スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2014年07月

大関に昇進した豪栄道に望む事

 大相撲の関脇を14場所連続で務めていた豪栄道が今日 大関に昇進 した。  春場所で12勝を挙げたものの夏場所では8勝止まりだった事から 厳しいかなと思われていたが、先の名古屋場所では優勝争いに加わっ ての12勝で3場所合計が32勝となり満場一致で大関昇進が決まった という。  豪栄道は対日本人の大関・稀勢の里や琴奨菊には相性がいいものの、 モンゴル人横綱の白鵬や日馬富士に鶴竜などには相性が悪い......続きを読む»

ようやく福岡県から大型チームが出場

 今年の夏の甲子園・福岡県大会は今日 北九州市民球場で決勝が 行われ、優勝候補だった九州国際大付が北筑に19安打を浴びせて 16-0で勝ち3年ぶり5度目の出場を決めた。  最近の福岡県代表は強豪と呼ばれたチームが夏は苦杯をなめる ケースが多く、甲子園でも優勝候補といわれるチームは九国大付 が選抜準優勝の看板を引っさげて出場した3年前以来だった。  ちなみに今年は若生監督が就任して10年目になるの......続きを読む»

横綱・白鵬、30回目の優勝決定では あるが

 今年の大相撲名古屋場所は横綱・白鵬が千秋楽に日馬富士に勝ち 30回目の優勝を飾った。  とはいえ9日目に琴奨菊が敗れて全勝でトップに立ちながら11日 目に豪栄道に敗れて一旦並んだ後、琴奨菊との1敗対決に勝ちトッ プに立ったものの13日目に稀勢の里に敗れ2敗で並ばれる中で千秋 楽に琴奨菊が豪栄道に敗れ白鵬が日馬富士に勝っての優勝決定と 意外に手こずった形だ。  10年に63連勝するなど無人の野を......続きを読む»

代表監督の決定を急ぐのは止むを得ない

 昨日サッカー日本代表の新監督に元メキシコ代表監督のハビエル・ アギーレ氏が就任する事が発表された。  02日韓大会や10南アフリカ大会でメキシコをベスト16に導いた実 績を持ち戦術の引き出しが多いという評判だから、1つの戦術に拘泥 してしまった反省に基づく選考だろう。  ただセルジオ越後氏を含めたライター達が‘まずブラジルでの敗因 分析が先ではないか’など新代表監督を早めに決める事に対して批判......続きを読む»

済美の敗退は高校野球が進化した証明

 高校野球愛媛県大会の3回戦で豪腕投手と名高い安楽智大を擁する 済美が東温に1-4で敗れ2年連続の甲子園出場を逃した。  今年は既に昨春&昨夏の優勝校・浦和学院と前橋育英が敗退して いるので2年生で優勝投手となった小島&高橋の両投手の姿を甲子 園で見られなくなったのに続き、2年生で昨春準優勝投手となった 安楽までが甲子園の土を踏めなかった。  スター選手を目玉にしたいマスコミは残......続きを読む»

今こそ‘投げ過ぎ’のダメージから高校生を救うとき

 NYヤンキースの田中将大が右肘じん帯の部分断裂で離脱してから 2週間近くが経ち、これまで多方面から いろいろな原因分析が語られ ている。  マスコミは直接的な原因をスプリットの投げ過ぎという事にしたい のだろうが、野茂英雄もストレートとフォークを武器にしていたので むしろ甲子園の優勝投手が故障するというスパイラルに嵌った形では ないか。  高校野球に金属バットが導入されて今年で40年目を迎える......続きを読む»

サッカーW杯と高校野球の相似点

 早いものでブラジルW杯のファイナルから1週間が経ち優勝した ドイツのラーム主将が代表引退を表明するなど、4年後の新体制 への切り替えが始まっている。  サッカーの代表チームの世界では4年で1つのサイクルが回る のを実感する話だが、このパターンは4年と1年の違いはあるも のの高校野球と似ている感じだ。  ヨーロッパではW杯との中間年に行われるヨーロッパ選手権= EUROの予選がW杯翌年にありW杯......続きを読む»

沖縄尚学は‘夏の甲子園で2勝できない’というジンクスに挑む

 夏休みに入りいよいよ夏の甲子園の予選たけなわの中、沖縄では 早くも決勝戦が行われ沖縄尚学が糸満に1点を先行されたものの7回 に追いつくと8回に一挙4点を挙げて突き放し5-1で甲子園一番乗りと しただけでなく4季連続の甲子園を決めた。  とりあえず沖縄尚学は昨秋の九州大会で優勝しただけでなく秋の 明治神宮大会でも優勝し、優勝候補として甲子園に乗り込んでベス ト8入りすると春の九州大会でも優勝し優勝......続きを読む»

W杯の3位決定戦考

 ドイツが4度目の優勝を果たしたブラジルW杯で開催国のブラ ジルはSファイナルでドイツから1-7の惨敗を喫しただけでなく、 3位決定戦でもオランダから0-3で完敗するという屈辱を味わった。  開催国優勝を義務付けられたブラジルにとってSファイナルで 惨敗した後に臨む3位決定戦は、気持ちの切り替えが難しい試合 だったろう。    問題は3位の価値だが陸上や水泳などのタイムを含めた記録に アタックする......続きを読む»

オールスターの人気を取り戻すためには

 日本のプロ野球も今日と明日がオールスターゲームだが正直 今 一つ盛り上がらない。  その理由として2試合行なわれるという事情プラス和製大砲の 不在があるのではないだろうか。  昨日2軍選手中心で行なわれるフレッシュオールスターを見て いて思ったのはプレーする選手達がアピールしようとして張り 切っている姿だった。  フレッシュオールスターは1試合のみだから出場する機会も 限られているわけで、1......続きを読む»

エースを連投させずに敗れる事に ついて

 夏の甲子園を目指す福岡県予選は今日でベスト16が出揃ったの だが、残念ながら私の地元で上位進出を期待された田川が3回戦 で姿を消した。  今年の田川は春の九州大会予選でベスト8に進出して西日本短付 相手に延長14回で0-1とサヨナラ負けしたもののエース・秋山が延長 13回まで無失点に抑えるなど評判もよく、当然ながらシードされて いたので上手くいけばベスト8もと思われたのだ。  今年の福岡は雨が......続きを読む»

高校野球のタイブレークに ついて

 14日付けのスポーツ紙に甲子園でもタイブレーク導入か?という 記事が載っていて各校監督のアンケートの結果、賛成が多ければ来年 の選抜から導入するという方針のようだ。  ただし かつて甲子園で活躍した選手達や監督達に記者らも反対の 意向を示しており、本当に導入されるかどうかは不透明である。  個人的には以前 記したように条件付きで賛成ではあるが、延長戦 そのものをなくすというのには反対だ。  ......続きを読む»

ドイツのW杯優勝はサッカーの進化という時計の針を逆行させなかった

 日本時間の早朝リオデジャネイロのマラカナンスタジアムで行わ れたブラジルW杯ファイナルは、ドイツが延長戦の末アルゼンチンに 1-0で勝ち24年ぶり4度目の優勝を飾った。  試合前から1日休みが多くSファイナルで大勝したドイツに対して PK戦の末に勝ち残ったアルゼンチンを比べればドイツ有利の予想が 多かったし、過去2度のファイナルでの対戦ではファーストユニを 着用した方が勝っており今回はドイツが9......続きを読む»

ブラジルは今大会の惨敗から どう立て直すか?

 日本時間の今朝ブラジリアで行われたブラジルW杯の3位決定戦 では、オランダが開催国のブラジルに3-0で勝つという意外な結果に なった。  というのもオランダのルイス・ファンハール監督をはじめ主力選手 達は3位決定戦に否定的で、16年前のフランス大会でもクロアチア から敗れているに3位決定戦ではモチベーションは沸かないだろうと 思っていた。 一方至上命題の開催国優勝を目指していたブラジルにとって......続きを読む»

守備的サッカーは悪なのか?

 早いものでブラジルW杯もファイナルを残すのみとなったのだが、 思えば1ヶ月前は史上最強といわれていた日本代表が どこまで勝ち 進めるのかと楽しみにしていた事から完全に夢から現実に引き戻さ れた感が強い。  さて1分2敗でグループステージ敗退となった日本代表に対し、 メディアがいろいろと敗因分析をしているのだが腑に落ちないの は守備的なスタイルや決まり事の多いスタイルを‘悪’だという 論調だ。 ......続きを読む»

ブラジルW杯ファイナルはドイツvsアルゼンチン

 日本時間の今朝サンパウロで行われたブラジルW杯Sファイナル の2試合目はアルゼンチンがオランダ相手に引き分け、PK戦の末に ファイナル進出を決めた。  試合は前半アルゼンチン、後半はオランダが攻勢に出たものの共に 両チームの固いディフェンスに阻まれて得点できず。  延長でも両チーム無得点でPK戦となりオランダが1人目と3人目 のスナイデルが外したのに対し、アルゼンチンは4人全員が決めての ファ......続きを読む»

ブラジルまさかの大敗

 日本時間の今朝行われたブラジルW杯のSファイナルで開催国の ブラジルがドイツから1-7と惨敗して敗退した。  エースのネイマールとキャプテンのチアゴ・シウバ不在とはいえ 開催国のアドバンテージを持つブラジルに対し、ドイツは過去2大会 連続ベスト4で敗退しており体調不良者も続出といわれているだけに 実力的には上ながら互角の勝負だと考えていた。  開始10分でCKからドイツが先制した時には‘ここか......続きを読む»

ラグビー的視点からサッカーを見ると:後編

 以前ジーコジャパンの時に‘個人の自由な判断’を旗印に 掲げていたのだが、これは99W杯の平尾ジャパンが同じコンセプ トを掲げて臨んだのを思い出した。  平尾誠二は‘約束事に縛られず個人の自由な判断’を旗印に伏見工、 同志社、神戸製鋼と全てのカテゴリーでの優勝経験があったので自信 満々だったのだが、W杯では3戦全敗だっただけでなく3試合で2 トライしか取れず2試合がノートライという惨敗を喫していた......続きを読む»

ブラジルW杯ベスト4揃う

 ブラジルW杯は日本時間の今朝オランダがPK戦の末コスタリカを 破って2大会連続のベスト4進出を決めた。  これで開催国のブラジルにドイツ、アルゼンチンにオランダに よるベスト4の戦いが日本時間の9日早朝から2日間に分けて行われ、 W杯も3位決定戦を含めると残り4試合となる。  今大会は攻撃的な見応えがある試合が多く大いに楽しめたのだが ベスト8ともなると1点の重みが これまでとは違い、2点を取......続きを読む»

ラグビー的視点からサッカーを見ると:前編

 サッカーW杯をラグビー的視線で見ているとザックジャパンの スタイルは、93~94シーズンに同志社大学がやった自陣ゴール 前からでもキックをせずにボールをキープし ひたすら攻め まくるイケイケスタイルに似ていた。  これはFWやBKに頑強な選手が揃っていた反面ディフェンスが致命 的に弱かったためボールを保持=攻撃という概念でキックをせず、ひた すらボールをキープしてポゼッション?を上げ時間をかけて......続きを読む»

トレーニングの常識は変わる

 今年 中学に入学した長男の体育の実技本を見ていたら現役のアス リート達が、それぞれの種目で写真付きで出ていただけでなくケガを する運動としてうさぎ跳びが載っていた。  うさぎ跳びといえば我々が子供の頃に見ていたスポ根作品では足腰 を足腰を鍛えるのに必須のトレーニング法だった。  ただし我々が高校生の頃ぐらいから既に‘うさぎ跳びは膝を痛める のでやらない方がいい‘と言われ始めていたものの、うさぎ......続きを読む»

意外に時期代表監督招聘に必要な要素

 史上最強といわれたザック・ジャパンはブラジルW杯で1分2敗 の成績に終わりグループステージ敗退となった。  巷でも言われているが この成績は8年前のジーコ・ジャパンの 時と同じで、当時も史上最強と言われてきたが期待を裏切る結果に 終わっている。  ジーコやザッケローニ監督時代は共にメディアの評判もよく期待 されていたにも拘らず結果が出なかったのに対し、常に批判の目に 晒されていた02日韓大会の......続きを読む»

ブラジルW杯ベスト8決まる

 ブラジルW杯は日本時間の今朝でベスト16による決勝トーナメント 8試合が終了しベスト8が出揃った。  ベスト8の地域別内訳は開催地の南米勢が3、ヨーロッパ勢4に北中 米1という図式でヨーロッパ大陸勢とアメリカ大陸勢が4づつと別れた 形になっているし、グループステージを1位で通過したチームで占めら れた事になる。  グループステージ2位通過チームのベスト8進出は大会の運営 方式が現行のシステムに......続きを読む»

弱い時のユニフォームを着ると・・・

 交流戦明けのホークスは所沢でライオンズとの3連戦を行ったの だが、29日の3戦目で勝ったものの27日と28日を連敗し負け越した。  実はこの3連戦ライオンズクラシックというイベントライオンズが 95年までビジターで着用していた上下ブルーのユニフォームなのに 対し、ホークスは89年に大阪から福岡に移った年から92年までの4年 間着用したダイエー最初のユニフォームで特徴は‘ガッチャマンヘル メット’......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:889
  • 累計のページビュー:15116573

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss