スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2015年12月

行き過ぎた‘スモールベースボール’は日本のレベルを下げる

 最近のプロ野球を見ているとスモールベースボールという発想が 進み過ぎてスケールの大きさが感じられず、ひいては日本人野手の メジャーリーガーが枯渇する原因になっているのではないかと思う。  日本の野球はアメリカやカリブ地域に比べてリーグ戦という発想 よりも夏の甲子園に代表されるトーナメント戦で盛り上がる事が多 いので、投手を中心にして守り勝つというトーナメント仕様のチー ム作りが伝統的に主流になっ......続きを読む»

スピードスケートのスプリントは1000m系の選手が勝つ時代

 昨日から帯広の十勝オーバルで開催されていたスピードスケー トの全日本スプリント選手権で女子は高木美帆が、男子は大和田 司が総合優勝を飾った。  スピードスケートの全日本スプリント選手権は500mと1000mを 2日間で2本づつ合計4本滑って総合で優勝を決めるので、かつては スピードスケートのスプリンターを決めるという大会だったのだが 今回総合優勝した高木と大和田は共に1000m系の選手である。 ......続きを読む»

圧倒的な強さと激闘を堪能したボクシングフェスタ2015

 今日 有明コロシアムでボクシングフェス2015としてIBF:Lフライ級 タイトルマッチとWBO:Sフライ級タイトルマッチが行われLフライ級 タイトルマッチでは8位の八重樫東が3-0の判定勝ちで3階級制覇を達成し、 Sフライ級タイトルマッチでは井上尚弥が2RでKO勝ちして初防衛に成功 するなど大橋ジム・デーとなった。  試合前の予想では王者・井上の場合は拳のケガによる1年のブランク のみが気がかり......続きを読む»

高校ラグビーのダイジェスト版の中継時間が遅過ぎる

 今年も昨日から全国高校ラグビーが開幕し昨日と今日で1回戦を 終え、明後日30日からはシード校が登場する2回戦となる。  残念なのは高校ラグビーの生中継が民放では今年も決勝のみしか ないし、ダイジェスト版も深夜2:00過ぎからというのだから とて もじゃないが見る気はしない。  90年代までの高校ラグビー中継は3回戦までが23:30過ぎから 1時間ほどのダイジェスト番組で、3日のベスト8は15:......続きを読む»

浅田真央 ブランク明けでは健闘の3位

 札幌の真駒内アイスアリーナで開催されたフィギュアスケートの 全日本選手権は今日が女子シングルのフリーで、SPで5位と出遅れた バンクーバー五輪の銀メダリスト・浅田真央はフリーで巻き返し 3位に入り来年ボストンで行われる世界選手権の出場権を獲得した。  フリーでは冒頭のトリプルアクセルで転倒したものの残りのジャ ンプは全て成功させ、崩れる事なく持ち直しフリーでは2位に入り 3位に滑り込んだ形だ。 ......続きを読む»

連続優勝を続けるのに重要なのは・・・

 ホークスの松田宣浩が海外FAによるMLB挑戦を諦めて‘10連覇を 目指す原動力になる’という事でホークスに残留を決めた。  10連覇を目指すというのは昭和の時代にジャイアンツが達成した 9年連続日本一を超えるという事になるのだがジャイアンツの9連覇 以降はライオンズが86~88年、90~92年に達成した3連覇が最高で 93年以降はリーグ優勝の連覇はあっても日本一の連覇は今年のホーク スまでなかっ......続きを読む»

MLBでレギュラーとして活躍するのなら憧れだけでは・・・

 MLB挑戦を志してホークスから海外FA宣言した松田宣浩が、 最終的にホークスに残留するという会見が昨日あった。  個人的には松田がMLBでプレーする姿を見てみたかったので 残念な気はするが、32歳という年齢で渡米し慣れない環境で 結果を残すのは容易な事ではないので現実的な判断ではある だろう。  基本的に松田は日本では‘いいサード’ではあるもののロング ヒッターではないし体格的にもMLBでは華......続きを読む»

水球日本代表の五輪出場権獲得は、エディ・ジャパンの好影響でもある

 いささか旧聞になるが中国で行われていた水球のリオ五輪アジア 予選最終日の12月20日に水球男子日本代表は中国に16-10で勝ち、 84ロス五輪以来の五輪出場を決めた。  水球といえば日本では あまり馴染みのない種目だし五輪に出場 しても活躍してないので注目度も低く04アテネと08北京は実力不足を 理由に予選の参加すら見送られていたし、今回の五輪予選でも大会 前までは大会の中継を開催国の中国からT......続きを読む»

内山高志V11戦への不安を強いて上げれば

 昨日のスポーツ紙に大晦日に11度目の防衛戦を行うWBA:Sフェザー 級王者の内山高志に、勝てば次はラスベガスで前WBAフェザー級王者 ニコラス・ウォータースとの対戦が有力と載っていた。  ニコラス・ウォータースといえば西岡利晃と激闘を演じたノニト・ ドネアをKOした強豪で体重苦から1階級上げるのは確実と言われた だけに、国内最強と言われる内山にとって名を上げるのに最高の 相手だろう。  ただし......続きを読む»

そろそろ大牟田も留学生を受け入れるべき

 昨日 京都で行われた全国高校駅伝大会では広島代表の世羅が男女 アベック優勝を飾ったのだが、打倒世羅の一番手と目されていた大 牟田は最後の三つ巴の競り合いで競り負けて8位と同タイムながら 入賞すら逃す10位に終わった。  一昨年の大会で1年生ながらアンカーで競り合った鬼塚翔太を1区で 起用し先行逃げ切りを図ったにも拘わらず、6㌔ほどでハイペースに 付いて行けず脱落して4位に落ちると3区までに15位......続きを読む»

Jリーグのレベルが決して低くない事を証明した広島の3位

 FIFAクラブW杯は今日が最終日でヨーロッパ王者のバルセロナが 南米王者のリバープレートにルイス・スアレスの2ゴールなどで3- 0で勝って4年ぶり3度目の優勝を果たした一方、3位決定戦では開催 国枠で出場したJリーグ王者の広島がアジア王者の広州恒大にドウ グラスの2ゴールで2-1で逆転勝ちし08年のG大阪以来の3位になった。  広州恒大はアジアのドリームチームでJリーグのチームもAFCの グルー......続きを読む»

竹原慎二のミドル級制覇の快挙から20年

 今から20年前の今日95年12月19日に後楽園ホールで行われたWBA ミドル級タイトルマッチで挑戦者の東洋太平洋王者・竹原慎二が、王者の ホルヘ・カストロに判定勝ちして日本人初の世界ミドル級王者になった 日である。  日本ボクシング界にとってミドル級というのは これまで挑戦すら できなかった階級で、しかも王者は100戦を越えるキャリアを持つタフ ファイターだった。 しかもカストロは前年の10月......続きを読む»

新外国人に命運を託さなけばいけないジャイアンツ

 今シーズン セ・リーグで2位に終わったジャイアンツが来シーズ ンのV奪回に向けてマリーンズのルイス・クルーズに続き元NYヤン キースのギャレット・ジョーンズを獲得した。  確かに今シーズンのジャイアンツはチーム打率が12球団中11位と いう貧打に泣かされた形だし、監督も現役を引退したばかりの高橋 由伸という事で球団とすれば必死にバックアップするための補強だ ろうが どうも心もとない話だ。  新......続きを読む»

澤穂希さん、お疲れさまでした

 サッカー女子日本代表元キャプテンでINAC神戸の澤穂希が今シーズン 限りの引退を今日発表した。  今年カナダで行われたW杯でも代表入りしていたし試合に出場しなく てもベンチにいるだけで存在感があるため、少なくとも来年のリオ五輪 までは現役を続けるのではと思っていたので意外ではあった。  ただし会見での話などを聞くと自分の力が代表として戦力になれる 自信がないと判断してのものらしいから、やはり自......続きを読む»

南米王者相手に大健闘の広島だが

今日 大阪で行われたFIFAクラブW杯の準決勝で開催国枠で出場し ている広島は南米王者のリバープレートに0-1で敗れ3位決定戦に 回る事になった。  これまでJリーグ勢は準決勝突破がなかったので初の決勝進出が 期待されていたのだが25分過ぎから度々訪れた決定的なチャンスで GKバロベロの好守で防がれるなど得点できず、後半に入っても膠着 状態が続いていたのだが72分にFKを競ったGKの林が取り損ねた......続きを読む»

スピードスケートW杯で女子団体パシュートが連勝

 日本時間の一昨日オランダのヘーレンフェインで行われたスピード スケートW杯女子チームパシュートで菊池彩花・高木美帆・高木菜那 で組んだ日本は2:59:58で、パシュートの開幕戦だったインツェル 大会に続いて優勝した。  チームパシュートは5年前のバンクーバー五輪で2位に入った種目で 3人目のブレードの最後尾がゴールした時点で順位が決まるため、個人 種目では苦戦する日本にとっては勝負できる種目であ......続きを読む»

好素材を揃えても監督がダメだと勝てない事を証明している早稲田ラグビー

 今年のラグビー全国大学選手権は今週から2次リーグが始まり、 最初のラウンドでは対抗戦4位だった早稲田が関西リーグ2位の 天理大に10-14で敗れるスタートとなりベスト4に進めるグループ 1位が早くも厳しくなった。  もともと早稲田のグループにはリーグ戦で優勝した東海大が シードチームになっているので連勝して東海と対戦したいとこ ろだったが、10-7で迎えた45分に逆転T&Cを決められて後......続きを読む»

プロのチームの成績を左右するフロントの出来

 福岡がC大阪とのJ1昇格プレーオフ決勝を1-1で引き分けてJ1 昇格を決めてから1週間が経つ。  前年22チーム中16位に終わっただけでなく松本山雅のJ1昇格を 目の前で見せつけられるという屈辱を味わって迎えた今シーズン 開幕3連敗でスタートしたのだが、就任1年目の井原正巳監督が見 事にチームを立て直してのJ1復帰なのだから いかに監督を含めた スタッフが大事かだけでなくフロントの力量も試される......続きを読む»

長谷川穂積2度のダウンから生き延びる

 神戸市立中央体育館で今日行われたSフェザー級ノンタイトル10 回戦で、元2階級制覇王者の長谷川穂積は5位のカルロス・ルイス 相手に2度のダウンを喫しながら3-0の判定勝ちし再起2戦目を 飾った。  残念ながら我が家はCSに加入してないのでTVでは見られない ためネットの速報で見ていたのだが、2度のダウンを喫したのを 知りハラハラしたものだった。  ただしダウンをしたラウンド以外は相手の強打をか......続きを読む»

実戦に勝る強化法はない

 11年からクリーブランドの3Aに所属していた元ジャイアンツの 村田透が今シーズン初めて1試合ではあるがメジャーに昇格して 先発デビューを飾った。  村田透といえば大体大から08年にドラフト1位でジャイアンツに 入団したものの3年で戦力外になり、11年からクリーブランドと マイナー契約し3AでプレーしていたのでMLB5年目でのメジャー 昇格となったわけだ。  その村田をタイガースが獲得しようとし......続きを読む»

米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・

 先週開催された男子ゴルフの国内ツアー最終戦の日本シリーズで 石川遼が、2位に5打差を付ける4日間通算-14で初の日本タイトルを 獲得した。  石川は主戦場にしているアメリカツアーでは辛うじてギリギリで シード権を獲得したのに対し、日本ツアーでは一転7戦して2勝する など好調を維持しているのを見ると日本ツアーの ぬるま湯ぶりが 嫌でも目立つ。  聞くところによると今シーズンの日本ツアーで複数優勝......続きを読む»

スポーツ紙の売り上げ不振は自業自得

 以前アップされた 広尾晃氏のブログの記事によればここ10年 ほど前からスポーツ紙の売り上げが落ちているというが、子供の 頃から読んでいる私にとって90年代以降スポーツ紙の内容が劣化 している事を実感する。  98サッカーW杯フランス大会終了後にフリーのスポーツライター 達が書いたサッカー関連の本が大量に出版されたのだが、その中に 元スポーツ紙記者だった加部究氏の「サッカーを殺すな」という本 では......続きを読む»

‘アビスパ’になって20年目に福岡J1復帰決定

 Jリーグの全日程が昨日で終了したのだが最終戦はJJ1昇格プレー オフの決勝でJ2の3位だった福岡が、終了3分前に中村北斗の同点 ゴールで4位だったC大阪相手に引き分けに持ち込んで5年ぶりのJ1 昇格を決めた。  J1昇格プレーオフの決勝は中立地で行われ事前に決まっていたの だが今年は国立が使えなかったりした事などから事前にC大阪の本拠 地・ヤンマースタジアム長居になっていたし、このプレーオフが始......続きを読む»

福岡国際マラソン・佐々木悟の3位は立派だが

 来年行われるリオデジャネイロ五輪の男子マラソン代表選考レー スの第1弾・福岡国際マラソンが今日行われ、ケニアのパトリック・ マカウが2:08:18で2年連続優勝を飾り2:08:56の自己ベストでゴール した佐々木悟が3位に入りリオ五輪出場へ近づいた。  レースは2:02:57の世界記録保持者であるデニス・キメットが5㌔ 過ぎに棄権するという波乱の展開で始まり日本人選手の最有力候補 だった川内優輝......続きを読む»

Jリーグチャンピオンシップでの広島の優勝は必然

 今シーズンから復活したJリーグのチャンピオンシップの決勝第2 戦が広島で行われ、大阪での第1戦を3-2で勝っていた広島が27分に 先制されたものの75分に追い付いて1-1で2試合合計4-3で勝ち2年 ぶり3回目の優勝を決めた。  大阪での第1戦ではG大阪が先制し一旦追い付かれた後に再び勝ち 越したが、大阪のDFオ・ジェソクの退場から流れが変わりロスタイ ムに広島が2点を取って3-2で逆転勝ち。 ......続きを読む»

今なら評価されないガッツ石松の減量伝説

 今から40年前の今日75年12月4日に日大講堂で行われたWBC ライト級タイトルマッチで、王者のガッツ石松が挑戦者の8位アル バロ・ロハスを14Rに右アッパー一発でKO勝ちして5度目の防衛に 成功した。  これまで1度もKO負けがないというのが売りの挑戦者ロハスは 粘り強い攻撃が持ち味で王者が迎え撃つ消耗戦になったのだが、何 より話題になったのは石松の減量苦。  この頃から過酷な減量に苦しむ石......続きを読む»

ウラジミール・クリチコの王座陥落で世界のヘビー級は輝きを取り戻すか?

 日本時間の11月29日にドイツのデュッセルドルフで行われたWBO& IBF&WBAヘビー級王者のウラジミール・クリチコが1位のタイソン・ フェーリーに0-3の判定で敗れて9年間守り続けたタイトルを失った。  最後に敗れたのは11年前で06年4月にクリス・バードを7RでTKOし IBFタイトルを奪ってから実に9年以上タイトルを守り続けたわけ だから凄いのだが、意外にも王座陥落のニ......続きを読む»

プロ野球CSと同じ扱いのJリーグチャンピオンシップ

 Jリーグが地上波TVの視聴率アップを画策して今シーズンから 導入された2シーズン制のチャンピオンシップ決勝が、明日から ホーム&アウェー方式で始まる。  1シーズン制にはない最後のヤマ場を作って地上波TVに映権して もらう思惑でスタートしたチャンピオンシップだが、最大の目的で ある視聴率が準決勝では低調だったという記事が載っていたし決勝 の方も このままでは前途多難である。  ちなみに......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1202
  • 累計のページビュー:15119528

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss