スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2016年09月

スポーツ中継のネタバレほど つまらないものはない

 早いもので元2階級制覇王者の長谷川穂積がWBC:Sバンタム級 王者ウーゴ・ルイスに9R終了TKO勝ちし、5年ぶりの世界王者に 返り咲くと共に3階級制覇に成功して2週間が経つ。  残念な事に当日の長谷川戦は生中継がなく山中慎介-アンセルモ ・モレノ戦が7Rで終わった事から、1R・5R・8R・9Rの4R分が ダイジェストでOAされた。  この日の私は山中戦の最中は用事で外出しており帰宅したのが21......続きを読む»

ホルヘ・リナレスのライト級王座統一を見て思うもの

 日本時間の9月25日早朝にイギリスのマンチェスターで行われた WBC休養王者のホルヘ・リナレスとWBA王者のアンソニー・クロー ラの世界ライト級王座統一戦は、リナレスが115-114、115-113、 117-111という3-0の判定勝ちでタイトルを統一した。  試合は前進しながらプレッシャーをかけボディブローを放つクロ ーラに対しリナレスは距離を取りながら的確にパンチをヒットして ポイントをピ......続きを読む»

ファイターズ11、5ゲーム差を逆転してのリーグ優勝

 今日 西武プリンスドームで行われたライオンズ-ファイターズ戦 でリーグ優勝へマジック1だったファイターズは、4回にフランドン・ レアードのHRで上げた1点を大谷翔平がライオンズ打線から15三振を 奪う力投で1-0で勝ち4年ぶりのリーグ優勝を飾った。  6月半ばまで一時は11,5ゲーム差を付けられていたファイターズ だったが、6月19日から15連勝を飾るなど一気にスパートをかけオ ールスター後から......続きを読む»

Uー16日本代表、Uー17W杯出場権獲得

 インドで開催されているサッカーU‐16アジア選手権は日本時間 の昨日深夜ベスト8で日本代表はUAEと対戦し、31分に右CKから久保 建英のシュートをGKが弾いたこぼれ球を瀬古歩夢が押し込んで上げ た1点を守り切って1-0で勝ち来年インドで開催されるU-17W杯の 出場権を2大会ぶりに獲得した。  巧さはあるものの勝負強さに欠けると言われた昨今の若年層の 代表チームの場合、グループステージで強くて......続きを読む»

ベイスターズ低迷の元凶はフロントに あり

 9月19日にベイスターズがカープ戦で3-1で勝って05年以来 の3位を決めると共に、初のCS進出を決めた。  ベイスターズは07年にCS制度が導入されて以来12球団で唯一 CS出場がなかったという事は、すなわち9年連続Bクラスだった 事を意味するわけで久しぶりのAクラスである。  98年に権藤博監督で60年以来の日本一に輝いたベイスターズは 99年から01年まで優勝は逃していたものの、4年連続......続きを読む»

豪栄道の初優勝は喜びたいが・・・

 14日目を迎えた大相撲秋場所は今場所ただ1人全勝の大関・豪栄 道が玉鷲に勝って14戦全勝とし1敗力士がいないため初優勝を飾った。  今場所をカド番で迎えたの豪栄道だが初日から快調に飛ばして全勝を キープし7日目には2横綱3大関に勝って勢いに乗る隠岐の海にも勝 つと8日目には嘉風に勝ってストレートでカド番を脱出し、10日目以 降の上位対決でも今場所の綱取りを目指していた稀勢の里にも勝って 更に鶴竜......続きを読む»

Bリーグの成功は日本のスポーツを進化させる

 昨日プロバスケットボールのBリーグが代々木第一体育館で開幕し、 アルバルク東京が80-75で琉球に勝ち開幕戦を飾った。  企業チームのNBLとbjリーグに分裂していた国内リーグを1つに 統合する形でスタートしたBリーグは、フジの地上波中継とBSでTV 中継される中でスタートし会場も1万人近い観衆を集め熱気溢れる雰囲 気の中でスタート。  昨年のNBL王者・トヨタの東京とbjリーグ最多優勝を誇る......続きを読む»

陽岱鋼がファイターズのマジックを点灯させた

 今年のパ・リーグ優勝の行方を左右するホークスとファイターズ の2連戦が昨日から福岡で行われ、ファイターズが連勝してマジック 6を点灯させた。  1回に2アウトから中村晃のHRで先制したホークスだがファイター ズが直後の2回に2アウト満塁から西川遥輝の2点タイムリーで逆転 して流れを掴むと、互いにランナーを出しながら追加点を奪えない 中6回に1点づつ取り合って迎えた7回に1アウトからヒットで出塁 ......続きを読む»

ようやくバレーボールもプロ化に向かう?

 日本バレーボールリーグ機構はバレーボールのプロ化を目指した スーパーリーグ構想を発表したとの事。  チーム名に地域名を入れユースチームを保有することも義務付け られるなど今月からスタートするバスケットボールのBリーグや、 サッカーのJリーグ的な運営スタイルを目指しているようでバレーも 本格的な強化へようやく重い腰を上げたと見られる。  思えば92バルセロナ五輪後に故・松平康孝氏がプロ化構想を発......続きを読む»

日本‘ギャンブル’に勝ちWグループに残留

 大阪の靭テニスセンターで開催されているデビス杯Wグループ・ プレーオフのウクライナ戦は2日目の昨日ダブルスが行われ前日の シングルスで連勝しWグループ残留まで残り1勝としていた日本は、 錦織圭&杉田祐一ペアがアルテム・スミルノフ&セルジー・スタホ フスキーペアに6-3・6-0・6-3のストレート勝ちして3連勝とな りWグループ残留を決めた。  昨年のプレーオフではコロンビアに乗り......続きを読む»

野茂英雄、クァーズフィールドでの快挙(ノーヒッター)から20年

 今から20年前の今日デンバーのクアーズフィールドで行なわれた ロッキーズvsドジャース戦でドジャースの野茂英雄が、この球場で 史上初のノーヒットノーランを達成した。  雨のため開始時間が2時間遅れて始まった一戦はドジャースが2回 にラウル・モンデシーとティム・ウォラックの長短打で先制すると、 更にグレッグ・ギャグニーにもタイムリーが出て2点を先行。  一方の野茂は1回に1アウトからマクラッケン......続きを読む»

長谷川穂積&山中慎介、日本の誇るサウスポーが共に激戦を制す

 今日大阪のエディオンアリーナで行われたWBCバンタム級& Sバンタム級ダブルタイトルマッチでバンタム級の山中慎介は 7RTKO勝ちで11度目の防衛に成功し、Sバンタム級の5位・長 谷川穂積は王者のウーゴ・ルイスに9R終了TKO勝ちして3階級 制覇に成功した。  残念ながら長谷川の試合は生中継がなく先に山中の試合から 見たのだが、前回2-1の際どい判定で辛勝した山中がアンセル モ・モレノ相......続きを読む»

錦織圭のダブルスでのスタートは英断

 明日から大阪の靭テニスセンターで開催されるデビス杯Wグループ ・プレーオフのウクライナ戦で、日本はエースの錦織圭を初日のシン グルスで起用せずに2日目のダブルスからのスタートというオーダー を発表した。  昨年のプレーオフではアウェイーコロンビアに勝ってWグループに 残留した日本だが、今年は3月に行われた1回戦でアンディ・マレー率 いるイギリスからアウェーで敗れたため今年も入れ替え戦に回る事に ......続きを読む»

ライト級以上は海外に出ないと世界は厳しい

 9月11日に日本で見る事のできる海外でのボクシングの世界戦 3試合と亀海喜寛のノンタイトル戦の4試合が行なわれた。  日本時間の11日早朝にモスクワで行われたIBF:Sライト級タイ トルマッチでは3位の小原佳太が王者エドワルド・トロヤノフスキ ーに挑戦したものの2Rにリング外に叩き出される衝撃的なダウンを 喫した末にTKO負けしたのに対し、ロサンゼルスで行なわれたSウエ ルター級10回戦で元OP......続きを読む»

もはや稀勢の里の横綱昇進に期待するべきでない

 9月11日から始まった大相撲秋場所は横綱・白鵬が膝のケガなどを 理由に初日から全休となったため、俄然注目度が上がったのが大関・ 稀勢の里の綱取り。  春場所から3場所連続で優勝を逃してはいるものの優勝力士に対し 星1つの差での準優勝だから夏場所と名古屋場所では優勝すれば横綱 昇進といわれてきた稀勢の里にとって、優勝への最大の障害である横 綱・白鵬の休場は千載一遇のチャンスであり日本人横綱待望論を......続きを読む»

私的カープ リーグ優勝の要因を挙げてみると

 今年のセ・リーグは9月10日にカープが25年ぶりのリーグ優勝を 果たした。    早速マスコミはカープをあらゆる面から持ち上げるのだが、個人 的に今年のカープがリーグ優勝できたマスコミが取り上げてない 理由を4つばかり挙げてみる。  その1:脱根性野球  カープといえば猛練習で選手を鍛え上げるというスタイルが有名で、 それが強さの源といわれてきたのだが反面96年にジャイアンツから 11、5ゲー......続きを読む»

ボクシング好きには こたえられない今日のWOWOW中継

 今日はWOWOWでパウンド・フォー・パウンドといわれるWBC フライ級王者ローマン・ゴンサレスとミドル級王者ゲンナジー・ ゴロフキンの試合がOAされた。  最初の試合がホセ・クアドラスvsローマン・ゴンサレスのSファ イナルで行われたSウエルター級ノンタイトル10回戦で4月に引き 分けた亀海善寛と歴戦の雄ヘスス・ソト・カラスとの対戦。  前回は手数のソト・カラスとボディを中心に的確にパンチを決......続きを読む»

錦織圭ベスト4敗退は残念だが

 日本時間の今朝ニューヨークで行われているテニスの全米OP男子 シングルスのSファイナルで日本の錦織圭はスイスのスタン・ワウリ ンカにセットカウント1-3で逆転負けし2大会ぶりのファイナル進 出を逃した。  第1セットの第5Gをブレークして6-4で取り好スタートを切った かに思われた錦織だったが第2セットの第6Gでブレークされるピンチ を凌いだ後に、第7Gで0-40とリードしながらブレークに失敗し......続きを読む»

秀岳館の存在は熊本には必要

 作新学院の優勝で幕を閉じた今年の夏の甲子園だが、今年の高校 野球で話題をさらったのが熊本代表の秀岳館。 NHK高校野球解説者だった鍛治舎巧監督が率いていた枚方ヤング ボーイズのメンバーをごっそり‘移植’して春夏連続出場し共にベス ト4に入るという快挙を演じた反面、選抜の初戦でサイン盗み疑惑も あって一部の高校野球ファンを敵に回した形だ。  秀岳館のやり方には賛否両論あるだろうが個人的には現在の......続きを読む»

Jリーグの2ステージ制は廃止すべき

 サッカーのJリーグが昨シーズンから導入した2ステージ制を来 シーズンから1ステージ制に戻す事を検討しているらしい。  昨シーズンから地上波での放映権料目当てで2ステージ制に踏み 切ったのだが、ただでさえ過密日程になるだけでなく優勝決定方式 の分かりづらさなどが不評だったとの事。  更に肝心の放映権料だがイギリスの動画配信大手と総額2100億 円の10年契約を7月に結んだので、大幅な収入増加が見......続きを読む»

40年前にタイガース戦で天国と地獄を味わった末次利光

 今から40年前の今日76年9月7日に甲子園球場で行われたタイ ガースvsジャイアンツ戦でジャイアンツの末次利光は8-6で迎え た8回裏2アウト満塁から平凡なライトフライを落球しただけでな く、落球したボールを蹴っ飛ばしたため走者一掃となって8-9で ジャイアンツは逆転負けする。  この年は前年の最下位からの優勝を目指すジャイアンツがタイガ ースと熾烈な優勝争いをしていたのだが、その中でタイガース......続きを読む»

ハリル・ジャパン、最低限の勝ち点3

ロシアW杯アジア最終予選の2試合目がバンコクのラジャナンダム スタジアムで行われ、日本代表はタイに原口元気と浅野拓磨のゴー ルで2-0で勝ち最終予選初勝利を挙げた。  試合開始から日本が押し込む形になったものの決定機を決めきれ ないばかりか、UAE戦同様ゴールを割ったようなシュートが入り切 れてないなど嫌な展開になりかけていたが18分に酒井宏樹のクロス を原口が決めてようやく先制。  70分にミ......続きを読む»

井上尚弥、10RKO勝ちで3度目の防衛に成功

 今日スカイアリーナ座間で行われたWBO:Sフライ級タイトル マッチで王者の井上尚弥は1位のペッチバンボーン・ゴーキャッ トジム相手に10RでKO勝ちし3度目の防衛に成功した。  試合は立ち上がりから井上が左ジャブを中心にした戦い方を 見せ、前進して来る挑戦者の打ち終わりを狙ってパンチを決め る展開で進み特に井上の左ジャブが効果的にヒットをしていた のだがラウンドが進むにつれて右の使用頻度が減って......続きを読む»

松田丈志の引退に思う

 先日04アテネ五輪から4大会連続出場していた競泳の松田丈志が、 岩手国体男子400m自由形の出場を最後に引退するとの事。  既に32歳だから年齢的にも潮時だろうと思うし練習環境に恵まれ ないビニールハウスのプールからデビューして、4大会連続で五輪 出場しただけでなく08北京から3大会連続で4個のメダルを獲得した のは素晴らしく北島康介同様に歴史に名を残すスイマーだった。  特筆するべきはバタフ......続きを読む»

理想のGMは根本陸夫氏なのだが・・・

 先日ドラゴンズの谷繁元信監督がシーズン中に解任された件で 落合博満GMへの批判があったし、拙ブログでも落合はGM不適格 者と記した。  GM=ゼネラルマネージャー制度はMLBでは当たり前で、最近では この部署の優劣でチーム力が上下するといわれており現役時代の 実績は一切関係ないどころか経験者でなくても能力さえあれば務 まるポジションだ。  一方 日本では総監督という受け止められ方をしており、......続きを読む»

W杯アジア最終予選は‘まさか’の逆転負けスタート

 サッカーW杯ロシア大会のアジア最終予選が今日から始まり埼玉 スタジアムでUAEと対戦したヴァイド・ハリルホジッチ監督率いる 日本代表は、11分に本田圭佑のゴールで先制したものの20分にFK で追い付かれると54分にはPKを決められて1-2で逆転負けする 波乱のスタートとなった。  試合自体は立ち上がりから日本が押し気味に試合を進め11分に FKから本田が決めたので少なくとも負けはないと思ってい......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1131
  • 累計のページビュー:15112061

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss