スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2014年06月

南部ジャパンWリーグの全敗は免れたが・・・

 男子バレーのワールドリーグ戦は昨日が最終節で日本はドイツに 3-2で勝って初勝利を挙げ、12戦全敗を何とか免れて予選リーグの 全日程を終えた。  とりあえず格上チーム相手だから現状の実力からすれば仕方ない のだろうが、京都観光をして深夜までサッカーのW杯を見て夜更 かししていたといわれるフランス相手に1セットも取れないという のだから話にならない。  これがゲーリー・サトウ体制ならば これまで......続きを読む»

今年の夏の甲子園福岡県代表を考える

 6月20日に今年の全国高校野球選手権大会の福岡県予選組み合わ せが決まった。  今年の福岡は秋の王者・九州国際大付に春の王者・東福岡や好 投手・小野を擁しNHK旗で優勝した西日本短大付あたりが有力視 されている。  ただ福岡県は強豪校が分散しているので他の公式戦の優勝校が 夏の予選一本に絞ったノーシードのチームから敗れるケースが 多く、前記した九国大付や東福岡に西日本短付なども安泰という わけ......続きを読む»

ブラジルW杯ベスト4の展望は

ブラジルW杯は日本時間の今朝グループステージの全試合を終え、 ベスト16が決まった。  今大会はアメリカ大陸勢が8カ国と半分を占めたのに対しヨーロッ パ勢が6カ国、アフリカ勢が2カ国でアジア勢は1勝もできずに全滅 するなどアメリカ大陸優位の傾向になっている。  前回W杯を制覇しヨーロッパ選手権を連覇した世界ランク1位の スペインやポルトガルなどショートパスで相手を崩していくスタイル の国が苦杯を......続きを読む»

戦い方の幅を狭めてしまったザック・ジャパン

アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表はブラジルW杯の グループステージで1分2敗のグループ最下位に終わり敗退した。  ザック・ジャパンの特徴は自分達で主導権を握って戦う攻撃的な スタ イルで監督や中心選手の方向も一致していたし、マスコミも それを好 意的に報道していた。  ただし自分達で主導権を握るスタイルを志向していた代償として 前がかりになるので失点しやすく、パスで崩すスタイル......続きを読む»

ザック・ジャパン終戦!

 日本時間の今朝行われたブラジルW杯グループステージ最終戦で 日本はコロンビアに前半終了間際に追い付いたものの、後半3失点し 1-4で敗れ1分2敗のグループ最下位での敗退が決まった。  この試合に勝ってギリシャがコートジボアールに勝つか引き分け れば勝ち抜ける状況だったので、メンバーを入れ替えて連携が整わ ないたコロンビアならば勝つしかない状態で開き直った日本の攻撃 サッカーが通用するのではという......続きを読む»

待望の八重樫東vsローマン・ゴンサレス戦が決定!

 昨日ネットで9月5日にWBCフライ級王者の八重樫東が1位で元 2階級制覇王者のローマン・ゴンサレスと4度目の防衛戦を行う 事を知った。  挑戦者のゴンサレスは08年9月に新井田豊にKO勝ちしてWBA ミニマム級タイトルを奪取し、その後も連勝を重ねWBA:Lフライ 級タイトルを獲得していたものの あまりの強さに挑戦者が現れず返 上してフライ級に上げ3階級制覇を狙っていた。  特に話題を集めたのは......続きを読む»

今夜からブラジルW杯グループステージ最終節

 ブラジルW杯のグループステージは日本時間の今朝で第2節が 終了し、今夜からいよいよ各国の命運を分ける最終節が始まる。  とりあえず2節を終えてグループステージ突破を決めたのは オランダ&チリのグループBとコロンビアにコスタリカ、アルゼ ンチンとベルギーの6チームで まだ10チームが決まってない。  意外なのは開催国のブラジルが2試合目でメキシコと引き分 けたため突破が決まってない事や、......続きを読む»

亀海喜寛、敗れたものの大健闘

 日本時間の今日ロサンゼルスで行われた東洋太平洋ウエルター級 王者・亀海喜寛と元4階級制覇王者のロバート・ゲレーロとの12回 戦はゲレーロが117-111が2人と116-112の3-0判定で勝ち、 昨年5月にフロイド・メイウェザーJrと対戦し敗れて以来の復帰戦を 飾った。  24勝(21KO)1敗1分のキャリアを持つ東洋太平洋王者の亀海だが ボクシングの本場・アメリカでは無名の存在だけに、ゲレーロ......続きを読む»

ラグビーではあるが日本、イタリアに初勝利!

 今日 秩父宮ラグビー場で行われたラグビーの国際親善試合で、 日本代表はイタリアに26-23で勝ち対イタリア戦通算6度目にして 初勝利を挙げた。  イタリア代表は今月に入りフィジー&サモア遠征でも連敗して いるしキックオフ時間帯の気象コンディションは34℃で湿度は 40%と気候的なアドバンテージはあるものの、北半球6カ国対抗 ラグビーのメンバーだし何よりJカーワンHC時代にも勝てない 相手......続きを読む»

日本代表とりあえず首の皮一枚残っているが・・・

 日本時間の今朝行われたブラジルW杯のギリシャ戦で日本は0-0で 引き分けてしまいコロンビアとの最終戦に全てを賭ける事になった。  コートジボアールとの初戦を1-2で逆転負けした日本に対しギリ シャはコロンビアに0-3と完敗しているので両国とも負ければ敗退 となるのに対し、引き分けた場合に最終戦で厳しい相手となるのは コロンビアと対戦する日本だったという事。  だからこそ勝たなければいけないだけ......続きを読む»

日本のボクシング界にも良心はあった

 サッカーブラジルW杯で日本がコートジボアールとの初戦を逆転 負けした翌日の6月16日に行われた東日本ボクシング協会の理事会 で、元協栄ジムの大竹重幸氏を会長にした亀田ジム復帰を却下すると いうニュースが載っていた。  大竹氏が‘帝拳ジムの本田会長からの要請ならば仕方ない’的な コメントをしていたし、WBA:Sフライ級王者の河野公平が亀田興 毅との指名試合を義務付けられているので挙行したいワタナベ......続きを読む»

ブラジルW杯グループステージ初戦を終えて

 日本時間の6月13日未明に開幕したサッカーW杯のグループ ステージの1stラウンドが今日のロシア-韓国戦で終わったの だが、とりあえず気が付くのは点がよく入っている事だろう。  金子達仁氏も記していたのだが今大会はここまで16試合中6試合が 逆転劇だし完封試合は5試合で、引き分けに至っては2試合のみと いう少なさだから驚く。  またオランダがスペインに5-1で、ドイツがポルトガルに4-0で 勝......続きを読む»

日本ーコートジボアール戦、観戦記

 遅ればせながら日本-コートジボアール戦について。  ご存知のように日本時間の6月15日に行われた日本ーコートジボ アール戦で日本は16分に本田圭佑のゴールで先制したものの、62分 にドログバが投入されてから流れが変わり64分と66分と立て続けに ゴールを決められ1-2で逆転負けを喫した。  東京ドームのパブリックビューイングで観戦していて感じたのは コートジボアールがボールを持つと滅法強いもの......続きを読む»

外国人監督には厳しく、日本人監督には優しいバレー協会

 日本中がサッカーW杯で盛り上がっている中で明日から男子 バレーのWリーグの日本ラウンドが始まる。  今年はドイツ、フランス、アルゼンチンと組んでいるものの これまで敵地での6試合は全敗となっており、奪ったセットも ドイツ戦の2セットとアルゼンチン戦の1セットという惨状だ。  にも拘わらず南部正司監督は「若手は成長し、中堅は経験を 積んでいるので一歩ずつだが進化している」と語り、ホームで 試合が......続きを読む»

ダルビッシュ&田中将大、日本人投手同日勝利に思う

 日本時間の今日アーリントンでのマイアミ戦に先発したダルビッ シュ有が6-0でMLB移籍以来初の完封勝ちを収め、田中将大もシア トル戦で4-2と完投勝ちし早くも10勝に到達するなど日本人投手が 活躍した日となった。  テキサスの対戦相手のマイアミは昨シーズンから交流戦13連勝 中だったのに対し、テキサスは現在4連敗中で迎えたダルビッシュ の登板だったがマイアミ打線を6安打3四球10奪三振の好投での......続きを読む»

球界再編問題でファンを裏切った評論家達

 10年前の04年6月13日にネットを閲覧していたらトップニュ ースに‘近鉄とオリックスが合併’という記事が載っていた。 どうやら近鉄が経営不振のためにオリックスとの合併をもちかけ たというものだが‘経営不振で球団を手放すなら新しい企業に身売 りすればいいだけの話で それが常識的なのに’と考えていたので、 その裏にきな臭いものが匂っていたというのがニュースを見た時の 感想だった。  球団を合併な......続きを読む»

名ボクサー、ハリケーン・テルを偲ぶ

私の友人・あるさんのブログに元日本バンタム級王者:ハリケーン ・テルこと照喜納俊三氏が1月17日に自宅で死去していたらしい。  70年にプロデビューしたものの27戦して21勝4敗2分から腰痛が 原因で一旦引退し所属ジムでトレーナーをしていたものの、ケガが 癒えた事からカムバックし快進撃が始まる。  後に世界挑戦した村田英次郎や磯上修一に判定負けしたが8勝 (4KO)1分2敗の成績で当時のホープ阿......続きを読む»

白鵬の会見拒否には理由があったのだが・・・

 先日のスポーツ紙に横綱の白鵬が先場所の千秋楽翌日に行われる 優勝力士の一夜明け会見を行わなかった理由が、夫人の流産に関す る質問を避けるためだった事が判明した。  5月23日に流産していたにも拘わらず25日には夫人の妊娠が報じら れていたので、一夜明け会見になると その質問が出るからという事 らしい。  白鵬の一夜明け会見拒否に ついては‘場内でアンチ白鵬的な声援が 多かったからではないか’と......続きを読む»

問題ある3連勝だが、賽は投げられた

 日本時間の今朝タンパで行われたサッカーの親善試合で日本はザ ンビアと戦い2点を先行されながら逆転し終了間際に追いつかれた ものの、直後に大久保が決めて4-3で勝ち3日のコスタリカ戦に 続いての連勝で いよいよブラジルに乗り込む事になる。  コスタリカ戦も前半に先制されての逆転勝ちだったので反発力が ある事を証明できたのはいいが、本番で今日のように2点を先行さ れるような事があれば負けは確実だから......続きを読む»

地上波TVの視聴率だけが、人気のバロメーターではない!

 最近 不思議に思うのがスポーツ競技の人気の判断基準が地上波TV の視聴率にある事。  地上波TVの視聴率がいい事と人気競技で反対に視聴率が悪い事と 人気が低迷しているという判断になっているわけだが、個人的には この判断基準は時代にそぐわないケースが多く鵜呑みにできないし むしろ競技の本質を損なうリスクの方が大きいと思うのだ。  昭和の時代は衛星放送などの有料メディアはなく地上波TVの視聴 ......続きを読む»

伊原春樹監督が辞任した最大の原因は

 昨夜のニュースでライオンズの伊原春樹監督が、事実上の辞任を 発表した事を知った。  伊原監督は昨年辞任した渡辺久信監督の後を受け03年以来の監督 復帰で選手に対して厳しく接するスタイルを指示する声が強かったが、 個人的には選手の自主性を重んじていた渡辺久信とは正反対の価値 観の持ち主だけにチームにとっては劇薬でギャンブルに近いと思っ ていた。 つまり ここ一番で勝てないという勝負弱さを克服でき......続きを読む»

松山英樹のUSPGAツアー初優勝に思う

 日本時間の昨日早朝に行われたUSPGAツアーのメモリアルトーナ メント最終日で日本の松山英樹がケビン・ナとのプレーオフを制し アメリカツアー通算26戦目で初優勝を飾った。  3日目を終えて3位スタートとなった最終日を69で回り通算-13 とし、プレーオフに持ち込んでの優勝だから凄い。  青木功や丸山茂樹に今田竜二らに続く日本男子選手の海外ツアー 優勝を22歳でやったのだから凄いし日本の男子ゴル......続きを読む»

パワー野球の元祖だった原 貢氏

 5月31日にネットを覗くとジャイアンツの原辰徳監督の父・原貢 氏が29日に亡くなっていたという記事が載っていた。  原貢氏といえば東海大相模の監督時代に原辰徳と親子鷹で活躍 していたというのが一番大きなイメージだが、氏のインタビュー などを聞いていたら今では常識的な事を昭和40年代から既に実践 していた事に驚く。  00年に九州の某校のエースが夏の甲子園で試合中に脱水症状で ダウンした時に‘水......続きを読む»

ノニト・ドネアは5階級制覇に成功したものの

** 日本時間の昨夜マカオで行われたWBAフェザー級スーパータイトル マッチでスーパー王者のシンピウェ・ベチェカに挑戦した元4階級 制覇王者のノニト・ドネアは、4R負傷判定で勝ち5階級制覇に成功 した。  試合は1Rに偶然のバッティングでドネアが左眉をカットして王者 ペースで迎えたが、3Rぐらいからペースを掴んで4Rにダウンを奪い 5R開始早々にドクターストップがかかり負傷判定となったもの。  ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15116573

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss