スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2016年05月

勝てる投手の方が防御率のいい投手より ありがたい

 今年のプロ野球も明日からセ・パ交流戦が始まるのだが交流戦前の パ・リーグでは3連覇を目指すホークスが31勝13敗4分の+18と、2位の マリーンズに6ゲーム差を付けてトップに立っている。  好調の原因として投打のバランスがいいという事が挙げられるが、 昨シーズンまで盤石だったリリーフ陣がクローザ―のデニス・サファ テ以外が不安定という弱点を補うかのように先発投手陣の安定感が 目立つ。  武田翔......続きを読む»

U23日本代表‘最高の結果’でトゥーロン国際を終える

 リオ五輪出場を決めている男子サッカーU23代表は5月18日に 開幕したトゥーロン国際大会に出場しパラグアイ、ポルトガル から敗れた後ギニアには勝ったもののイングランドとの最終戦 もPKによる1点を返せず0-1で敗れグループステージ敗退が決 まった。  初戦のパラグアイ戦を1-2で落とすと2試合目のポルトガル戦も 0-1で敗れて連敗し、ギニアには大量得点を取るチャンスがあり ながら2点しか取れずに......続きを読む»

準代表選手達のモチベーションを上げる事ができる、サンウルブス

 ラグビーのアジア選手権の最終戦が香港相手に今日 秩父宮で 行われ、既に3連勝して優勝を決めている日本は59-17で勝ち 4戦全勝で日程を終えた。  序盤の日本はスクラムで反則を取られるなどリズムを掴めずに 13分にPGで先制されると20分にはT&Cで0-10とリードを 許す展開。  それでも25分にTを返してリズムを取り戻していくと同時に ペースを掴んで前半を終えた時点で24-10で終......続きを読む»

男子バレー強化委員会にとって審判の日々が始まる

 リオ五輪のバレーボール世界最終予選兼アジア予選が22日に終了 した女子に続き、明日28日からは男子も始まる。  女子は4試合目のタイ戦で崖っぷちまで追い込まれながら逆転勝ち したのが効いて最終的に3位で出場権を獲得したのだが、男子の場合 は世界ランクで下の国が2つしかない事から更に厳しい戦いが予想 される。  とりあえず最初の2試合がランクでは下のベネズエラと中国だから 連勝スタートが絶対条件......続きを読む»

四球を連発するならソロ本塁打を打たれた方がマシ

 3月26日に開幕した今年の日本プロ野球は来週からセ・パの交流 戦が始まるのだが、パ・リーグは3年連続日本一を目指すホークスが 今日で44試合を終え27勝13敗4分で+14と2位のマリーンズに3ゲーム 差を付けている。  ホークスの強みはチーム防御率や打率にHR数、盗塁数など全ての 部門でチーム打率を除けばリーグ3位以内に入っている総合力の高さ だというのは間違いない。  ただ今シーズンのホーク......続きを読む»

日本人ボクサーが海外でのビッグマッチを望むならば

 内山高志や山中慎介が熱望している海外でのビッグネーム相手の 試合を実現したのは西岡利晃と三浦隆司の2人だが、それ以前に ビッグマッチを期待されたものの惜しいところで逃した選手では 浜田剛史と平仲明信に三原正が上げられる。  WBC:Jウエルター級王者だった浜田剛史は強豪のレネ・アルレ ドントを1RでKOして戴冠したのだが、アルレドントとの再戦で 勝った場合Jライトとライト級を制していたヘクター・......続きを読む»

女子バレー日本代表のリオでのメダルは厳しい

 リオ五輪女子バレーの出場権をかけた世界最終予選兼アジア予選 は昨日が最終日で、既に出場権を獲得していた日本はオランダと対 戦しセットカウント1-2から第4Sで32-30で取った事から勢いに乗 りセットカウント3-2で勝ち最終的には韓国を上回ってアジア1位の 全体3位で終了した。  終わりよければ全てよしとは よく言ったもののフルセットで敗 れたイタリアに勝ったオランダに勝っての締めくくりは嬉しい......続きを読む»

稀勢の里、来場所綱取りへの希望をつなぐ

 横綱・白鵬の全勝優勝で幕を閉じた今年の大相撲夏場所だが、今 場所最大の注目だった大関・稀勢の里は千秋楽に横綱・日馬富士に 勝って13勝目を上げ有終の美を飾った。  先場所 優勝した横綱・白鵬に次ぐ13勝を上げて一躍今場所は綱 取り場所になった稀勢の里が横綱昇進へのノルマは14勝しての優勝 というものだったが、12日目まで全勝でクリアし13日目に白鵬との 全勝対決で敗れると翌日も鶴竜に敗れ2敗目を......続きを読む»

チャレンジシステムとコリジョンルール

 リオ五輪のバレーボール世界最終予選兼アジア予選が現在 東京で 行われているのだが、今回話題になっているのがビデオ判定を要求 するチャレンジシステムだ。  際どい判定の場合ビデオ判定を要求できるチャレンジを1セットに 2回までできるものの失敗すると回数が減るというのはアメリカン フットボールあたりから始まりテニスあたりからメジャーになり、 チャレンジではないものの審判が要求するオフィシャルレビュー......続きを読む»

好調・稀勢の里が白鵬を復活させた?

 大相撲夏場所は今日13日目に横綱・白鵬と大関・稀勢の里の全勝 対決という今場所最大の注目の一番を迎えた。  今場所は12日目まで両者とも危なげない取り口で全勝という最近 では珍しい展開で直接対決を迎え初場所は稀勢の里、春場所は白鵬 と最近の2場所は1勝1敗だったので近年にない盛り上がりを見せた。  なにせ両者とも残り2日間は日馬富士や鶴竜といった横綱と対戦 するのだが、既に両横綱は10勝3敗と......続きを読む»

女子バレー、タイに逆転勝ちで泣くようでは

 リオ五輪のバレーボール女子世界最終予選兼アジア予選は昨日で 4試合を終え、韓国に敗れたもののペルー・カザフスタン・タイに 勝って3勝1敗で出場権獲得圏内ギリギリの4位につけている。  ペルー、カザフスタン戦を連勝して好発進したはずだったが3日 目に韓国から1-3で敗れただけでなく、エースの木村沙織が右手 小指を痛める不穏な雰囲気で迎えたタイ戦は負けると五輪が厳しく なるという試合だった。  立......続きを読む»

輪島功一最後の防衛戦から40年

 今から40年前の今日76年5月18日に行われたWBA:Jミドル級 タイトルマッチで王者の輪島功一は、2位のホセ・デュラン相手に 14RでKO負けし2月に柳済斗から奪回した王座の初防衛に失敗 すると共に奇しくもファイティング原田がエデル・ジョフレから 世界バンタム級タイトル奪取して11年後の5月18日に世界王者が いなくなったわけである。  3ヶ月前の柳済斗戦で15RKO勝ちし奇跡の返り咲きを果た......続きを読む»

大谷翔平が勝てないのは‘エース依存症’にあり

 ファイターズの大谷翔平が昨日のライオンズ戦でも6回5失点で 前週に続いて負け投手となり今シーズン早くも4敗目を喫し、20勝 をも期待されたにも拘わらず8試合登板で1勝4敗という状況だ。  巷では‘肉体改造の失敗’とか‘162㌔の棒球’などという説が 飛び交っているし、栗山英樹監督も‘試合を支配しきれてない’ などといって奮起を促しているのだが見方を変えれば打線の援護 が少ないという要素を忘れては......続きを読む»

白鵬の駄目出しは自らの衰えに対する苛立ちか

 幕内最高優勝36回を誇る大横綱・白鵬が十分過ぎる実績のわりに 世間の風当たりが強いのは勝った後にとどめを刺すいわゆる‘駄目 出し’が多いという事になるのだが、どうも白鵬の駄目出しは残心 という相撲精神を過剰に考えているのではないかと個人的に思う。  相撲をはじめ日本の武道には‘残心’という言葉があり技を決め ても審判から勝ち名乗りを受けるまで勝負は決まらないから、技を 決めてもガッツポーズをする......続きを読む»

バレーボール・リオ五輪へのチャレンジが始まる

 リオ五輪バレーボールの出場権をかけた世界最終予選兼アジア予選の 女子が今日から開幕し、日本はペルー相手に3-0で勝ちリオへ好発進 となった。  第1セットは硬さが見える立ち上がりだったが長岡望悠が11得点を 上げる活躍で25-23で取ると第2セット以降は地力の差を見せ25-10、 25ー14で取り形の上では快勝だった。  アジア最上位国と全体の3位までに出場権が与えられるレギュレー ションで行......続きを読む»

そろそろイーグルスも生え抜きの4番を育てるべき

 先日 今シーズン鳴り物入りでイーグルスに入団したジョニー・ ゴームズの退団が決定した。  課題の長打力不足を補うためにMLB通算162HRという実績を持つ ゴームズを獲得したわけだが、ここまで18試合で打率,169、1HR、 7打点という低調な成績だったため4月22日付けで2軍落ちしていた。  本人は‘地震が恐ろしかった’などと言い訳しているが日本野球に フィットできなかったというのは火を見る......続きを読む»

サッカーU‐23代表選考の真価はトゥーロン国際で

 鳥栖のベストアメニティスタジアムで昨日行われたサッカーU-23 日本代表がガーナ代表に3-0で勝ち、リオ五輪の出場権を得た1月 のアジア最終予選以来の試合を飾った。  五輪の初戦で対戦するナイジェリアを想定して対戦したアフリカ 勢のガーナとの試合だが、11分と15分に矢島慎也のゴールが決ま ると30分には新たに加入した富樫敬真のループシュートで3‐0と リードを広げる。  守っては植田直通と奈......続きを読む»

地獄車の原理を応用した?宇良の下手投げ

大相撲夏場所4日目の今日、十両の取り組みで新十両の宇良が天 空海相手に下手投げで勝った一番は面白いものだった。  天空海の懐に入った宇良が投げの打ち合いになった時に自らが頭 から倒れる形の下手投げで勝ったのだが、通常通りに投げを打ち合 えば同体か下手の宇良の方が押し潰される形で負けになるのだから 凄い発想の投げが決まったわけだ。  今場所から十両に昇進した宇良は小兵という事で話題になり居反 りを......続きを読む»

男子レスリング苦戦!

 日本時間の6日から8日までイスタンブールで行われていたリオ 五輪のレスリング最終予選では日本男子は6日のグレコローマンに 続き8日のフリーでも2位までに与えられる出場権を獲得できず、 グレコ&フリー共々6階級中2階級づつの出場枠に終わり全6階級 で出場権を獲得した女子とは明暗を分ける形になった。  こうなると巷では‘女子に比べて男子は云々’という不毛な比較 論が巻き起こるのだが、正直言っ......続きを読む»

ガッツ石松がタイトルを失って40年

 今から40年前の日本時間の今日76年5月9日にプエルトリコの サンファンで行われたWBCライト級タイトルマッチで、王者の ガッツ石松は2位エステバン・デ・ヘスス相手の指名試合に臨み 0-3の大差判定負けし6度目の防衛に失敗した。  2年前の74年4月にロドルフォ・ゴンサレスを8RでKOして3度 目の挑戦でライト級タイトルを奪取した石松はゴンサレスとの リマッチや、強敵ケン・ブキャナンに勝つなど1......続きを読む»

井上尚弥KOは逃すものの収穫十分のV2

 今日 有明コロシアムで行われたWBO:Sフライ級タイトルマッチは 王者の井上尚弥が、1位のダビド・カルモナに3-0の判定勝ちし2度 目の防衛に成功した。  試合は立ち上がりから井上が持ち前の強打でカルモナを圧倒した のだが、しっかりガードを固めたカルモナも粘って打ち返す展開で ラウンドは進み最終Rにはボディブローを中心に攻め込んでダウンを 奪いゴングに救われた形で判定勝負に。  結果的に倒せな......続きを読む»

明日から大相撲夏場所が始まるのだが

 明日から今年の大相撲夏場所が始まる。  今度の夏場所最大の注目点はズバリ、大関・稀勢の里が横綱に昇進 できるか。  先場所の稀勢の里は13勝2敗の好成績で優勝争いを展開し優勝した 白鵬に次ぐ成績だったのだが、問題は内容で当初トップを走りながら 終盤失速しての準優勝だった。  更に言えるのは先場所は初場所で日本出身力士として10年ぶりに優勝 した琴奨菊の綱取りがかかっていた事からプレッシャーは......続きを読む»

リオ五輪男子体操代表とりあえず2人が決定

 リオ五輪の男子体操団体メンバーの選考を兼ねたNHK杯が今日 行われ、8連覇を果たした内村航平と2位の加藤凌平が とりあえず 代表に決まった。  リオ五輪の代表枠は5だが先月行われた全日本選手権と今回の NHK杯で2位までが代表入りをし、残りは6月の種目別選手権で5位 以内と12位以内の選手に特定種目のスペシャリスト1人という選考 方法だ。  ところが世界王者の内村が既に代表を決めているので今......続きを読む»

内山高志が敗れて1週間が経ち

 11度防衛中だったWBA:Sフェザー級スーパー王者の内山高志 が暫定王者のジェスレル・コラレスから2RKO負けし‘まさか’ の王座転落となってから1週間が経つ。    個人的にもコラレスが計量でも400gオーバーする失態を演じ たのを見て‘負ける相手ではない’と思っていただけに2Rで何も できないままに終わってしまったのはショックだった。  ただ冷静に考えると これまで起こった番狂わせによる王座......続きを読む»

レスターの奇跡はサッカーの常識を変えるか?

 大詰めを迎えたイングランドのサッカープレミアリーグで、岡崎 慎司が所属するレスターがアウェーでマンチェスターUと1-1で引き 分けたのに対し2位のトットナムがチェルシーと引き分けたため勝ち 点差が残り2試合を残して7となり初優勝を飾った。  個人的にプレミアリーグのチームで知っているのはマンUやアーセ ン・ベンゲル率いるアーセナルにチェルシー、リバプールやマンCに ニューカッスルなどで申し訳ない......続きを読む»

ドラフト上位は将来の中心選手を獲得するべし

 シーズン前から いろいろと不安を抱えていた高橋由伸監督率いる ジャイアンツが開幕から快調に首位を走っていたのだが、ここに来て 神宮で3連敗し11試合ぶりに首位から陥落した。  個人的には甲子園の3戦目で5番を打っていたクルーズが自打球を 足に当てて登録抹消されてから打線のつながりが悪くなっていると 思うし、菅野智之1人におんぶにだっこという投手陣をケアするため にも打線の援護が絶対に必要なのだが......続きを読む»

ラグビー日本代表、アジア選手権の意義

 昨日ニッパツ三ツ沢球技場で行なわれたラグビーのアジア選手権 の韓国戦で、日本代表は15トライの猛攻を見せて85-0で快勝し 好スタートをきった。  昨年W杯以来のテストマッチとなったアジア選手権だがスーパー ラグビーシーズンのため主力メンバーだけでなく、ジェイミー・ジョ セフHCも不在という事で中竹竜二がHC代行として率いたものの 思い通りの選手招集ができずに初練習から5日で本番を迎える状況 で......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1202
  • 累計のページビュー:15119528

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss