スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2014年09月

高校野球にドーム球場は そぐわない

 ここ数年 夏の酷暑を受けて‘夏の甲子園を空調の利いた京セラ ドーム あたりでやれば’という意見があるのだが、個人的にドーム 球場は高校 野球にそぐわないと思うのでは大いに違和感がある。  たしかに夏の暑い日差しを浴びながらのプレーは高校野球で最も 絵に なるし雨などでの中止によるスケジュールの遅れや、それに伴 うスケジュ ール消化のための雨中戦は選手にとっては過酷だろう。  しかし野球と......続きを読む»

アジア大会で中継されない競技が多過ぎる

 仁川アジア大会のボクシング競技でロンドン五輪の銅メダリスト・ 清水聡が、準々決勝で中国の王磊に2-1の判定勝ちしベスト4に進出 しメダルを確定させた。  今大会の男子ボクシングは6階級のエントリーのうち先述したライト 級の清水だけでなくフライ級の林田翔太もトルクメニスタンのジュマ エフに判定勝ちしベスト4に進出してメダルを確定させ、他にも今日 敗れたもののウエルター級の鈴木康弘と明日試合をする......続きを読む»

逸ノ城は小錦の道を行くか?それとも・・・・・

 大相撲秋場所は今日が千秋楽で横綱の白鵬が千代の富士と並ぶ 31回目の優勝を飾ったのだが、それ以上に今場所の話題をさらっ たのは新入幕力士・逸ノ城の活躍だろう。  なにせ7日目に勢に負けただけの快進撃で10日目と11日目に稀勢 の里と豪栄道の両大関に勝つと、13日目には横綱の鶴竜にも勝って この時点で横綱・白鵬と相星で並ぶという展開になり大いに盛り 上がった。  さすがに白鵬には完敗し優勝は逃し......続きを読む»

ドカベン香川を偲ぶ

今朝のニュースに高校時代ドカベンの愛称で親しまれ浪商時代 甲子園で豪快なHRを放っていた人気者の香川伸行が、亡くなっ たというニュースが出ていて驚いたものの‘やはり’という思いも どこかにあった。  というのも‘あの人は今’的な企画の番組で01年に急性腎臓症を 患い08年から人工透析を受けていたと聞いていただけでなく今年に 入って心筋梗塞出入院したという事もあったらしいので、あの体型 からすると厳......続きを読む»

デレク・ジーター、本拠地最後の試合を自らの活躍で飾る

 今シーズン限りでの引退を表明しているNYヤンキースのデレク・ ジーターが今日ヤンキーススタジアムで本拠地最終戦を戦い、自ら サヨナラタイムリーを放つなどの大活躍で有終の美を飾った。  残念ながらヤンキースはポストシーズン進出を逃しているので 今日が本拠地でジーターがプレーする最後の日。  先発の黒田博樹が1回に いきなり先頭打者HRを含む2者連続HRで 2点を先行されるものの、その裏にノーアウ......続きを読む»

辰吉丈一郎の次男・寿以輝のプロデビューについて

 元WBCバンタム級王者・辰吉丈一郎の次男・寿以輝が父親が所属して いた大阪帝拳ジムから、11月にプロテストを受験するという記事が 載っていた。  次男の寿以輝は96年生まれで辰吉が97年11月にシリモンコンをKO して劇的な返り咲きを果たした時には1歳で、リング上に上げられて 泣いていた写真が懐かしいし時の経つのを実感させてくれる。  聞くところによると昨年1月から半年かけて20㌔もの減量をし......続きを読む»

あまりに酷い赤坂TVのアジア大会中継

 韓国の仁川で開催されているアジア大会を地上波で独占中継して いるのが赤坂TVだが、ここの中継スタイルが心あるスポーツファン からヒンシュクを買っている。  韓国とは時差がないのでリアルタイムで競技を見られるのだが問題 なのは最初から最後まで しっかり中継せずに途中でいろんな種目を ディレー中継でツギハギ状態になっており4日目でも柔道の途中に シンクロが入ったりフェンシングが入ったりするので落ち着......続きを読む»

男子バレー・ポーランド代表、40年ぶりの世界選手権優勝に思う

 ポーランドで開催されていた男子バレー世界選手権は日本時間の 今日早朝にファイナルが行われ、開催国のポーランドが大会3連覇 中だったブラジルに3-1で勝ち74メキシコ大会以来40年ぶりの優勝 を飾った。  ミュンヘン世代の私にすればポーランドといえばエースのボイト ビッチのバックアタックを武器に74世界選手権と76モントリオール 五輪で優勝し2冠を達成したチームというイメージだ。  72ミュンヘ......続きを読む»

村田諒太、拙い試合も経験の一つ

 9月5日行われたボクシングの世界戦は敗れた八重樫と防衛に 成功したWBC:Lフライ級王者の井上尚弥らの評判に比べ、もう 1試合TV中継があったロンドン五輪の金メダリスト:村田諒太の 試合だけは評判が悪く辛口意見が寄せられた。  確かに相手のルナは決して強豪でもないのに倒せなかっただけ でなく、5Rでスタミナが切れて6R以降は肩で息をしながらの 予想外の展開だったから風当たりも強いだろう。  村......続きを読む»

アジア大会は国の威信を賭けた大会ではない

 今年は夏季五輪の中間年にあたり冬季五輪やサッカーのW杯に バレーボールの世界選手権などと平行し、昨日から仁川での アジア大会が始まっている。  問題はアジア大会の時期で9月に行われるのはいいのだが8月に 水泳のパンパシフィック選手権がゴールドコーストで行なわれたり 8月にロシアで柔道、9月にウズベキスタンでレスリング、10月に 中国で体操の世界選手権が行なわれているので明らかな過密スケジ ュール......続きを読む»

大阪桐蔭が強い2つの理由

 今年の夏の甲子園で2年ぶりに優勝した大阪桐蔭のレギュラーに 福岡県出身者が3人いたのが地元では話題になっている。  それもキャプテンとエースといった主要ポジションが福岡県出身 となっているのは驚く事で‘このメンバーが例えば九国大付に行っ ていたら・・・’などと思ったりするが東大に入るのに灘やラサールなど に全国から集まるのと同様 才能のある者が甲子園で優勝できる学校 に進学するのは当然ではある。......続きを読む»

鬼塚勝也のラストファイトから20年

 今から20年前の今日94年9月18日はWBA:Jバンタム級 王者の鬼塚勝也が1位の李炯哲に9RTKOで敗れてタイトルを失い、 試合後に網膜剥離だった事を明かして引退を表明した日である。  鬼塚勝也は個人的に蒲田で働いていた時にデビュー戦から4試合 ばかり会場で観戦した縁で注目していた選手だったし、片岡鶴太郎 がセコンドに付いている事から目立ったいただけでなく実力も他の 選手とは段違いで‘世界を取......続きを読む»

74年夏の甲子園は銚子商が優勝する流れだった

 今から40年前の夏の甲子園は銚子商がエース・土屋正勝の好投と 4番・篠塚利夫の巧打などで悲願の初優勝を飾った。  以前も記したように私が最初に興味を持って見た大会なので強烈な 記憶を残した大会となったのだが、銚子商の戦績も初戦でPL学園に 5-1で勝つと3回戦で中京商を5-0、ベスト8では平安を6-0、ベ スト4でも前橋工に6-0で決勝が防府商に7-0と文字通り圧勝で の優勝だった。  PL戦......続きを読む»

メイウェザーが欧米で賞賛されるのは格闘技の価値観の違いから

 昨日5月に手こずったマルコス・マイダナ相手にラフファイト すら許さずに判定で完勝したフロイド・メイウェザーのスタイル に、日本では賞賛はされるものの今ひとつカタルシスがないと いう事で否定的に語るファンが かなりいる。  個人的にも昨日の試合はメイウェザーの学習能力の高さから マイダナに負ける姿は考えにくかったわけだし、勝つにしても グダグダの展開に持ち込んで大差の判定勝ちだろうと予想した。 ......続きを読む»

メイウェザー予定通りの大差判定勝ち

今日ラスベガスのMGMグランドガーデンで行われたフロイド・ メイウェザーとマルコス・マイダナのWBA&WBCウエルター級タイ トルマッチはメイウェザーが大差の判定勝ちを収めた。  両者は今年の5月に対戦しメイウェザーが勝ったもののマイダナ のラフファイトに巻き込まれて手こずった感が強かったので、メイ ウェザーにしてみるとプライドを賭けた再戦だったし正直言って どんな勝ち方をするかというの......続きを読む»

負けた姿もスター選手の重要な要素

 早いもので八重樫東とローマン・ゴンサレスが激闘を繰り広げて から1週間が経つ。  年間最高試合という声が出るほど素晴らしい試合を見せてくれた 両者に感謝の言葉も無いし、特に敗れたとはいえ最強の男の挑戦を 受けた八重樫の勇気には賞賛の声が絶えない。  一方でロマゴンの挑戦を金を払って回避したといわれる元2階級 制覇王者の評価は、先日日本のリングから追放された自称ボクサー 達と変わらないぐらい一気......続きを読む»

熱心なテニスファンもWOWOW加入すべき?

 今年の全米OPテニスでは男子シングルスで錦織圭がファイナルで 敗れて準優勝だったものの、世界ランク1位のジョコビッチやワウ リンカにラオニッチらの強豪に勝ってのファイナル進出ぼくだから大い に価値がある。  同時に全米OPテニスの独占放映権を持っていたWOWOWには加入希望 者が殺到していたという話もニュースで耳にした。  以前はテニスのグランドスラム大会は地上波で よく流されていた のだが、......続きを読む»

今の時期にアギーレ・ジャパンに何を期待するのか?

6月に行なわれたW杯サッカー南アフリカ大会でグループステージ 敗退した日本代表がハビエル・アギーレ監督を迎えて5日にウルグア イ、昨日はベネズエラと親善試合を行い1敗1分で最初のシリーズを 終えた。  新監督を迎え短い合宿を終えたばかりにも拘らずマスゴミは早くも ‘勝てないアギーレ監督’的な書き方をしているのだが、正直言って スアレスらは召集されなかったもののベストに近い布陣のウルグアイ ......続きを読む»

錦織 圭、準優勝は残念ではあるが・・・

 日本時間の今朝行われたテニスの全米OP男子シングルス・ファイ ナルで日本の錦織圭は、クロアチアのマリン・チリッチに3-0のス トレートで敗れ4大大会男子シングルス初優勝を逃した。  立ち上がりチリッチのサービスゲームをブレーク寸前まで行きなが ら落としたのに対し、ゲームカウント2-3からブレークを許して第1 セットを3-6で落とすと最後まで流れを引き戻せないまま2&3セット 目も3-6で......続きを読む»

さぁ錦織圭のグランドスラム初優勝なるか?

日本時間の深夜から今朝早朝にかけて行われたテニスの全米OPの Sファイナルで錦織圭が世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチに、 セットカウント3-1で勝ち日本人選手として4大大会のシングルスでは初の ファイナル進出を決めたのだった。  試合前は‘ひょっとしたら’とは思っていたが過去2試合はタイブレークを 2セットづつ戦うなど4時間ゲームを こなしている錦織に対し、ジョコビッチは Qファイ......続きを読む»

ボクシングの醍醐味を味あわせてくれた八重樫 東

 昨日 代々木第2体育館で行われたWBCフライ級タイトルマッチ で、王者の八重樫東が元2階級制覇王者ローマン・ゴンサレスとの 壮絶な打ち合いの末に9RTKO負けでタイトルを失った。  とはいえ試合が終わった直後から敗れた八重樫に対して場内から 万雷の拍手が送られたし、ネットのコメント欄でも八重樫の頑張り に対する賞賛の声が殆どで批判するような声は皆無といっていい ぐらいだった。  これを見てボク......続きを読む»

やはり‘常識’に拘っていても強敵には勝てない

 先日終了した女子バレーのWグランプリで真鍋政義監督率いる 日本代表はハイブリッド6という戦術でブラジルには敗れたものの 2位に入った。  ハイブリッド6はバレーのセオリーに背を向けた日本独自の戦術 で‘セオリー通りに戦っても格上には勝てない’と真鍋監督が考案 したものだ。  松原孝臣氏のコラムによれば‘64東京で回転レシーブ、72ミュン ヘンで時間差攻撃、76モントリオールで ひかり攻撃といっ......続きを読む»

錦織 圭、全米OPベスト4の快挙

 ニューヨークで行なわれている全米OPテニスで日本のエース・ 錦織圭は日本時間の今朝Qファイナルで、今年のスイスのスタン・ ワウリンカにフルセットの末に勝って1918年の熊谷一弥以来の全米 ベスト4進出を決めるという快挙を演じた。  一昨日のベスト16でミロシュ・ラオニッチに4時間を越えるフル セットの末に勝ったのに続き、今日も4時間以上の死闘だったのだ から凄い事だ。  ワウリンカは今年の全豪......続きを読む»

もう少しボクシング中継の時間は どうにかならないか!

 WBCフライ級王者:八重樫東が2階級を制した強敵:ローマン・ ゴンサレスとの防衛戦が明後日に迫り、今日は調印式が行わ れた。  当日は6戦目でWBC:Lフライ級王者になった井上尚弥の初防衛 戦と、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太がプロ入り5戦目を 戦うなどボクシングファン垂涎の興行になるので今からワクワク している。  試合はフジTV系でOAされるのだが1つだけ問題なのがOA時間で 当日は新......続きを読む»

高校軟式野球・中京の優勝は凄いけれど

 日曜日まで明石で行われていた全国軟式高校野球選手権大会で、 岐阜代表の中京が2年ぶりの優勝を飾った。  とはいえ この大会は中京の優勝というよりもベスト4で崇徳との サスペンデッドとなった延長50回の死闘の方が、普段 軟式野球に 興味のない層に対して話題になりワイドショーでも取り上げられる までになったのだ。  硬式の高校野球の場合は延長15回で引き分け再試合となるのだが 軟式野球の場合はサス......続きを読む»

香川真司のドルトムント復帰に ついて

 マンチェスター・ユナイテッドの香川真司がボルシア・ドルトム ントへの移籍が決まったという報道がマスコミを賑わしている。  香川真司にとってボルシア・ドルトムントは10年7月にC大阪から ヨーロッパに移籍した最初のチームで、2年間在籍しているので 古巣に復帰という事になる。    ドルトムントでの2年間はチームの2年連続優勝に貢献し大活躍 していたのだが、その実績を引っさげて12~13シーズンはマ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15117410

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss