スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2015年06月

駅伝と同じく長距離トラック競技をしっかり取り上げるべし

 8月に北京で開催される世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上の日本 選手権が新潟で26日から昨日まで開催され女子の100&200mで福島 千里が2冠を達成したり男子100mは高瀬彗、200mでは藤光謙司が 優勝しやり投げでするなど話題の多い大会だった。  個人的に注目したのは5000mと10000mの長距離種目で箱根駅伝で 活躍していた面々がどこまで伸びているかという事。  男子5000は村......続きを読む»

なでしこジャパン、2大会連続W杯ベスト4

 日本時間の今日早朝エドモントンで行われた女子W杯のベスト8で 日本はオーストラリアに途中出場の岩渕真奈が終了間際にゴールを決め 1-0で勝って2大会連続のベスト4進出を決めた。  試合はブラジルに勝った勢いのあるオーストラリアに対し日本が 前半からボールを支配し攻め続けるが相手の固く粘り強い守備の前 に何度も決定的な場面があったものの、ゴールを割れず時間が過ぎて いたので延長やPK戦になったらヤ......続きを読む»

ジャイアンツ再建のために やるべき事

 最近すっかり弱体化し‘普通のチーム’に成り下がったジャイア ンツだが、再建するにはチームの‘顔’というべき生え抜きの強 打者を育てるべきではないか。  もともとジャイアンツは元祖三冠王の中島晴康や川上哲治に長嶋 茂雄、王貞治に原辰徳や松井秀喜ら生え抜きの強打者がチームの顔 として君臨していたのだが阿部慎之助以降の生え抜きの強打者が育 ってないし大田泰示以降は強打者を獲得してないのが響いている。 ......続きを読む»

石田順裕の冒険終わる

 1週間前に元WBA暫定Sウエルター級王者・石田順裕が引退を表明 した。  石田順裕は暫定とはいえ三原正以来のSウエルター級王者という 位置付けになるのだが、それよりもラスベガスのMGMグランドガー デンアリーナで世界ミドル級4位の強豪ジェームス・カークランド に1Rで3度のダウンを奪い番狂わせのKO勝ちした試合が印象深い。  00年にデビューしてから2度 日本Sウエルター級王者クレージー ・キ......続きを読む»

シンガポール戦の引き分けはハリル・ジャパンのターニングポイントになるのか?

 先日行われた18ロシアW杯アジア2次予選の初戦で格下といわれる シンガポール相手に、ホームで0-0の引き分けたに終わったハリルホ ジッチ監督率いる日本代表への風当たりが一気に強まった。  ハリルホジッチ監督が就任してから親善試合で3連勝していた事も あり多くのメディアが期待していただけにシュートを23本も打って 1点も取れないというのは期待を裏切るのに十分で、当然ながらそれ まで全くでなかった監......続きを読む»

セ・リーグの地盤沈下の原因はジャイアンツのレベルダウン

 プロ野球セ・リーグは昨日ジャイアンツがベイスターズに敗れて タイガースがカープと引き分けたため、何とジャイアンツは勝率5割 での首位という異例の事態になった。  1位のジャイアンツから最下位のスワローズまでが実に2,5ゲーム 差というのだから‘混セ’と本来なら盛り上がるはずだろうが、勝率 5割のチームが首位では恥を晒すようなものでセ・リーグの地盤沈 下を象徴する事例だろう。  そろそろ連敗が止......続きを読む»

なでしこジャパンの本番は決勝トーナメントから

 6月7日に開幕したサッカー女子W杯も日本時間の昨日から決勝 トーナメントが始まりベスト8のうち5カ国が決まったのだが、 優勝候補のドイツやフランスに開催国のカナダは勝ち進んだものの ロンドン五輪のベスト8で日本と死闘を演じたブラジルがオースト ラリアから敗れるという波乱も起きている。  さて前回優勝の日本だが初戦のスイス戦で決勝点となったPKを 誘ったのと引き換えに骨折で離脱した安藤梢の穴が痛い......続きを読む»

貴ノ浪が もう少し遅く生まれていれば

 今日の新聞に元大関の貴ノ浪が急性心不全のため、43歳の若さで 急死したという記事が載っていた。  現役時代に若貴と同じ二子山部屋に所属し2度の優勝を飾るなど 名大関と呼ばれながら04年の夏場所を最後に引退し、音羽山親方と して解説などをしながら貴乃花部屋で後進の育成に当たっていたの だが06年には一時心配停止に陥るなど持病を抱えていたので個人的 には‘遂に’という感が拭えない。  貴ノ浪といえ......続きを読む»

今年の福岡県代表を予想すると

 今年の夏の高校野球福岡県予選の組み合わせが昨日決まった。  昨年はプロ入りした2人を擁する大型チームの九国大付だけで なくプロ注目投手がいた西日本短付や東福岡なども強く九国大付 はベスト8で西短、ベスト4で前年代表の自由ヶ丘と当たる厳しい ブロックを勝ち抜いての出場だった。  今年は春夏連続出場を目指す九産大九州を軸に昨夏の代表校の 九国大付や飯塚に東福岡、福工大城東あたりが有力と思われる。 ......続きを読む»

‘打順に関係なく1'stストライクをフルスイング’の姿勢こそ王道

 11年目を迎えた今年の交流戦はパ・リーグの61勝44敗3分という 圧勝で幕を閉じた。  パが大勝した要因についてプロOB達から‘DHがあるから’と いう相変わらずの短絡的な意見がある反面‘打力の違い’といった 意見もようやく出てきた。  私は以前からパが強いのは打者が‘打順に関係なくファーストスト ライクから鋭く振り切るので、投手達も全球息を抜けないのでタフに なっている‘と記していたのだが、......続きを読む»

またしてもクリーブランドに栄光は輝かず

 今年のNBAは今日がファイナルのG6で3勝2敗と王手をかけたゴー ルデンステート・ウォリアーズが地元のクリーブランド・キャバリ アーズに105-97で勝ち40年ぶりの優勝を飾った。  ステファン・カリーを中心にした‘スプラッシュブラザーズ’を 擁するウォリアーズに対し、キャバリアーズはマイアミ時代に優勝 経験のあるレブロン・ジェームズが中心ではあるがケガ人続出で開 幕スタメンがレブロンのみになっ......続きを読む»

‘これがサッカー’とは言うけれど

 3年後のロシアW杯を目指すアジア2次予選の初戦が埼玉スタジア ムで行われ、日本はシンガポール相手に20本以上のシュートを放ち ながらもGKマフブドの再三にわたる好セーブにも阻まれ‘まさか’ のスコアレスドローに終わった。  ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が就任以来とりあえず親善試合 では3連勝し、特に直前のイラク戦では圧勝していたので格下と思 えるシンガポール相手に‘負けは論外、引き分けも負けに......続きを読む»

岩佐亮佑残念

 日本時間の14日早朝にイギリスのブリストルで行われたIBFバン タム級暫定王座決定戦で世界2位の岩佐亮佑は、4位のリー・ハスキ ンスに6RTKOで敗れ敵地での世界タイトル奪取に失敗した。  試合は開始早々ハスキンスが攻勢に出たのに対し岩佐は距離感が 掴めずに2Rには右フックを受けてぐらつく。  4Rぐらいからペースを掴み始め左をヒットさせるのだが6Rに 左を直撃されてダウンし、何とか立ち上がっ......続きを読む»

今年のプロ野球交流戦はパの圧勝

 今シーズンのプロ野球交流戦が雨天中止の日程を残して今日で終 わったのだが、昨日の時点で既にパ・リーグが予想通り勝ち越しを 決めていたし最終日の今日はパの6チームが全勝して終わるなど パ・ リーグの方がセ・リーグよりもレベルが高いという事が証明された ようだ。  個人的には日本シリーズの場合はリーグの王者同士が短期決戦で 争うので勢いや運などの絡みもあってリーグレベルの比較はしづら いが、......続きを読む»

柔軟な思考回路こそが和田一浩を快挙に導く

 先日ドラゴンズの和田一浩がマリーンズ戦で45人目の2000本安打 を達成した。  42歳11ヶ月と史上最年長での達成という事もあって大いに話題に なっているのだが、個人的に注目したいのは独特の打撃フォームの変 換である。  ライオンズ時代に極端なオープンスタンスでバットを寝かせていた のが10年にスタンスを狭めてバットを立てる形に変更すると、11年 にはスタンスがスクエアになって今年はグリップ......続きを読む»

世界タイトルへの挑戦は手順を踏んで

 OPBF東洋太平洋Sバンタム級王者の和気慎吾が昨日後楽園ホールで 行われたIBF:Sバンタム級挑戦者決定戦で世界3位のマイク・タワッ チャイに12Rで判定勝ちし王者:カール・フランプトンへの挑戦が 決まった。  和気が終始押し気味に試合を進めて最終Rにはダウンを取っての 快勝となったわけで、過去2度あったチャンスを自らの都合でキャ ンセルしていた事から今度こそ正真正銘の世界挑戦チャンスを掴ん だ......続きを読む»

和製大砲育成には覚悟が必要

 スワローズの畠山和洋が今日日現在で18HRを放つなど長距離砲と してブレイクしている。  今シーズンはベイスターズの筒香嘉智も4番として固定され11HR、 41打点と打点部門でトップに立つなど、ようやくセ・リーグでも和製 大砲が育ってきた形だ。  スワローズも かつて池山隆寛や広沢克己ら和製大砲が育っていた のだが野村克也監督就任以降は外国人大砲に頼る形で、岩村明憲や 青木宣親ら巧打者は出ても......続きを読む»

なでしこジャパン、苦しみながらの勝ち点3スタート

 日本時間の6月7日から開幕した女子サッカーW杯カナダ大会で 今日行われたスイスとの初戦を日本は前半に宮間あやのPKで挙げた 1点を守りきり、とりあえず勝ち点3を獲得する幸先のいいスタート となった。    4年前のドイツ大会で日本は初優勝を飾っており今大会は‘連覇を 目指す大会’という事にはなっているものの、世界ランキングは4位で メンバーも4年前と代わり映えがせず今年のアルガルベ杯では11位 と......続きを読む»

‘輪島功一、奇跡の復活’のプロローグとなった初の日韓世界戦から40年

 今から40年前の昨日75年6月7日に北九州総合体育館で行われた WBA:Jミドル級タイトルマッチで、王者の輪島功一は1位の柳済斗 から7RにKO負けしてタイトルを失った。  前年6月にオスカー・ショットガン・アルバラードに敗れて7度目の 防衛に失敗した輪島だが、この年の1月に再戦で快勝しタイトルを 奪回して迎えた初防衛戦の相手が日本人キラーといわれた1位の東洋 ミドル級王者の柳だった。  実は......続きを読む»

FCバルセロナ2度目の三冠達成

 日本時間の今日早朝に行われたヨーロッパチャンピオンズリーグ 決勝はバルセロナがユベントスに3-1で勝って、4シーズンぶりの 優勝を飾ると共に国内リーグとスペイン国王杯の三冠を達成した。  試合前の予想ではバルセロナの攻撃力とユベントスの守備力の 戦いというものだったが開始4分でラキティッチのゴールでバルセ ロナが早々と先制し、後半に一旦は追いつかれたものの15分足ら ずでスアレスのゴールで勝ち越......続きを読む»

バファローズの不振は森脇監督だけの責任ではない!

 昨年ホークスと最後まで優勝争いを演じたバファローズの森脇浩司 監督が成績不振の責任を取って休養を表明して4日が経つ。  シーズンオフに大型補強をして優勝候補に挙げるプロ野球OB達も 多かったのだが開幕4連敗で勢いを付け損ね、5月までに54試合を 終えて19勝34敗1分と首位のファイターズから12ゲーム差の最下 位に沈み地力優勝が消滅している状況なので止むを得ないとは いえる。  ただし個人的に......続きを読む»

17-145、ブルームフォンテーンの惨劇から20年

 今から20年前の今日95年6月4日に南アフリカのブルームフォンテ ーンで行なわれたラグビーW杯の日本対ニュージーランド戦で日本 代表が17-145という大差で敗れるという‘ブルームフォンテーンの 惨劇’の国恥記念日である。  既にウェールズとアイルランド相手に完敗して予選プール敗退が 決まっていた日本が、世界最強といわれたニュージーランドにどこ まで通じるかと思われていた試合は開始直後から無人の......続きを読む»

野茂英雄のMLB初勝利から20年

 今から20年前の日本時間の今日95年6月3日はLAドジャースの 野茂英雄がNYメッツ相手にドジャー・スタジアムで8回0/3を投げ 2安打1失点6奪三振と好投し、最後はスイッチしたティム・ウォレ ルが締めて2-1で勝ちMLB初勝利を挙げた日である。  2回にボビー・ボニーヤのHRで先制されたがマイク・ピアッツァ の代役捕手・プリンスの2ベースで追い付くとブレッド・セイバーヘー ゲンとの投げ合いにな......続きを読む»

粟生隆寛-レイムンド・ベルトラン戦は無効試合に

 日本時間の5月2日にラスベガスで行われたWBOライト級タイトル マッチで粟生隆寛に2RでTKO勝ちしたレイムンド・ベルトランが、 ドーピング検査で筋肉増強剤の陽性反応が出たため粟生との試合は 無効試合という事になったようだ。  5月のベルトラン-粟生戦では試合前日に行われた計量でベルト ランが0,5ポンドオーバーで失格し、試合はノンタイトルとして行 われたものの粟生はベルトランのパワフルな攻撃の......続きを読む»

藤川球児とジョージ・フォアマン

 テキサスを自由契約となり、日本球界復帰が決定的になっていた 藤川球児が古巣のタイガースではなく四国ILの高知に入団するとい うニュースが今日載っていた。  基本的にMLBを自由契約になった選手はNPBの古巣に復帰すると いうパターンがあるので藤川の場合もタイガース復帰が既定路線 のように言われていたのだが、独立リーグの高知でプレーすると いうのは巷では意外なようだ。  しかし個人的には独立リー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1131
  • 累計のページビュー:15112061

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss