スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2017年02月

小平奈緒、世界スプリント総合優勝の快挙に思う事

 日本時間の2月26日と27日の2日間にわたってカルガリーで 行なわれていたスピードスケートの世界スプリント選手権で、 小平奈緒が日本女子初の総合優勝を果たした。  男子も含めて日本人選手では83年&87年の黒岩彰以来の快挙 というだけでなく2日間で500mと1000m2本づつ滑る大会で、 最後の1000mで3位だった以外は全て1位だった事から4レース のタイム得点では世界新記録という快挙......続きを読む»

アジア大会で勝って平昌五輪に繋がるとは思えないのだが・・・

 2月19日から始まっていた札幌冬季アジア大会が昨日で終了し 開催国の日本は金:27、銀:21、銅:26の系74個のメダルを 獲得し、古川年正・選手団長は‘この結果が来年の平昌五輪に 繋がる’と評価したらしい。  更に‘ジャンプはカザフスタンなどが実力を伸ばしているの で、日本で一番の選手が出場すべきだ’と続けたのだが、正直 言って立場上仕方ない事なのかもしれないが本気でそう思って いるのなら氏の......続きを読む»

井上大仁の2時間8分台の8位は評価したいが

 今日行われた東京マラソンでケニアのウィルソン・キプサングが 2:03:58の国内最高タイムで優勝し、日本人ランナーでは井上大 仁が2:08:22で8位に入ったのが最高だった。  エントリー選手のうち2時間5分台の選手が6人いるのでハイレベ ルなレースが予想されたが、最初の5㌔から14分14秒という凄まじ いペースで始まり30㌔過ぎにペースメーカーが外れた時点までは 世界最高ベースでキプサングとデ......続きを読む»

2017・J1は波乱のスタート

 今日から今年度のJ1が開幕したのだが昨年の王者でクラブW杯 で準優勝した鹿島と、昨年の年間最高勝ち点を挙げた浦和の優勝 候補2チームが共に敗れる波乱の幕開けとなった。  日産スタジアムで横浜と対戦した浦和は前半先制される展開を 後半に入って逆転したものの残り4分で追い付かれるとロスタイ ムに勝ち越されて逆転負けを喫すると、鹿島もホームで10勝4分 1敗と相性のいい東京相手に82分にOGで失った1......続きを読む»

代表チームの監督で重要なのは

 昨日からサンマリンスタジアムでWBC日本代表チームの強化 合宿が始まり、明日はホークスとの強化試合が行われる。  とりあえずマスコミは大きく取り上げているものの盛り上がり 的に今ひとつなのは、チームを率いる小久保裕紀監督が一昨年の プレミアム12の準決勝で韓国から逆転負けを喫した事から評価 を落としているというのがあるだろう。  ただ過去のWBCを見ても大会前の盛り上がりはマスコミが騒ぐ だけ......続きを読む»

せっかくBSがあるなら生中継を

 昨日男子テニスのATPリオOPで錦織圭が初戦で地元ブラジル のトマシュ・ベルッシに4-6、3-6とまさかのストレート負けを 喫するという波乱が起きた。  前週のアルゼンチンOPでも決勝で格下といわれ過去負けなし だったアレクサンドル・ドルゴポロフにストレート負けした流 れを引きずった形で、かなり深刻な状態だが5月下旬に行なわ れる全仏OPまでに何とか立て直してもらいたいもの。  さて今回のリオ......続きを読む»

現役時代の成功体験に依存したコーチが多過ぎる日本球界

 スポーツの世界では‘名選手、名コーチならず’という言葉がある わけだが、その理由のほとんどが指導法として自らの成功体験のみ に依存している事ではないか。  基本的に日本では現役時代に実績があった者がコーチや監督にな るケースが多く、そういう人達は自らの成功体験に自信を持ってい るので ややもすれば新しい流れに付いていけてない。  よくしたもので最近のスポーツ界は理論の進化の速度が昔に比べ て早......続きを読む»

またしても決勝で敗れた錦織圭だが

 日本時間の今朝行われた男子テニスのアルゼンチンOP決勝で、 第1シードの錦織圭はアレキサンドル・ドルゴポロフに0-2の ストレートで敗れ昨年2月のメンフィスOP以来の優勝を逃した。  1月に行われた全豪OPから次のグランドスラムである全仏OP まで間があるし全仏がクレーコートで行われる事から、クレーコ ートに慣れるために2月3日から行われたデビス杯や4連覇中だっ たメンフィスOPにも敢えて欠場......続きを読む»

羽生結弦に強力なライバル出現も

 16日から平昌で開催されていたフィギュアスケート四大陸選手 権が今日で終了し女子シングルスは昨日SPで4位だった三原舞依が フリーで逆転優勝したのに対し、男子シングルスはSP3位発進の 羽生結弦がフリーで206点台を出したもののネイサン・チェンに 逃げ切りを許し2位だった。  今大会は来年開催される平昌五輪の会場を使ったプレ大会という 位置付けのため例年以上に注目を集めていたのだが、正直言って今......続きを読む»

J1優勝とACLの‘二兎’を追うには

 今日J1&天皇杯王者・鹿島とJ1年間最高勝ち点の浦和が富士 ゼロックス・スーパー杯で対戦し、国内サッカーシーズンが開幕 した。  試合は38分に鹿島が遠藤のFKで先制すると43分にも2点目 を挙げて2-0で前半を折り返すと、後半に浦和が興梠と武藤が 立て続けに決めて追い付くが鹿島は83分に鈴木のゴールで勝ち越 して逃げ切った。  今日の試合を皮切りに浦和、鹿島、川崎、G大阪の4チームが......続きを読む»

ホークス、工藤体制で懸念される事

 先月ホークスの工藤公康監督が19年まで契約延長というニュー スがあった。  一昨年90勝を挙げて日本一となり昨年もファイターズから大逆 転されたとはいえ83勝を挙げ、投手陣も武田翔太や千賀晃大らの 若手投手を一本立ちさせたという評価からで個人的にも妥当だとは 思うものの1つだけ気になる事がある。  それは工藤監督-佐藤義則コーチのラインが投手陣について先発 の方がブルペンより上という価値観を持......続きを読む»

トラック付き競技場でのサッカーは時代遅れ

 先日小倉北区に完成したミクニワールドスタジアム北九州が公開 されたという記事が載っていた。  JR小倉駅の北側に建設された収容人員1万3000人ほどのフット ボール専用スタジアムで、観客席の最前列からタッチラインまで約 8mという距離の近さが特徴でJ3ギラヴァンツ北九州の本拠地にな るとの事。  これで福岡のJリーグチームはアビスパ福岡の本拠地であるレベ ルファイブスタジアムと共にフットボール......続きを読む»

高梨沙羅、複雑な2シーズン連続W杯総合優勝決定

 今日スキージャンプW杯第17戦平昌大会が行われ1回目2位の 伊藤有希が2本目に101、5mを飛んで、1回目1位の高梨沙羅に 逆転勝ちし今シーズン4勝目を挙げ2位の高梨は2シーズン連続 W杯総合優勝となった。  来年行われる平昌五輪のジャンプ台を使ったW杯17戦&18戦 ではあるものの、20日からラハティで開幕する世界選手権への 調整のためダニエル・イラシュコシュトルツやカリーナ・フォ ク......続きを読む»

いつまでも葛西紀明に頼ってはいけないのだが

 一昨日と昨日スキージャンプのW杯札幌大会が行われたのだが、 日本勢は葛西紀明が2日続けて2回目に進めず昨日の伊東大貴が 8位に入ったのが最高という低調な結果に終わった。  高梨沙羅と伊藤有希がW杯総合1位と2位を占める女子に比べて 今シーズンの男子は苦戦続きで、シード権を持った選手が1人も いないという惨状だ。  マスコミは好調な競技のみを報道するしNHKのBSも女子は毎試 合中継しているのに......続きを読む»

エステバン・デ・ヘススは強かった

 今から40年前の今日77年2月13日にプエルトリコのサンファン で行われたWBCライト級タイトルマッチで、4位のバズソー山辺は 王者のエステバン・デ・ヘススに6RKO負けし3度目の世界挑戦に 失敗した。  前年の4月と7月に1階級落としWBC:Jライト級王者のアルフ レッド・エスカレラに挑戦して失敗した山辺は、本来の階級であるラ イト級に戻しての挑戦だった。  一方のヘススは前年の5月にガッツ......続きを読む»

ホークス、アルフレッド・デスパイネ獲得について

 昨年3年連続優勝を逃したホークスはマリーンズを契約満了とな り、保留者名簿から外れていたアルフレド・デスパイネを獲得した。  通常 優勝を逃したチームはV奪回のために補強をするというのが 定番で特に豊富な資金力を誇るホークスは3年前の13年に優勝を 逃したオフには、李大浩やデニス・サファテとジェイソン・スタン リッジらを獲得して昨年まで2年連続日本一になっていた。  また2年連続でリーグ優勝を......続きを読む»

国際試合で代表チームが勝つには1人のスター<層の厚さ

 いよいよWBC開幕まで1ヶ月を切り代表メンバーも決まり開幕 モードが近付いている。  ただ今回の代表チームは一昨年のプレミア12の準決勝で韓国に 敗れたり昨年の強化試合でも低調な内容だったし監督経験のない 小久保裕紀監督への不信感や、MLB選手が青木宣親のみだけでな く注目選手の大谷翔平も足首のケガのため代表を辞退した事から マスコミの取り上げ方としては悲観的な報道が目に付く。  たしかにプレ......続きを読む»

プロ野球キャンプ報道では‘雪だるま’に注意

 現在プロ野球のキャンプたけなわだが、例年感じるのがマスコミの 過剰報道だろう。  すなわち話題作りに過ぎない選手を大きく取り上げるもののプレ シーズンゲームが始まる頃には取り上げられなくなり、気が付けば 2軍で終わるという選手である。  まぁマスコミも仕事だから特に取材チームの首脳陣からプッシュ されると取り上げざるを得ないのだろうが、こういった偏向報道に 騙されるというのはいい事ではないので......続きを読む»

松山英樹の連覇は嬉しいが

 先日行われたUSPGAフェニックスOP最終日で日本の松山英樹は 首位と4打差の3位でスタートし1イーグル3バーディーノーボギー という素晴らしいスコアで回って通算-17とし、ウェブ・シンプソン とのプレーオフに持ち込むと4ホール目にバーディーを決めて逆転優 勝を決めた。  今回の優勝で松山は大会史上6人目の連覇を達成しただけでなく、 USPGA通算4勝目は3勝の丸山茂樹を抜いて日本勢単独最多優勝......続きを読む»

ニューイングランド史上最大の大逆転劇でスーパーボウル制覇

 日本時間の今朝ヒューストンで行われた第51回スーパーボウルは AFC王者のニューイングランドがNFC王者のアトランタに延長の末、 25点差を跳ね返す大逆転劇で34-28で勝ち2年ぶり5度目の優勝を 果たした。  NFL1位のオフェンスを誇るアトランタと2位のニューイングランド との一戦となったスーパーボウルは、試合前の予想では名QBトム・ ブレイディ率いるニューイングランド有利というものだった。......続きを読む»

西岡良仁らの成長が急務な日本男子テニス界

 3日から開幕した男子テニスのデビス杯ワールドグループ1回戦が 今日で終わり、日本はフランス相手に最終戦で内山靖崇が勝って辛 うじて1勝を挙げ1勝4敗で敗退した。  今回の対戦はホームとはいえエースの錦織圭が不在で相手は鍵を 握るダブルス世界ランク1位を擁するフランスなのだから厳しい戦 いが予想されたし、それだけに西岡良仁とダニエル太郎の2人がフ ランスの3番手&4番手にどこまで戦えるかと......続きを読む»

今日からラグビー・シックスネーションズが開幕

 今日からラグビー欧州6カ国対抗戦・シックスネーションズが 開幕する。  ありがたい事に昨年からシックスネーションズはWOWOWが 放映権を獲得した事で全試合見られるわけで、昨年エディ・ジョ ーンズHCを迎え5年ぶりの優勝を全勝で飾ったイングランドの 連覇なるかというのが最大の焦点だ。  実はWOWOWが今シーズンからフランスリーグの中継をして いたので、それと引き換えにシックスネーションズの放......続きを読む»

大谷翔平の代表落ちは当然

 3月に開幕するWBCを前にファイターズの大谷翔平が、足首の 故障を理由に代表選出を辞退した。  これを受けて多くのマスコミが大騒ぎをしているようだが、正直 言ってWBCで勝ちたいのならベストコンディションでない大谷は 外すべきだろうと思ったので当然の措置だ。  WBCをベストメンバーで戦わなければ勝てないのは当然だが、 あくまでコンディションをしっかり作れた選手という前提がある。  スーパー......続きを読む»

世界ランキング上位が殆ど出場しないデビス杯

 男子テニスの国別対抗戦デビス杯Wグループ1回戦は明日から開幕 し、日本は有明コロシアムでフランスと対戦する。  残念ながら日本のエース錦織圭は連戦の疲労を考慮して不参加と なりシングルスでは85位の西岡良仁と114位のダニエル太郎が出場 するのに対し、フランスも7位ガエル・モンフィスと12位ジョー・ ウィルフリード・ツォンガは不参加ではあるものの18位リシャール ・ガスケと24位ジル・シモンの出......続きを読む»

三浦隆司に期待するもの

 日本時間の1月29日にインディオでミゲル・ローマンとのWBC: Sフェザー級挑戦者決定戦で12RKO勝ちして、同日興行で新王者と なったミゲル・ベルチェルトへの挑戦権を得た三浦隆司のアメリカ での評価が上がっているという。  劣勢の展開を強打でひっくり返すエキサイティングな展開は最近 ポイントゲームの趣が強くなっているボクシングへの強烈なアンチ テーゼだろうし、魂を揺さぶる試合展開に国境はないと......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1202
  • 累計のページビュー:15119528

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss