けた。  吉田麻也とコンビを組んでいた森重の代わりにCBで昌子を起用 するなど4-3-3システムで臨んだ一戦は昌子が48分に左サイド からのクロスをジャンプヘッドでクリアしようとしたも......続きを読む»

‘炎の男’輪島功一のラストファイトから40年

 今から40年前の今日77年6月7日に日本武道館で行われたのが WBA:Jミドル級タイトルマッチで、元王者の輪島功一が3度目の 返り咲きを目指して王者のエディ・ガソに挑戦した。  1年4ヶ月前の76年2月17日に当時としては現役最古参の32歳 で柳済斗を最終ラウンドにKOし2度目の返り咲きに成功した輪島の 姿を覚えていただけでなく、王者のガソの評価が低く‘二流王者’と 言われていたので34歳の輪島......続きを読む»

練習試合を含めた通算ホームランに何の価値があるのか?

 早稲田実の清宮幸太郎が4日に小牧市民球場で行われた練習試合 の享栄戦で高校通算100号HRを放ったようだが、そのボールが野球 殿堂博物館に展示される可能性があるという記事がスポーツ紙に載 っていた。  清宮という凄い打者がいるからか今年の選抜終了後は毎週のよう に招待試合で全国を飛び回っている形だし、高校通算HRについての 話題が沸騰し始めているわけで通算100号に達した時にはスポーツ 紙の一面......続きを読む»

完全な本社&フロントの人災であるジャイアンツの低迷

 今年のプロ野球は交流戦のシーズンとなり第1週が終了したの だが、ジャイアンツはイーグルス&バファローズと対戦した先週 6連敗を喫し交流戦開幕前の4連敗を含めて10連敗となった。  シーズン開幕当初はドラゴンズ相手の3連勝を含め2カード目の ベイスターズG2まで5連勝を飾るなど好スタートを切ったかに思 われたし、カープ相手に1勝5敗と負け越してはいたものの他の 負け越しは東京ドームでタイガ......続きを読む»

レアル・マドリード史上初のCL連覇

 日本時間の今日早朝にカーディフで行われたCL決勝は連覇を目 指すレアル・マドリードが、21年ぶりの優勝を狙ったイタリアの ユベントスに4-1で快勝して史上初のCL連覇を果たした。  このカードは97~98シーズン決勝以来の対戦でプレドラグ・ミヤ トヴィッチの挙げた1点を守り切り1-0で勝って65~66シーズン 以来の優勝を果たしているのだが、80年代以降5回の優勝を誇って いたイタリア勢に対しス......続きを読む»

村田諒太の世界戦から2週間が経ち

 ロンドン五輪ボクシングミドル級金メダリストの村田諒太がWBA ミドル級王座決定戦で、ダウンを奪うなど優勢に試合を進めながら 1-2の判定負けを喫してから2週間が経つ。  試合後には‘疑惑の判定’などと言われて大騒ぎになりWBAの 会長までが誤審を認めて謝罪し再戦命令を出しただけでなく、当該 ジャッジを半年間サスペンデッドするなど異例の対応を見せるなど 話題を呼ぶ事になった。  村田諒太本人はN......続きを読む»

大岩剛監督は鹿島の体質を変えられるか?

 昨日まで行われていたサッカーACL決勝トーナメント1回戦で 日本勢は川崎がタイのムアントン、浦和が済州に勝ってベスト8 進出を決めたのに対し鹿島は広州に敗れる形で終わった。  今大会の日本勢はG大阪以外の3チームが全てグループステー ジを1位通過するという見事な成績を残したのだが、問題の決勝 トーナメントでは先週行われたアウェー戦で川崎が3-1で勝っ たものの鹿島と浦和は0-1&0-2で......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15117410

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss