スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2017年04月

ヘビー級の新旧交代を印象付けたジョシュアvsクリチコ

 日本時間の今日早朝ロンドンのウェンプレースタジアムに9万人 の大観衆を集めて行われたWBA&IBFヘビー級タイトルマッチは、 王者のアンソニー・ジョシュアが元王者で2位のウラジミール・ クリチコを11RレフェリーストップのTKOで下し3度目の防衛に 成功した。  試合は立ち上がりクリチコの長いリーチから繰り出されるジャ ブを持て余し気味だったジョシュアが、2Rからプレッシャーを強 め迎え......続きを読む»

今年の柔道王者は王子谷剛志

 今日 日本武道館で行われた柔道全日本選手権で昨年優勝の王子谷 剛志が決勝でウルフ・アロンに延長での反則勝ちを収め、04&05年 大会の鈴木桂治以来の連覇を果たした。  今大会は昨年のリオ五輪銀メダリストの原沢久喜やライバルの七戸 龍に、昨年の覇者で11月の講道館杯や12月&2月のグランドスラム東京 &パリに4月の選抜体重別で優勝するなど好調の王子谷らを中心にした 優勝争い......続きを読む»

高校野球・大分県代表が勝てないのは

 神村学園の優勝で幕を閉じた今年の春季高校野球九州大会だが、 最近の九州の勢力図を見ると大分代表の低迷が目に付く。  昭和40年代は津久見が九州勢唯一の春・夏での優勝を飾っている だけでなくベスト8も1度あるし、ライバルの大分商も春夏通じて 3度のベスト8に入っているだけでなく夏の甲子園での初戦敗退は 3度というように九州勢のエース的な存在だった。  それが最近の10年間では07年の楊志館と09......続きを読む»

何としても成功させたい村田諒太式強化法

 5月20日に有明コロシアムでロンドン五輪ミドル級金メダリスト の村田諒太が、1位のハッサン・エンダムとWBAミドル級王座決定 戦を行なう。  ロンドン五輪で金メダルを獲得して1年後にプロ入りし4年目の 今年、遂に世界戦を行なうのだから要注目なのは間違いない。  面白いのは村田の世界戦までの12戦のうちデビュー戦でOPBF 王者の柴田昭雄と戦った以外は日本人選手はおろか、東洋圏の選手 とも戦わず......続きを読む»

春季高校野球九州大会から見えるもの

 23日から今年の春の高校野球九州大会が沖縄で始まり昨日までに ベスト4が出揃ったのだが、顔ぶれを見ると選抜ベスト4の秀岳館と 残りは鹿児島実&神村学園の鹿児島勢に沖縄の美里工になっている。  春の九州大会は甲子園に直結しない大会なので選抜出場校は推薦 で出場するわけだが甲子園での戦い明けだからモチベーションが今 ひとつ上がってない感じなのに対し、選抜出場を逃したチームには 選抜出場校を食......続きを読む»

バルセロナがクラシコで逆転勝ちし優勝に望みをつなぐ

 日本時間の今日早朝にマドリードのサンチャゴベルナベウで行わ れたサッカー・スペインリーグのレアル・マドリード対バルセロナ の‘クラシコ’は、終了間際のラストプレーでリオネル・メッシが 決勝ゴールを決めるという劇的な形で3-2で勝ちレアルが1試合未 消化ながら当該チーム直接対決の結果から首位に立った。  試合前の予想では12日のバイエルン・ミュンヘン戦で右足ふくら はぎを痛めたギャレス・ベイルが復......続きを読む»

千載一遇のチャンスを逃した大森将平

 今日 大阪のエディオンアリーナで行われたWBOバンタム級タイ トルマッチで挑戦者の大森将平は、前王者のマーロン・タバレスに 11RTKO負けでタイトル奪取に失敗した。  前日行われた計量で王者のタバレスは900gオーバーという失態を 演じタイトルを剥奪されていたので大森が勝った場合は新王者に、 負けか引き分けた場合は王座は空位という条件で試合は始まる。  基本的に戦わずして王座を失ったタバレス......続きを読む»

王者・タバレスが計量失格で王座剥奪

 明日大阪のエディオンアリーナで行われるWBOバンタム級タイ トルマッチの計量が今日行われたのだが、何と王者のマーロン・ タバレスが体重オーバーで失格となり明日の世界戦は挑戦者の 大森将平が勝てば新王者となるが負ければ王座は空位となる。  不可解なのは正午から行われた予備計量では550gの超過だった ので調印式には出席さずに体を絞っていたようだが13:00からの 計量では800gオーバーとなり、約......続きを読む»

甲子園大会の出場校は偶数が いい

 高野連は来年の夏の甲子園が100回の記念大会になる事から過去 2回記念大会の時だけ増やしていた千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪 ・兵庫の6府県に福岡を加えた56校での開催になる事を発表した。  これで来年の100回記念大会は史上最多の出場校での大会になる と話題になっているが、個人的には‘やっとか’と言う感じが拭え ない。  というのも参加校数が75年以来の偶数になる事に意義があると 思っている......続きを読む»

大迫傑のマラソンデビュー3位が意味するもの

 先日ボストンマラソンで3位に入り素晴らしいデビューを飾った 大迫傑が所属しているのが、アフリカ系選手と対等に戦える選手を 育成するべくかつての世界記録保持者のアルベルト・サラザールが ヘッドコーチを務めるオレゴンプロジェクトで実際にロンドン五輪 の1万mではイギリスのモハメド・ファラーとアメリカのゲーレン・ ラップが1・2フィニッシュを飾っている。    昨今ケニアやエチオピア勢が特に世界の男子マ......続きを読む»

‘青い稲妻’松本 匡史の鮮烈デビューから40年

 今から40年前の今日77年4月19日に甲子園で行われたタイガ ースvsジャイアンツ1回戦は、ジャイアンツが延長10回に2点を 奪って5-3で勝ったのだが後に‘青い稲妻’といわれる松本匡史の デビュー戦でもあった。  前年ジャイアンツとタイガースは最後まで優勝を争いシーズン最 終戦である130試合目にようやく優勝が決まったわけだが、翌77 年はジャイアンツが開幕から9勝2敗で8勝1敗1分で首位のタ......続きを読む»

トラックレース強化がマラソン強化につながる事を大迫傑が証明

 日本時間の昨日深夜に行われたボストンマラソンで、日本の大迫 傑が2:10:28のタイムで3位に入った。  初マラソンながら序盤から先頭集団の中で落ち着いてレースを展 開し35㌔過ぎにジェフリー・キルイらが抜け出した後も、しっか り追いかけて結局優勝したキルイから51秒差の3位でゴールした のだがボストンマラソンでは87年に瀬古利彦が優勝して以来30年 ぶりのトップ3という快挙だ。  大迫は早稲......続きを読む»

競泳の日本選手権が終了

 4月13日から4日間にかけて行われていた競泳の日本選手権が 昨日で終了し池江璃花子が50&100&200m自由形と50&100m バタフライの5種目を、リオ五輪の金メダリスト・萩野公介が 200m個人メドレーと自由形に背泳ぎに400m自由形の4種目を 制するなど複数種目での優勝が光った。  リオ五輪代表の池江はリオでは100mバタフライの5位が最高 だっただけに自由形とい......続きを読む»

1週間後に井岡一翔の防衛戦なのだが・・・

 先週WBA:Sバンタム級タイトルマッチで挑戦者の久保隼が 王者のネオマール・セルメニョに11RTKO勝ちして新王者と なったのだが、1週間後には王者マーロン・タバレスに大森将 平が挑戦するWBOバンタム級タイトルマッチと王者・井岡一翔 が5度目の防衛戦を行うWBAフライ級タイトルマッチがダブル で開催される。  特に3階級制覇している王者の井岡は今回の防衛戦に勝つと 具志堅用高が挙げた世界戦14......続きを読む»

サンウルブズ、1週間で天国から地獄へ

 昨日ニュージーランドのクライストチャーチで行われたスーパー ラグビーで、日本のサンウルブズは地元のクルセイダーズに3-50 と今シーズン初のノートライ負けを喫した。  水が浮くほどのコンディションの中で行われた試合は一進一退で 迎えた11分に先制Tを許すと、23分にもTを追加され直後の相手が シンビンで1人少なくなったにも拘わらず26分にPGで3点を返した だけで結局8トライを奪われて80失点を......続きを読む»

日本でムービング系のボールが流行らないのは野球文化の違い

 WBCの準決勝でアメリカ相手に4安打1点に抑えられ1-2で 敗れた日本の敗因は動くボール=ムービングボールを打てなかった 事に尽きるのだが、結局は日本にムービングボールを投げる投手が いないという事に行き着く。  ただ4年前のWBCでも台湾戦で王建民のムービングボールに手 こずっていたので本来なら日本の投手達の間で流行るものと思って いたのだが、4年経って黒田博樹がNYヤンキースから広島に戻っ ......続きを読む»

競泳日本選手権が開幕

7月にハンガリーのブダペストで開催される競泳の世界選手権の 代表選考を兼ねた今年の競泳日本選手権が、今日から開幕し初日に 行われた男子400m個人メドレーではリオ五輪・金メダリストの 萩野公介はライバルの瀬戸大也に0,01差で敗れ2位になったものの 代表に決まった。  ライバルの2人だが400m個人メドレーでは瀬戸は萩野に勝った 事はなく、今回の日本選手権で瀬戸は初優勝となったわけである。  た......続きを読む»

浅田真央の引退について

 フィギュアスケート女子シングルで世界女王に3度輝きバンクー バー五輪でも銀メダルを獲得した浅田真央が、昨夜ブログで引退を 表明した事で今日1日は騒然としていた。  ただ個人的には左膝の痛みなどが原因で昨年の全日本選手権では 12位に終わっているし、26歳という年齢を考えると来るべきものが 来たという感じだった。  浅田真央の代名詞ともいうべきトリプルアクセルは彼女最大の武 器であると反面、膝に......続きを読む»

やはりキング=内村航平は強かった

 昨日 東京体育館で行われた男子体操の全日本選手権決勝で、世界 王者の内村航平が予選の4位から巻き返し2位の田中佑典相手に0,050 の僅差で競り勝って前人未到の10連覇を達成した。  昨年のリオ五輪で念願の団体戦で金メダルを獲得したばかりか個 人総合でも連覇を果たした内村だが一気にモチベーションが落ちた ようで休養に充て今回の全日本選手権が復帰戦になったばかりか、 プロ宣言をして臨む最初の大会に......続きを読む»

久保隼,初挑戦でタイトル奪取

 今日エディオンアリーナ大阪で行われたWBA:Sバンタム級タイ トルマッチで王者のネオマール・セルメニョに挑戦した8位の久保 隼が、11R開始ゴングに王者が応じられず棄権によるTKO勝ちで タイトルを奪取し昨年引退したジムの先輩・長谷川穂積に次ぐジム では2人目の世界王者となった。  挑戦者の久保は一昨年12月に東洋太平洋Sバンタム級タイトルを 奪取し2度の防衛に成功した後に世界挑戦のため返上し1......続きを読む»

サンウルブズ、今シーズン初勝利

 今日秩父宮ラグビー場で行われたスーパーラグビーで日本のサン ウルブズが南アフリカのブルズに21-20で勝ち今シーズン6試合目 にして初勝利を挙げた。  参入1年目の昨年は8試合目に実質アルゼンチン代表のジャガーズ 相手にホームで36-28で勝ったのが初勝利で、同時に唯一の勝利と なってしまったわけだが2年目の今年はジャガーズとはアウェーなの で秩父宮での4試合でいかに勝つか。  相手のブルズは......続きを読む»

もはや複数投手制でなければ甲子園で優勝できない

 大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた今年の選抜高校野球だがWBCの開催 時期と重なっただけでなく、延長15回引き分け再試合が2試合連続 になった事から例年以上に球数に対する注目度が増した大会だった。  何せMLB選手をはじめとした超一流の投手達がシーズン開幕前と いう事から厳格な球数制限に従って投げているのに対し、体ができて ない高校生の投手達が1試合に200球前後投げるだけでなく連投も辞 さずというのだ......続きを読む»

宮本慎也と谷繁元信の敗因分析の違いについて

 3月31日からプロ野球が開幕しWBCの熱気を引き継いでいる中で NumberのWBC特集号を購入して読んでいたのだが、日本代表が優 勝を逃した原因を宮本慎也と谷繁元信の目で検証していた。  面白いのが宮本が‘菊池や松田らのミスは責められない’と語ってい るのに対し、谷繁は‘彼らには酷なようだが日本が勝つには1-0でな ければ無理だからミスが全て’的な分析をしていたのが印象的だった。  個人的に......続きを読む»

素直に喜べない5月20日&21日のボクシング6大世界戦

 昨日5月20日にロンドン五輪ミドル級金メダリスト・村田諒太が WBAミドル級暫定王者アッサン・エンダムとの王座決定戦に出場す るのをはじめWBCフライ級王者ファン・エルナンデスに1位の比嘉 大吾が挑戦する試合など3つの世界戦が発表されたのに続き、今日 5月21日にWBO:Sフライ級王者・井上尚弥とIBF:Lフライ級王者・ 八重樫東の防衛戦が同じく有明コロシアムで開催される事が発表 された。  つ......続きを読む»

マラソン強化に‘山の神’は必要なし

今日のニュースに箱根駅伝の山上り区間で大活躍し‘新・山の神’ と呼ばれた柏原竜二が、卒業後は度重なる故障を理由に引退を発表 したという記事が載っていた。  柏原といえば先述したように東洋大時代は箱根駅伝最大のハイラ イトである山上り区間の5区で圧倒的な走りを見せて4年連続区間 賞を獲得するだけでなく3度の区間新記録をマークしていた事から、 今井正人に続く新・山の神という称号を貰っていたのだが卒業後......続きを読む»

ガッツ石松、国内での唯一の世界戦敗戦から40年

 今から40年前の今日77年4月2日に蔵前国技館で行われたWBC :Jウエルター級タイトルマッチで前ライト級王者のガッツ石松は、 王者のセンサク・ムアンスリンに挑戦したものの全くいいところなく 6RでKO負けし2階級制覇に失敗した。  前年5月にプエルトリコでエステバン・デ・ヘススに判定負けし ライト級タイトルを失って1年間のブランクを作った石松だが、再 起を表明し敗れた原因が減量苦だった事から......続きを読む»

2016選抜高校野球,第12日・ファイナル

 史上初の大阪勢同士による対戦となった今年の選抜高校野球の決 勝は、雨で1日順延されて仕切り直しとなったので両校ともエース が休養十分で登板できる事になった。  府大会では履正社が大阪桐蔭に勝っているので有利とは思えるが、 西谷体制になってから甲子園の決勝では過去4戦全勝という桐蔭の 勝負強さも侮れないので互角の勝負だと思われた。  ちなみに履正社は4試合全てで緊迫した試合を勝ち抜いているの に......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15117410

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss